DriveZ(ドライブゼット)とは?始め方や遊び方・稼ぎ方や初期費用まで徹底解説

今回は、今話題のDrive to Earnアプリ「DriveZ(ドライブゼット)」の始め方から稼ぎ方まで解説をしていきます。

退屈な通勤、通学時に稼ぐ!をコンセプトに立ち上げられたプロジェクトであり、車を運転することで仮想通貨を稼げるアプリです。

車通勤以外にも、電車、自転車にも対応しています。

本記事の内容
  • DriveZ(ドライブゼット)の特徴
  • DriveZ(ドライブゼット)の始め方・稼ぎ方
  • DriveZ(ドライブゼット)の将来性について

毎日通勤・通学で車、電車、自転車を利用している社会人や学生の方にオススメです。

現在α版テスト中で、誰でも無料で始めることが出来ます。

 

Move to Earnアプリはこれから本格的な夏に向けて歩き続けるのは正直キツくないですか?

Drive to Earnアプリは移動中にも快適に稼げる画期的なアプリとなっているので、本記事を読み進めれば、DriveZ(ドライブゼット)の始め方から稼ぎ方まで、初心者の方でも理解できるように分かりやすく解説していきます。

DriveZ(ドライブゼット)とは

アプリ名

DriveZ(ドライブゼット)
トークン DRIVトークン・INCOトークン
ブロックチェーン 2022年2月25日
対応機種 BSC
言語 英語
公式サイト DriveZ公式サイト

DriveZ(ドライブゼット)とはNFTを使用して車、電車、自転車の移動距離、NFTのステータスによって仮想通貨「DRIVトークン・INCOトークン」を稼げる仕組みとなっています。

 

下記の動画をご覧いただけると概要が掴めると思います。

DRIVEZ – INTRODUCTION

7月31日までα版テスト中で、アプリをダウンロードすると、無料でNFTの車が2台貰えます。無料でNFT配布されるのはα版テスト中だけかも知れないので、気になる方はお早めにどうぞ!

対応機種はスマホのiPhone・Androidと共に対応しているので、気になる方は下記のリンクからご自身のデバイスにあったスマホでダウンロードしてプレイしましょう。

iSOバージョン
Androidバージョン

DriveZ(ドライブゼット)の特徴

DriveZ(ドライブゼット)の特徴は以下の通りです。

  •  無料で始められる
  • 車以外にも電車や自転車でも稼げる
  • 2種類の独自トークンを採用している

順番に解説していきます。

無料で始められる

DriveZ(ドライブゼット)はアプリをダウンロードするだけで無料プレイできるDrive to Earnアプリです。

NFTゲームでは初期費用が数十万円必要で参入障壁が高いプロジェクトもあり、その中で無料でプレイできるのはユーザーにとって大きなメリットと言えるでしょう。

しかも、アプリをダウンロード後NFTを2つ所持した状態でプレイ可能なので、NFTを購入する必要もありません。

DriveZ(ドライブゼット)でいくら稼げるかは不明ですがNFTゲームはユーザ数が大事になってきます。無料でプレイできるという観点では参入障壁がとても低いプロジェクトになっていて話題性によってはユーザー数が増加する可能性を秘めていると思います。

車以外にも電車や自転車でも稼げる

 DriveZ(ドライブゼット)は車以外でも稼ぐことが可能です。

電車・自転車通勤の方も DriveZ(ドライブゼット)をプレイして稼ぐことが出来ます。

社会人・学生の方の移動手段は車、電車を利用する方が多く見られるので、その移動時間を仮想通貨に換金してみてはいかがでしょうか?

2種類の独自トークンを採用している

 DriveZ(ドライブゼット)はDRIVトークン・INCOトークンの2種類を採用しています。

DRIVはユーティリティトークンとして採用されており、主にレベルUP、NFT取引、ステーキング、ガバナンス投票に使われています。

INCO=ゲーム内トークンとして採用されており、ガス代、車の修理、NFTの取引にも使われます。

DriveZ(ドライブゼット)の始め方

DriveZ(ドライブゼット)の始め方について解説していきます。

DriveZ(ドライブゼット)の手順は以下の通りです。

この記事では以下のことが分かります。
  1. コインチェックの口座開設
  2. コインチェックでETH(イーサリアム)を購入する
  3. Bybit(バイビット)で口座開設
  4. Bybit(バイビット)にETHを送金
  5. Bybit(バイビット)でBNBを購入する
  6. Metamask(メタマスク)をインストール
  7. Metamask(メタマスク)にBNBを送金
  8. DriveZ(ドライブゼット)のアプリをダウンロード

順番に解説していきます。

①コインチェックの口座開設

DriveZ(ドライブゼット)で稼いだDRIVトークン、INCOトークンを日本円に換金するには国内暗号資産取引所の口座開設が必要になります。
DriveZ(ドライブゼット)を始める準備として国内暗号資産取引所の口座開設をしましょう。

オススメは「コインチェック」です。

コインチェックは国内最大手取引所で取り扱い通貨も豊富なので、初心者の方も使いやすいです。

詳しい口座開設手順は下記のリンクからご覧下さい。

②コインチェックでETH(イーサリアム)を購入する

コインチェックで口座開設が完了できたら、ETH(イーサリアム)を購入しましょう。
ETH(イーサリアム)を購入する手順は以下の通り。

  1. コインチェックに日本円を入金する。
  2. 販売所でETH(イーサリアム)を購入する。

順番に解説していきます。

コインチェックで日本円を入金する方法は3種類あります。

  1. 銀行振込
  2. コンビニ入金
  3. クイック入金

入金手数料がかからない銀行振込(GMOあおぞらネット銀行、住信SBIネット銀行)がオススメです。具体的な日本円の入金方法は下記のリンクで詳しく解説しています。

コインチェックに日本円を入金する方法

 

日本円の入金が完了したら、販売所でETH(イーサリアム)を購入しましょう。

③Bybit(バイビット)で口座開設

次にBybit(バイビット)で口座開設しましょう。

国内取引所では扱っていないBNBを購入する必要があるので、海外取引所の「Bybit」で口座開設しましょう。

Bybit(バイビット)はサポートが充実していて、日本語にも対応しているので初心者の方でも安心の取引所となっています。

下記のリンクで詳しいBybit(バイビット)の口座開設手順を解説していますのであわせてご覧下さい。

Bybit(バイビット)の口座開設手順

④Bybit(バイビット)にETHを送金

 Bybit(バイビット)に口座開設完了できたら、コインチェックで購入したETHをBybit(バイビット)に送金しましょう。

送金手順は以下の通り。

  1. Bybit(バイビット)にアクセスしてETH(イーサリアム)のウォレットアドレスをコピー
  2. コインチェックにアクセスしてETH(イーサリアム)の送金をタップ
  3. Bybit(バイビット)のウォレットアドレスを入力

画像を使って解説していきます。

まずはBybit(バイビット)にアクセスしましょう。

画面右下の資産をタップして、入金ボタンをクリックしましょう。

次にETH(イーサリアム)を選択しましょう。

通貨がETH、ネットワークがArbitrum Oneを確認して、ETH(イーサリアム)のウォレットアドレスをコピーしましょう。

次に、コインチェックにアクセスしてETH(イーサリアム)を送金をクリックしましょう。

宛先を追加をクリックしましょう。

新規追加をクリックしましょう。

ラベルと宛先を入力し、SMS認証コードを入力して画面下の追加をクリックしましょう。

通貨をETH(イーサリアム)を選択して、Bybit(バイビット)のウォレットアドレスを入力しましょう。

送金額を入力して完了です。

⑤Bybit(バイビット)でBNBを購入する

まずはBybit(バイビット)にアクセスしましょう。

画面下の取引をクリックしましょう。

BNBを入手するには、まずUSDTに交換する必要があります。

なので、ETH→USDTに交換していきます。

現物のETH/USDTをクリックしましょう。

初心者の方は成行注文でOKです。

交換するETHの数量を入力しましょう。 

入力完了したら、赤ボタンのETHを売りをクリックしましょう。

これでBNBに交換するためのUSDTを入手できました。

画面左上のマークをクリックしましょう。

検索窓にBNBを入力して現物のBNB/USDTをクリックしましょう。

こちらも成行注文でOKです。

注文価額にUSDTの数量を入力しましょう。

入力完了したら、緑ボタンのBNBを買いをクリックしましょう。

これでBNBを入手できました。

⑥MetaMask(メタマスク)をインストール

 次にMetamask(メタマスク)をインストールしましょう。

DriveZ(ドライブゼット)をプレイするには、仮想通貨ウォレットが必要になります。

下記のリンクでMetamask(メタマスク)のインストール手順を詳しく解説しています。

Metamask(メタマスク)インストール方法

⑦MetaMask(メタマスク)にBNBを送金

 作成したMetamask(メタマスク)にBNBを送金しましょう。

BNBの送金手順は以下の通りです。

  1. Metamask(メタマスク)にBSC(バイナンススマートチェーン)ネットワークを追加
  2. BNBを選択して送金をタップ

順番に解説していきます。

Metamask(メタマスク)にアクセス

まずはMetamask(メタマスク)にアクセスしましょう。

ネットワークをクリックして、ネットワークを追加をクリック。

BSC(バイナンススマートチェーン)の追加

BSC(バイナンススマートチェーン)を追加していきましょう。

入力完了できたら、画面下の保存ボタンをクリックしましょう。

  • ネットワーク名:Binance Smart Chain
  • 新しいRPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/
  • チェーンID:56
  • シンボル:BNB
  • ブロックエクスプローラーURL https://bscscan.com

それぞれコピペして入力して下さい。

Bybit(バイビット)にアクセス

次にBybit(バイビット)にアクセスしましょう。

画面右下の資産をクリックして、出金ボタンをクリックしましょう。

検索窓にBNBと入力して、BNBを選択しましょう。

出金額とMetamask(メタマスク)のウォレットアドレスを入力しましょう。

ネットワークが必ずBSC(バイナンススマートチェーン)になっていることを確認しましょう。

Metamask(メタマスク)にBNBを送金したら完了です。

⑧DriveZ(ドライブZ)のアプリをダウンロード

 最後にDriveZ(ドライブZ)のスマホアプリをダウンロードしましょう。

下記のリンクからご自身のデバイスにあったスマホでダウンロードして下さい。

iSOバージョン
Androidバージョン

DriveZ(ドライブZ)のアプリをダウンロードしてメールアドレス・パスワード・Referral Codeを入力すればDriveZ(ドライブZ)プレイ開始です!

DriveZ(ドライブゼット)の稼ぎ方・遊び方

①:DriveZで車を運転する

DriveZ(ドライブゼット)の基本は車を運転して稼ぐことです。

車の種類、レアリティ、ステータスによって稼げるトークンの量が変動します。

車にはパーツとブースターが設定されていて、この2つのレベルを上げることで車のステータスが上昇され、稼げるトークン量が増加します。

それぞれマーケットプレイスで販売されているのでご確認ください。

②:NFTの売買をする

マーケットプレイスでNFTを売買して稼ぐことが出来ます。

車のレア度、ステータスによって販売されるトークンの量が変動します。

ステータスを強化するアイテムの販売も行われるようです。

車の走行距離に応じて無料でアイテムを獲得できる場合があるのでアイテムを売買して稼ぐことも出来ます。

③:車をレンタルする

DriveZ(ドライブゼット)では12月に車のレンタル機能が実装予定されています。

レンタル機能とは、所有しているNFTを他ユーザーに貸し出して、代わりに運転してもらう機能です。スカラーシップとも言われています。

NFTゲームのAxie Infinity(アクシーインフィニティ)では発展途上国のフィリピンでスカラー制度を利用して貧しい方たちの生活を支えていたこともあり話題となりました。

NFTを貸し出す人は何もしなくても報酬が獲得できて、借り手はNFTを購入しなくても稼ぐことが可能なので両者にメリットがある制度となっています。

DriveZ(ドライブゼット)の将来性

DriveZ(ドライブゼット)の将来性について解説していきます。

多くの企業と提携している

2022.7.20時点で既に18以上の企業と提携しています。

Move to EarnアプリのSTEPNは15の企業と提携しています。

比べて優劣をつける訳ではありませんが、DriveZ(ドライブゼット)は多くの企業から協賛を集めています。 

多くの企業と提携していると信頼性が担保されて、他プロジェクトとコラボしやすくなりますし資金調達も可能なので、次々と新しい施策が発表されるかも知れません。

明確なロードマップが公開されている

DriveZ(ドライブゼット)は明確なロードマップが公開されています。

ロードマップは下記の通りです。

2022.7

  • IDO・DEXへの上場
  • 限定NFT販売
  • β版テスト
  • マーケットプレイス・ウォレット実装

2022.8

  • ステーキングイベント
  • チャレンジシステム

2022.9

  • 正式リリース
  • チャリティーイベント

2022.10

  • LAND(土地)発売
  • ガソリンスタンド・ガレージ実装

2022.11

  • community-Fi実装
  • マルチチェーン

2022.12

  • community-Fi実装イベント
  • レンタル機能
  • チャリティイベント
  • 分配イベント

2023以降

  • バイク・自転車機能
  • オンチェーンウォレット
  • 企業コラボ

既に様々な計画がされているようです。

今後の動向にも注目していきましょう。

まとめ

今回はDriveZ(ドライブゼット)について解説しました。

簡単にまとめると以下の通り。

  • DriveZ(ドライブゼット)は無料プレイ可能
  • 通勤、通学に車、電車、自転車に乗る人にオススメです。
  • ブロックチェーンはBSC(バイナンススマートチェーン)が採用されている
  • 対応機種はiPhone・Android
  • 対応言語は英語のみ
  • トークンはDRIVトークン・INCOトークンの2種類が独自トークンとして採用されている
  • レンタル機能実装予定
  • DriveZ(ドライブゼット)で稼ぐには国内暗号資産取引所の口座開設が必要

 

DriveZ(ドライブゼット)は現在α版テスト中のため稼ぐことが出来ませんが、NFTの所持や、車のステータス等が正式リリースのアプリに反映されるようなので、早期参入が重要になりそうですね。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳