WingStep(ウィングステップ)とは?始め方・稼ぎ方などを徹底解説

  • WingStepってはどんなゲームなの?
  • WingStepの始める手順や流れは?

このような疑問を解決します。

本記事の内容
  1. WingStep(ウィングステップ)の概要・特徴
  2. WingStep(ウィングステップ)の始め方
  3. WingStep(ウィングステップ)の稼ぎ方

近年流行りのMove to Earnアプリの中でも、WingStep(ウィングステップ)は多くの投資家から注目されているプロジェクトです。

しかし、WingStepについての情報はあまり出回っていないので、気になる方も多いでしょう。

今回は、そんなWingStepの特徴や始め方を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

WingStep(ウィングステップ)とは?

プラットフォーム

WingStep
運営会社 WSS・WST
公開日 BSC
公式サイト https://wingstep.io/
公式Twitter https://twitter.com/WingstepN

WingStep(ウィングステップ)は運動をすることで仮想通貨を稼げる韓国発のMove to Earnアプリです。

開発にはBSC(バイナンススマートチェーン)が採用されており、低コストかつ高速処理を実現しています。

また、2022年8月6日には大手取引所のMEXCとパートナーシップを結んだことが発表され、話題になりました。

公式Twitterのフォロワーは5万8,000人を超えているため、非常に注目度の高いプロジェクトだと言えます。

なお、執筆時点ではAndroid版のアプリがリリースされており、ios版は近日中にリリースされる予定です。

WingStep(ウィングステップ)の特徴

WingStepの特徴は以下の5つです。

  1. 2種類のトークンを発行している
  2. 5種類のスニーカーがある
  3. 後から始めても十分稼げる
  4. 5つのゲームモードがある
  5. さまざまな運動で稼げる

それぞれ解説していきます。

2種類のトークンを発行している

WingStepは、以下の2種類のトークンを発行しています。

  • WSS
  • WST

WSSはゲーム内の報酬として獲得できるトークンです。

発行枚数の制限はなく、スニーカーのレベルアップやアップグレードなどに使用できます。

一方、WSTはWingStepのガバナンストークンです。

総発行枚数は500,000,000枚となっており、分散型取引所(DEX)のPancakeSwapで取引できます。

5種類のスニーカーがある

WingStepには以下の5種類のスニーカーがあり、それぞれ歩ける距離や回復までの時間が異なります。

ランク

歩ける距離

クールダウン

Trial

500m

24時間

Special

500m

24時間

Unique

1,000m

22時間

Noble

2,000m

20時間

Universe

3,000m

18時間

ランクが高いほどスニーカーほど歩ける距離が長く、回復までの時間が短いです。

また、スニーカーには耐久値があり、500m歩くごとに10%ずつ減少していきます。

耐久値が0になると修理ボタンが表示されるので、必ず修理してから歩きましょう。

なお、STEPNのスニーカーとは違い、WingStepで保有しているスニーカーは販売ができません。

一度買ったらずっと保有し続ける「買い切り型」のスニーカーなので、その点だけ注意が必要です。

後から始めても十分稼げる

一般的なNFTゲームは先行者ほど有利な構造になっていますが、WingStepは後発組でも十分稼ぐチャンスがあります。

なぜなら、WingStepで稼げるWSSトークンは価格が付いておらず、交換レートが固定されているからです。

例えばSTEPNでは、歩いて得られるGSTが値下がりすれば、おのずと稼げなくなってしまいます。

しかし、WingStepのWSSトークンは市場の影響を受けないため、後から始めても稼げる可能性が高いです。

また、スニーカーの修理にはWSTトークンを使用しますが、修理費はスニーカーのランクによって固定されています。

そのため、WSTトークンの価格が下がるほど稼げる仕組みになっており、ほかのNFTゲームとは異なる報酬制度を楽しめます。

5つのゲームモードがある

WingStepには以下の5つのゲームモードがあります。

  1. パーソナルモード:1人で運動する基本的なトレーニングモード
  2. パーティーモード:複数名で運動する高度なトレーニングモード
  3. アリーナ:近日実装
  4. ミッション:タスクをクリアして報酬を獲得するモード
  5. ウィークリーパス:近日実装

基本的には、パーソナルモードで運動して稼ぐのがゲームの大まかな流れです。

また、ミッションモードでは写真撮影や宝箱の発見など、さまざまなタスクをこなすことで報酬を受け取れます。

アリーナとウィークリーパスに関しては執筆時点で実装されていませんが、近日中に公開される予定です。

さまざまな運動で稼げる

ほとんどのMove to Earnアプリは歩く以外の運動に対応していませんが、WingStepはさまざまな運動で稼げます。

2022年8月現在はジョギングやランニングのみですが、今後は以下のような運動にも対応していく予定です。

  1. サイクリング
  2. ジムや自宅での運動
  3. 水泳
  4. ゴルフ
  5. テニス

非常に多くの運動が用意されているため、WingStepは自分に合った方法で稼ぎたい人におすすめです。

WingStep(ウィングステップ)の始め方

WingStepの始め方は、以下の手順です。

  1. 国内取引所で仮想通貨を購入する
  2. Binanceに仮想通貨を送金する
  3. BinanceでBNBを購入する
  4. BNBをメタマスクに送金する
  5. メタマスクを接続してスニーカーを購入する

1つ1つの作業はとてもシンプルなので、順番に進めていきましょう。

国内取引所で仮想通貨を購入する

WingStepを始めるためには、Binance(バイナンス)などの海外取引所で購入できるBNBが必要です。

しかし、海外取引所は日本円の入金に対応していないので、まずは国内取引所で仮想通貨を購入します。

国内取引所のおすすめはCoincheck(コインチェック)です。

ピーツィプロフィール画像
 

現在、Coincheckの口座を新規で開設すると、1,500円分のビットコインをもらえるキャンペーンが開催されています。
まだ口座を持っていない方にとっては絶好のチャンスなので、この機会に開設しておきましょう!

なお、どの仮想通貨を購入すれば良いのかわからない場合は、送金手数料が安いリップル(XRP)の購入をおすすめします。

コインチェック

Binanceに仮想通貨を送金する

続いて、購入した仮想通貨をBinanceに送金します。

Binanceの登録が済んでいない方は、今のうちに口座を開設しておきましょう。

口座開設が終わったら、Binanceのトップページから「フィアットと現物」をクリックしてください。

送金したい仮想通貨の項目から「入金」をクリックして、ウォレットアドレスをコピーします。

あとは、国内取引所の送金ページでウォレットアドレスを貼り付け、数量を入力して送金を実行するだけです。

なお、リップル(XRP)を送金する場合はウォレットアドレスのほかに「宛先タグ」を求められる場合があるので、必ず入力してください。

BinanceでBNBを購入する

送金が無事に完了したら、次はBinanceでBNBを購入します。

Binanceのトップページから「Binance Convert」をクリックしてください。

振替元に保有している仮想通貨を、振替先にBNBをそれぞれ設定し、数量を入力して交換をおこないましょう。

BNBをメタマスクに送金する

続いて、購入したBNBをメタマスクに送金します。

メタマスクは他のNFTゲームでも使用することが多いので、まだ持っていない方はインストールしておきましょう。

また、BNBをメタマスクに送金するためには、BSC(バイナンススマートチェーン)の設定が必要です。

設定が済んでいない方は、以下の情報を入力して追加してください。

ネットワーク名

Binance Smart Chain
新しいRPC URL https://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID 56
通貨記号 BNB
ブロックエクスプローラーのURL(任意) https://bscscan.com

準備が整ったら、メタマスクのウォレットアドレスをクリックしてコピーします。

Binanceのトップページから「フィアットと現物」を開いて、BNBの「出金」をクリックしてください。

メタマスクのウォレットアドレスを貼り付け、ネットワークをBSC(BEP20)に設定して送金をおこないましょう。

メタマスクを接続してスニーカーを購入する

最後に、WingStepのアプリにメタマスクを接続して、スニーカーを購入します。

WingStepはスニーカーを購入しなくてもプレイできますが、しっかり報酬を得るためには有料のスニーカーが必要です。

スニーカーの価格は以下のとおり。

ラン 価格
Special $120
Unique $360
Noble $600

Universe

$1,200

一番安いSpecialだと120ドル(約16,200円)で買えるので、リスクを最小限におさえたい人におすすめです。

資金に余裕がある場合は、ランクの高いスニーカーを購入するのも良いでしょう。

ただし、投資である以上リスクは付きまとうので、必ず余剰資金の範囲内で購入するように心がけてください。

WingStep(ウィングステップ)の稼ぎ方

WingStepの稼ぎ方は、以下の3通りです。

  1. 運動して報酬獲得
  2. トークンの売買
  3. ステーキング

それぞれ解説していきます。

運動して報酬獲得

WingStepは、運動することで報酬を獲得できます。

報酬はWSSトークンで与えられ、ほかの仮想通貨に換金すると現金化が可能です。

もらえるWSSトークンの量はスニーカーの数やランクで変わるので、稼ぎたい金額にあわせて投資額を決めましょう。

トークンの売買

WingStepが発行しているWSTトークンは、分散型取引所(DEX)のPancakeSwapに上場しています。

そのため、WSSトークンを売買すれば、トレードで利益を狙うことが可能です。

もちろん利益を出すのは簡単ではありませんが、腕に自信がある方は試してみるのもアリでしょう。

なお、PancakeSwapでWSSトークンをトレードするためにはBUSDという仮想通貨が必要です。

BUSDは大手取引所のBinance(バイナンス)で購入できるので、まだ登録していない方は口座開設をおすすめします。

ステーキング

WingStepでは、ステーキングで報酬を得られます。

ステーキングは、特定の仮想通貨を預けると、数量や期間におうじて利息を受けとれる仕組みです。

WingStepではWSSやWSTをステーキングできるので、ただ保有しているよりも効率よく稼げます。

なお、ステーキングする場合は3ヶ月間トークンをロックする必要があり、その間は資金を引き出せないので注意しましょう。

WingStep(ウィングステップ)に関する質問と回答

WingStepに関する質問は以下のとおり。

この記事では以下のことが分かります。
  1. WingStepの初期費用は?
  2. WingStepのロードマップは?
  3. 他のアプリと併用できる?

それぞれ回答していきます。

WingStepの初期費用は?

いちばん安いスニーカー1足で始める場合、初期費用は120ドル(約16,200円)です。

ほかのMove to Earnアプリに比べると手を出しやすい価格帯なので、誰でも気軽に始められます。

なお、スニーカーの購入にはBNBという仮想通貨が必要です。

BNBは大手取引所のBinance(バイナンス)で購入できるので、事前に入手しておきましょう。

WingStepのロードマップは?

WingStepのロードマップによると、今後は以下のような開発が予定されています。

  • ios版アプリのリリース
  • ミッションの解放
  • 限定NFTの販売
  • ランナークラブのリリース
  • メタバース開発
  • トーナメントのリリース
  • アリーナの解放

このように、WingStepではまだまだ多くの開発が予定されており、今後の展開にも期待できます。

他のアプリと併用できる?

WingStepは、ほかのMove to Earnアプリと同時に起動できます。

例えばSTEPNをやっている方であれば、同時にWingStepを起動してトークンを稼ぐことが可能です。

複数アプリを起動すれば一回のウォーキングで済むので、時間の無駄にもなりません。

さまざまなアプリで歩いている方は、WingStepの利用も検討してみましょう。

WingStep(ウィングステップ)のまとめ

今回はWingStepの特徴や始め方、稼ぎ方などを解説しました。

本記事のまとめは以下のとおり。

  • WingStepは、さまざまな運動で仮想通貨を稼げるMove to Earnアプリ
  • WSSとWSTの2種類のトークンを発行している
  • スニーカーには5つのランクがあり、それぞれパフォーマンスが異なる
  • 報酬が固定化されているため、後から参入しても稼げるチャンスがある
  • 運動して稼ぐ以外にも、トークンの売買やステーキングで稼げる
  • 初期費用は最低120ドル(約16,200円)

なお、スニーカーの購入には、海外取引所のBinance(バイナンス)で購入できるBNBが必要です。

BNBをまだ保有していない方は、Binanceの口座を開設して購入しておきましょう。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳