Sleep to Earn(スリープ・トゥ・アーン)おすすめサービス5選!始め方や無料サービスも紹介

  • Sleep to Earnのおすすめサービスが知りたい!

  • Sleep to Earnの具体的な始め方は?

このような疑問を解決します。

この記事では分かること。
  1. Sleep to Earnのおすすめサービス
  2. Sleep to Earnの始め方
  3. Sleep to Earnの概要や稼げる仕組み

Sleep to Earnのサービスはたくさんあるので、どれがおすすめで、そのサービスを始めれば良いのか分からないですよね。

そこで本記事では「おすすめのSleep to Ear(Sleefi)のサービス」を5つピックアップして紹介していきます。

実際の始め方まで解説していくので、ぜひ参考にしてください。

Sleep to Earn(スリープ・トゥ・アーン)とは?

Sleep to Earnとは睡眠をとることで仮想通貨を獲得できるプロジェクトのことを指します。

近年は、歩いてお金を稼げるMove to Earnなどが流行していますが、Sleep to Earnも同じく生活習慣をお金に換えられるジャンルです。

Sleep to Earnが生まれた背景には、世界的な睡眠不足の問題があります。

2022年3月にZepp Health Corporationが発表した情報によると、世界各国で睡眠時間が減少しており、日本人にいたっては世界ワースト2位の短さです。

これらの問題を解決する存在として、睡眠でお金を稼げるSleep to Earnに注目が集まっています。

Sleep to Earn(Sleefi)の特徴・稼げる仕組み

Sleep to Earnの特徴・稼げる仕組みは以下のとおりです。

  1. 睡眠の質によって仮想通貨を稼げる
  2. 寝具がNFTアイテムになっている
  3. 仮想通貨やNFTを売却すると利益確定

順番に解説していきます。

睡眠の質によって仮想通貨を稼げる

Sleep to Earnでは、睡眠の質に応じてプロジェクトが発行している仮想通貨を稼げます

睡眠の測定にはウェアラブルデバイスやアプリ内のトラッキング機能を使用するのが一般的です。

プロジェクトによって判定方法は異なりますが、基本的には睡眠が深くて長いほど、多くの仮想通貨を獲得できます。

寝具がNFTアイテムになっている

ほとんどのSleep to Earnプロジェクトでは、ベットや寝室などのアイテムがNFTになっています

ユーザーはそれらのNFTアイテムを使用して寝ることで、仮想通貨を獲得できます。

NFTアイテムのレア度や性能が高いほど報酬も豪華になるため、より多くの金額を稼ぎたい場合は、ある程度まとまった資金が必要になります。

しかし、中には無料で始められるプロジェクトもあるので、お試しでプレイしたい方は無料で始めてみることをオススメします。

仮想通貨やNFTを売却すると利益確定

Sleep to Earnでは、睡眠で稼げる仮想通貨や寝具などのNFTアイテムを売却することで収益を確保できます

プロジェクトによってトークンやNFTの価値は異なりますが、初期費用よりも多くのリターンを得られれば成功です。

なお、プロジェクトによってはトークンの取引やNFTの転売でも稼げます。

ゲームをプレイしなくても稼げる手段はあるので、自分に合った方法で攻略しましょう。

Sleep to Earn(Sleefi)を始めるメリット

Sleep to Earnのメリットは、以下の3つです。

  1. 睡眠をとるだけで仮想通貨を稼げる
  2. 健康的な睡眠サイクルが身につく
  3. 先行者利益を狙いやすい

それぞれ説明していきます。

睡眠をとるだけで仮想通貨を稼げる

Sleep to Earnは寝るだけで仮想通貨を稼げるのがメリットです。

例えば、歩いて仮想通貨を稼ぐMove to Earnのプロジェクトだと、運動が苦手な人は他のプレイヤーより不利になってしまいます。

しかし、Sleep to Earnは誰しもが生きるために実行する「睡眠」に焦点を当てているので、すべての人が簡単に取り組めます。

寝ているだけでお金が入ってくる「不労所得」の仕組みにもなり得るので、まさに夢のプロジェクトだと言えるでしょう。

健康的な睡眠サイクルが身につく

Sleep to Earnを実践すると健康的な睡眠サイクルが身につきます

なぜなら、多くのSleep to Earnプロジェクトでは、あらかじめ設定した睡眠時間に従って睡眠をとるからです。

決められた時間に寝ないとお金を稼げないため、ほとんどの人は何よりも睡眠を優先します。

その結果、規則正しい睡眠サイクルが身につき、睡眠不足の問題が解消されやすくなります。

Sleep to Earnはお金だけではなく、健康習慣も手に入るのが魅力です。

先行者利益を狙いやすい

Sleep to Earnはまだまだ新しいジャンルなので先行者利益が狙いやすいです。

例えば、Move to Earnの有名プロジェクトであるSTEPN(ステップン)に関しても、2022年の初めごろはほとんど存在が知られていませんでした。

しかし、数か月後には人気が爆発し、かなりの利益をもたらすプロジェクトとなっています。

仮にSTEPNと同規模のプロジェクトがSleep to Earnのジャンルから出るとすれば、早めに参入しておく意味は大いにあるでしょう。

Sleep to Earn(Sleefi)を始めるデメリット

Sleep to Earnのデメリットは、以下の2つです。

  1. 国内取引所ではトークンを購入できない
  2. 全てのサービスが成功するわけではない

順番に解説していきます。

国内取引所ではトークンを購入できない

Sleep to Earnのプロジェクトが発行しているトークンは、2022年8月時点で国内取引所では取り扱われていません。

そのため、トークンを購入するためには海外取引所を利用する必要があり、初心者の方にとってはハードルが高めに設定されています。

しかし、この問題はSleep to Earnだけに限らず、ほかのジャンルのプロジェクトでも直面しやすい問題です。

ゲームでお金を稼ぐためには海外取引所が必要になってくるので、早めに登録しておきましょう。

全てのサービスが成功するわけではない

当たり前の話ですが、すべてのSleep to Earnサービスが成功することはあり得ません。

投資である以上、成功するサービスもあれば、失敗するサービスも必ず存在します。

いきなり大金を注ぎ込んでしまうとリスクが大きいので、まずは余剰資金から始めましょう。

なお、以下でおすすめのSleep to Earnサービスを紹介するので、迷っている方はぜひ参考にしてください。

Sleep to Earn(Sleefi)のおすすめサービス5選

Sleep to Earnのおすすめサービスは以下の5つです。

  1. Sleepagotchi(スリーパゴッチ)
  2. SleeFi(スリーファイ)
  3. Sleep Future(スリープフューチャー)
  4. Sleep ecosystem(スリープエコシステム)
  5. DreamN(ドリームン)

それぞれ解説していきます。

Sleepagotchi(スリーパゴッチ)

サービス名

Sleepagotchi(スリーパゴッチ)
トークン SHEEP未定
ブロックチェーン 未定
対応デバイス iOS
公式サイト https://sleepagotchi.com/ja

Sleepagotchi(スリーパゴッチ)はハーバード大学の学生が開発しているSleep to Earnサービスです。

ゲーム内のアイテムは非常にかわいらしい見た目をしており、女性からも人気を集めています。

Sleepagotchiの特徴は以下のとおり。

  • 寝ることでSHEEPやNFTを獲得できる
  • 仮想寝室の「MetaRoom」をゲットできる
  • さまざまなアイテムがNFTになっている
  • 無料で始められる

ユーザーは就寝時間と起床時間を設定し、時間通りに寝ることでSHEEPやNFTを獲得できます。

また、ゲーム内には「MetaRoom」という仮想寝室があり、ベッドやライトなどのNFTアイテムを使ったアレンジが可能です。

自分だけの寝室をカスタマイズしてSleep to Earnを楽しめるので、やりこみ要素の高いサービスだと言えます。

SleeFi(スリーファイ)

サービス名

SleeFi(スリーファイ)
トークン SLFT・SLGT
ブロックチェーン Avalanche(アバランチ)
対応デバイス iOS・Android
公式サイト https://sleepagotchi.com/ja

SleeFi(スリーファイ)は日本人が創業者のSleep to Earnサービスです。

正式リリースは2023年に予定されていますが、すでにテスト版でのプレイは可能であり、SNS上では日本人を中心に盛り上がりを見せています。

SleeFiの特徴は以下のとおり。

  • 睡眠に応じてSLFTを獲得できる
  • ベッドがNFT化している
  • ベッドやトークンが当たるガチャ機能がある
  • 日本語に対応している

SleeFiでは、あらかじめ睡眠時間を設定してから睡眠をとり、起床時間との差が少ないほど多くのSLFTを稼げます。

また、寝る時にセットするベッドはNFTになっており、種類によって睡眠時間が異なります。

規則正しい睡眠をとるほど報酬も多くなるので、SleeFiは健康とお金を両立させたサービスだと言えるでしょう。

Sleep Future(スリープフューチャー)

サービス名

Sleep Future(スリープフューチャー)
トークン SLEEPEE
ブロックチェーン BSC
対応デバイス iOS・Android
公式サイト https://sleepfuture.com/

Sleep Future(スリープフューチャー)は世界で初めてSleep to Earnを導入したプロジェクトです。

まさにSleep to Earnの先駆けとも言える存在であり、多くの投資家が注目しています。

Sleep Futureの主な特徴は以下のとおり。

  • 睡眠をとることでSLEEPEEを獲得できる
  • 初期費用なしでも始められる
  • SLEEPEEをステーキングすると報酬を得られる
  • さまざまな睡眠関連の企業と提携している

正式リリースは2022年の12月に予定されており、それまではSLEEPEEのステーキングで報酬を稼げます。

また、パートナー企業には大手寝具メーカーの「KINGSDOWN」や、睡眠関連の医療品を取り扱っている「Mysleep」などが付いています。

睡眠に関するデータやノウハウがSleep Futureのシステムにも反映されるので、質の高いサービスになる可能性が高いでしょう。

DreamN(ドリームン)

サービス名

DreamN(ドリームン)
トークン DREAMN
ブロックチェーン BSC
対応デバイス iOS・Android
公式サイト https://dreamn.io/

DreamN(ドリームン)は不労所得を得ながら睡眠習慣を改善できるSleep to Earnサービスです。

プレイすることで睡眠データが蓄積されていき、自分の睡眠習慣を細かく分析できます。

DreamNの主な特徴は以下のとおり。

  • 睡眠やミッションを完了するとを報酬を獲得できる
  • 不正防止システムが導入されている
  • ランキングシステムが採用されている

DreamNでは、睡眠の質やミッションのクリアによって報酬を獲得できます。

報酬はゲーム内通貨のDREAMNのほかに、有名取引所のBinanceが発行しているBNBを獲得可能です。

なお、DreamNにはランキングシステムが採用されているため、おのずと睡眠習慣を改善できる環境が整っています。

Sleep ecosystem(スリープエコシステム)

サービス名

Sleep ecosystem(スリープエコシステム)
トークン SLEEP
ブロックチェーン BSC
対応デバイス iOS・Android
公式Twitter https://mobile.twitter.com/ecosystemsleep

 

Sleep ecosystem(スリープエコシステム)はDeFiやメタバースの機能が盛り込まれているSleep to Earnサービスです。

ほかのSleep to Earnサービスにはない独自性があるので、注目しておいて損はありません。

Sleep ecosystemの特徴は以下のとおりです。

  • 睡眠のスコアに応じてSLEEPやBUSDを稼げる
  • SLEEPのステーキングで報酬を獲得できる
  • メタバースの開発が進んでいる

Sleep ecosystemでは、ユーザーの睡眠データを算出し、スコアに応じて報酬を獲得できます。

なお、報酬はゲーム内通貨のSLEEPだけではなく、大手取引所のBinanceが発行しているBUSDも獲得可能です。

BUSDは価格が安定しているステーブルコインなので、安定的な収益を期待できます。

Sleep to Earn(Sleefi)の始め方・手順

Sleep to Earnの始め方は、以下の手順です。

  1. 国内取引所の口座開設
  2. 海外取引所の口座開設
  3. 海外取引所でトークンを購入

順番に進めていきましょう。

1. 国内取引所の口座開設

Sleep to Earnを始めるために必要な仮想通貨は、基本的に海外取引所でしか購入できません。

しかし、海外取引所は日本円の入金に対応していないので、まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

国内取引所の中でも、おすすめはCoincheck(コインチェック)です。

Coincheckはスマホアプリが非常に使いやすく、初心者の方でも簡単に仮想通貨を購入できます。

また、9月30日までにCoincheckの口座を開設すると、1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンも開催中です。

無料でビットコインを入手できるチャンスなので、まだ口座を持っていない方は、この機会に開設しておきましょう。

コインチェック

2. 海外取引所の口座開設

続いて、海外取引所の口座を開設します。

先ほども述べましたが、Sleep to Earnを始めるためには、海外取引所の利用が必須です。

どの海外取引所を利用すれば良いかわからない方は、Binance(バイナンス)の登録をおすすめします。

Binanceは世界トップレベルの取引所なので、セキュリティの面でも安心です。

また、Binanceは多くのプロジェクトで利用されているBSC(バイナンススマートチェーン)を開発しており、仮想通貨のBNBも発行しています。

非常に使い勝手の良い取引所なので、今のうちに口座を開設しておきましょう。

3. 海外取引所でトークンを購入

準備が整ったら、Sleep to Earnサービスが発行しているトークンを海外取引所で購入します。

例えば、Sleep Futureが発行しているSLEEPEEトークンは、分散型取引所(DEX)のPancakeSwapで購入できます。

購入にはBUSDが必要なので、Binanceで入手してから取引しましょう。

なお、トークンがまだ上場していないSleep to Earnサービスも多いので、常に最新情報を追いながら行動することをおすすめします。

Sleep to Earn(スリープ・トゥ・アーン)おすすめのまとめ

今回は、Sleep to Earnの概要や始め方・おすすめのサービスなどを解説しました。

Sleep to Earnは、睡眠をとることで仮想通貨を稼げる画期的なサービスです。

まだまだ新しい分野であるため、早めに参入することで先行者利益を得られやすくなります。

どのサービスを利用すべきか迷っている方は、本記事で紹介したおすすめサービスを参考にしてみてください!

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳