ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)とは?始め方や稼ぎ方・攻略方法を解説!

  • ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)の始め方が知りたい!
  • ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)の稼ぎ方は?
  • 人気ゲーム「喧嘩道」のBCGってホント?

上記のようなニーズやご質問をお持ちの方々に向け、当記事では「ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)の概要や始め方・稼ぎ方、攻略方法」を徹底解説します。

ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)とは?

ゲーム名

ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)

ブロックチェーン

BSC(Binance Smart Chain)
トークンシンボル

KENKA-COIN

言語 英語 / 日本語
公式サイト https://ttx-games.com/kenkado/
Twitter @KenkadoMeta
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=8hIm6yrNk-I

ケンカメタバースは大人気スマホゲーム「喧嘩道」がBCG化(ブロックチェーンゲーム化)された喧嘩バトルRPGゲームです。

開発にはSNS-ENTERTAINMENTが参加しており、ローンチはBSC(BNBスマートチェーン)となります。

P2E(Play to Earn)も実装され、暗号資産である$KENKAを稼ぐことができます

すでに$KENKAは海外の大手CEX(中央型取引所)であるMEXCなどでトレードが可能です。

ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)の特徴

  • 喧嘩道のメタバース版として開発
  • 無料で始められる
  • 大物インフルエンサーとコラボ

ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)は人気ゲームである「喧嘩道」のBCG化とあって、既に多くのファンがいます。

既存ゲームのBCG化はマーケティングコストを低く抑えることができます。

また、数々の大物格闘家やインフルエンサーとコラボしている点も見逃せません。

喧嘩道のメタバース版として開発

「喧嘩道」は不良やアウトローをテーマにしたオートバトルRPGゲームです。

プレイヤーは対戦相手を倒しながら、喧嘩の祭典である「全國不良番付」でトップを目指します。

ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)も喧嘩道のゲーム仕様を引き継いでいます。

異なるのが、各不良キャラがNFTだということです。もちろん、ゲームプレイで暗号資産を稼ぐこともできます。

無料で始められる

ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)は無料プレイモードも用意しています

ゲーム開始時にNFTがプレゼントされる予定です。

そちらのNFTをもちいて$KENKAやNFTアイテムなどを入手/稼いでいくことができます

多くのBCGがプレイ開始条件として高額なNFT購入を設定する中、非常に良心的なプロジェクトといえます。

大物インフルエンサーとコラボ

大人気格闘家でありYouTuberである朝倉未来選手がケンカメタバース(KENKA METAVERSE)のアンバサダーとなることが発表されています。

とても人気のある方なので、高いマーケティング効果が期待できます。

他にも、女性格闘家やSNSインフルエンサーが多数ケンカメタバースとコラボしています。

ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)の始め方

ケンカメタバースを始めるにはウォレット接続が必要となります。

暗号資産、メタマスクをすでに持っているという方は$KENKA購入の段階から進めて下さい。

また、ケンカメタバースはまだ正式ローンチされていません。開始方法に変更が加えられる可能性がありますことをご了承下さい。

当記事では、ケンカメタバースに使用されるNFT購入までのプロセスを詳しく解説いたします。

国内取引所の口座開設

暗号資産をお持ちでない方はまず国内取引所で口座開設をして下さい。

おすすめはコインチェックGMOコイン、DMMビットコインなどです。手数料が安く、口座開設がとても簡単でスピーディーです。

スマホがあれば、本人確認も含めて口座開設は当日中に完了します。

国内取引所で$XRPを購入

口座開設が済んだら、暗号資産を購入します。

特に銘柄指定はありませんが、$XRPがおすすめです。国際送金機能に特化した暗号資産で、送金が非常に早いです。

暗号資産は変動リスクが非常に高い商品です。送金に時間がかかると、その間に値段が変化する場合があります。

なるべく早く送金できる暗号資産を購入しましょう。

MEXCの口座開設

MEXCは海外の大手取引所です。ケンカメタバースはBSC(BNBネットワーク)を使用しています。

国内の取引所ではBSCに対応できません。なので、海外の取引所を使う必要があります。

また、MEXCはケンカメタバースで使用される$KENKAの取扱いのある取引所です。

ケンカメタバースにエントリーする上でシームレスな取引所であるといえます。

MEXCへ$XRP送金

MEXC口座が開設できたら、国内取引所から$XRPを送金しましょう。

$XRP送金時にはメモ/タグを入力する必要があります。

アドレス以外に入力欄があるので、忘れずに入力して下さい。

$KENKAと$BNB購入

MEXCで$XRPの入金が完了したら、$KENKAを購入します。

$XRPをまずは、$USDTに替えます。次に$USDTで$KENKAを購入します

同じく$BNBも購入します。$BNBはBSC使用時のガス代として使用します。10ドル分もあれば十分でしょう。

$KENKAはBSC最大手DEX(分散型取引所)であるパンケーキスワップでも購入(スワップ)できます。

急いでいる時や時間がない時はパンケーキスワップで$BNBを$KENKAにスワップしてもいいでしょう。

パンケーキスワップ公式サイト:https://pancakeswap.finance/

メタマスクのインストールと入金

ケンカメタバースのNFT購入にはメタマスクが必要です。公式サイトからメタマスクをダウンロード/インストールしましょう。

メタマスク公式サイト:https://metamask.io/

メタマスクインストールが完了したら、$KENKAと$BNBを入金します。

ケンカメタバースへウォレット接続

ケンカメタバース公式サイトへアクセスして下さい。そちらでメタマスクを接続します。

まだゲームの正式ローンチ前なので、NFT購入イベントにエントリーをします

ケンカメタバース公式サイト:https://ttx-games.com/kenkado/

NFT購入

NFTは当初イベントでの購入となります。

公式運営のSNS発信情報などをしっかり確認しましょう。

また、ケンカメタバースは無料プレイが用意されています。

正式ローンチ後に無料プレイモードでゲームエントリーするのもいいでしょう。

P2E開始

役割(タイプ)

説明
ギルドマスター(Guild Master)
  • Shima所有者
  • ギルド作成可能
  • 複数のマスターとギルド共有も可能
  • 大会イベント開催
  • ジム経営
  • 賭場経営
  • マーケットプレイス経営
プレイヤー(Player)
  • ケンカで稼ぐ※PVP、PVE
  • スポンサー収入
  • スター化によるロイヤリティ収入
フォロワー(Follower)
  • プレイヤーと同じだが、サポート重視
  • 賭場やマーケットプレイスでの収入重視
  • プレイヤーのスター化を助ける
ゲーマー(Gamer)
  • NFTを持たない
  • 無料プレイ層
  • インセンティブポジション

ケンカメタバースはゲームプレイヤー以外にもP2Eが可能な様々な役割が設定されています。

プレイヤーでなくとも土地所有者(ギルドマスター)として稼いでいくことも可能です。

NFTを所有しなくても$KENKAを稼ぐシステムもあります。戦略をしっかり立てて稼いでいきましょう。

ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)の稼ぎ方・遊び方

ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)は不良キャラNFTを用いた対戦RPGゲームです。

自身の不良キャラを強化して、ケンカに勝利して稼ぎます。

また、ケンカメタバースではプレイヤーを遊び方によって4つのタイプに分類しています。

遊び方はケンカをするプレイヤー、NFT強化や賭けミニゲームをするフォロワー、無料でゲームをするゲーマー、土地(Shima)を所有して稼ぐギルドマスターなどです。

ギルドマスターの保有する土地はShimaと呼ばれており、NFTとして取引が可能です。

街でケンカをして稼ぐ(シングルモード)

シングルモードは、NFT所有者にとって最も基本的なP2Eモードです。

プレイヤーは街を探索しながらケンカ相手を探します。ケンカに勝利すると$KENKAを入手できます

また、ケンカに勝利すると希にケンカ相手が仲間(舎弟)になることがあります。

仲間(舎弟)はゲームを進める上で大切なサポーターです。

アリーナ戦で稼ぐ

アリーナ戦にエントリーして稼ぐことも可能です。

また、ケンカに参加しないプレイヤーも勝者を予測する賭けをして稼ぐこともできます

Shima所有者はアリーナ戦自体を開催することができ、参加料などを稼げます。

ギルドマスターの所有する土地(Shima)の規模によっては、大々的なトーナメント戦や総当たり戦なども開催可能です。

ジムオーナーとして稼ぐ

土地(Shima)を所有することで、ジム経営が始められます

プレイヤーはNFTを強化するために、ジムを使用します。

その際のジム使用料がオーナーへ還元されることになります。

ミニゲーム(賭場)で稼ぐ

ミニゲームはベッティングエリアで開催されます。

ロットやポーカーなどが用意される予定です。

ベッティングエリアも土地(Shima)所有者が運営します。

ベッティングエリアで発生した利益などからオーナーは収益を上げることができます。

※こちらは法律上の問題で仕様が改変される場合があります。

NFT取引で稼ぐ

ケンカメタバースではNFTマーケットプレイスが実装されます

こちらで自身の所有するNFTを売買して稼いでいきます。

NFTはケンカの賞品として入手できる場合もあります。

高値で売れそうなNFTであれば、売却を検討してみましょう。

ケンカメタバース(KENKA METAVERSE)の攻略方法

ケンカメタバースの攻略には舎弟とギルドの理解が不可欠です。

自分1人でゲームを進めるより、はるかにP2Eが捗ります

また、サポートしてくれるユーザーにも方針や個性があります。

なるべく自分と価値観の近いサポーターを見つけ出していきましょう。

NFTキャラの強化

アバターアイテムの装備やジムトレーニングなどでNFTキャラを強化していきます

アバターアイテムはケンカに勝った際や、マーケットプレイスで入手できます。ジムトレーニングでもNFTキャラは強化できます。

ジムの使用の際は、ジム所有者(Shima所有者)にいくらかの使用料を払う必要があります。

しっかりNFTキャラを強化してくれるオーナーを選びましょう。

舎弟を活用

舎弟はケンカメタバースにおいて「仲間」という意味です。

「部下」や「子分」といった意味で使われていません。

舎弟はジム経営やNFTキャラのトレーニング、土地(Shima)の防衛などでプレイヤーを助けてくれます

目的を共有する舎弟(仲間)を多く募って、ゲームを攻略していきましょう。

ギルドを使う

ギルドは複数のプレイヤーで構成されるチームのようなものです。

ジムを共用できたり、イベントを開催したりして、ゲームを優位に進めることができます

ギルドも土地(Shima)のオーナーによって組織され、それぞれ方針の違いや個性があります。

まずは、自身のプレイスタイルやゲーム方針に合うギルドを探しましょう。

まとめ

ケンカメタバースは広告収入や課金システムなどを導入して持続可能なエコシステムの構築に努めていくそうです。

BCG外部からの収入があれば、プロジェクトはより長く続くでしょう。

また、ケンカメタバースの元となったゲーム「喧嘩道」はすでに成功を納めています

ゲーム事業の成功ノウハウが備わっているプロジェクトと言えます。

これからインフルエンサーやVC(ベンチャーキャピタル)などの支持を得て、プロジェクトはますます盛り上がっていくことでしょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。当記事がケンカメタバースの情報を集めている方々にとって有益なものとなれば幸いです。

 

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳