【NFT】PXN:Ghost Divisionとは?プロジェクトの内容や購入方法・PXNトークンについて

  • PXN:Ghost Divisionの特徴を知りたい!
  • PXN:Ghost Divisionが発行している独自トークンの詳細は?
  • PXN:Ghost Divisionの購入方法は?

上記のような疑問を抱えている方向けに、この記事ではPXN:Ghost Divisionの特徴・独自トークン・購入方法などを徹底解説します。

PXN:Ghost Divisionの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください!

PXN:Ghost Divisionとは?

プロジェクト名

PXN:Ghost Division
コレクション数 10,000個
Twitterフォロワー数 269,567※2022年11月14日時点
総取引額 60,415※2022年11月14日時点
ミント価格 2ETH
フロア価格 0.1549ETH※2022年11月14日時点
Discord https://discord.com/invite/projectpxn
公式サイト https://www.phantom.sh/
NFT購入方法 Opensea
LooksRare

PXN:Ghost Divisionは、Web3.0プラットフォーム Phantom Networkのアクセストークンであり、10,000種類で構成されているNFTコレクションです。

プロジェクトリーダーのReiのほかにも、pants・X4・DEXが運営チームに参加しており、ペンネームで活動しています。

運営チームの4人は、PXN:Ghost Divisionを「Web3の裏側。曖昧で無形だが、永遠に存在する影」と表現しています。

プロジェクトのコンセプトはゴーストですが、PXN:Ghost DivisionがリリースしているNFTコンテンツは、アニメテイストのクールなキャラクターが多いです。

独自のトークンを発行しているため、今後NFTコレクション以外にもさまざまなプロジェクトがリリースされる可能性もあるでしょう。

PXN:Ghost Divisionの特徴

PXN:Ghost Divisionの特徴は以下の5つです。

  1. OpenSeaで人気のNFTコレクション
  2. Phantom Network(ファントムネットワーク)を構築している
  3. Project Nanopass(プロジェクト・ナノパス)と関連している
  4. Nanoverseとプラットフォームを共有している
  5. NFTを購入するとコミュニティの一員になれる

OpenSeaで人気のNFTコレクション

PXN:Ghost Divisionは、OpenSeaLooksRareなどのNFTマーケットでNFTが販売されています

どちらのNFTマーケットでも盛んに取引が行われていますが、OpenSeaの方では2022年11月現在、全期間取引ランキング38位を誇っています。

取引高を確認すると、2022年5月には1日で1,979ETH分もNFTが販売されており、世界中の投資家から注目されているNFTの1つです。

販売が開始された初日の売り上げは、11,018ETHとほかのNFTを圧倒しているため、プロジェクトリリース前から注目を集めていたといえるでしょう。

PXN:Ghost Divisionは、2022年11月現在もOpenSeaで人気のNFTコレクションです。

  • PXN:Ghost DivisionのOpenSea販売ページはこちら
  • PXN:Ghost DivisionのLooksRare販売ページはこちら

Phantom Network(ファントムネットワーク)を構築している

PXN:Ghost Divisionは、Phantom Network(ファントムネットワーク)というWeb3.0プラットフォームを構築しています

運営チームによると、Phantom Network(ファントムネットワーク)は、Web3.0用に構築された有益性のあるプラットフォームと紹介しています。

Phantom Network(ファントムネットワーク)の目標は「ユーザーの目指すものに関わらず、自分自身の10倍価値があるものを発見できること」です。

PXN:Ghost Divisionは、Phantom Network(ファントムネットワーク)を利用して、すべてのユーザーが活躍できる有益性のあるプラットフォームの構築を目指しています。

Project Nanopass(プロジェクト・ナノパス)と関連している

PXN:Ghost Divisionのチームは、NFTプロジェクト「Project Nanopass(プロジェクト・ナノパス)」も作成しています

Project Nanopass(プロジェクト・ナノパス)は、独自メタバース「Nanoverse(ナノバース)」を主軸にしているNFTプロジェクトです。

Project Nanopass(プロジェクト・ナノパス)が発行しているNFT「Nanopass」を購入すると、Nanoverse(ナノバース)の土地(ランド)を保有可能です。

Project Nanopass(プロジェクト・ナノパス)は、OpenSeaの売上だけでも17,528ETHを記録しているため、大成功しているプロジェクトといえるでしょう。

PXN:Ghost Divisionがリリース前から注目されていた要因の1つに、Project Nanopass(プロジェクト・ナノパス)の成功事例があることが挙げられます。

Nanoverseとプラットフォームを共有している

PXN:Ghost Divisionが構築したPhantom Network(ファントムネットワーク)は、Nanoverse(ナノバース)とプラットフォームを共有しています

プラットフォームを共有しているからといって、Nanoverse(ナノバース)の延長線上にあるプロジェクトというわけではありません。

Phantom Network(ファントムネットワーク)とNanoverse(ナノバース)との境界線を曖昧にし、それぞれのプロジェクトに相乗効果を生み出すことが狙いです。

NFTを購入するとコミュニティの一員になれる

PXN:Ghost Divisionが展開しているNFTコレクションを購入すると、ゴーストと呼ばれるコミュニティの一員になることが可能です。

コミュニティは100人組の連隊で構成されており、全部で100連隊(合計10,000人のゴースト)が存在します。

各連隊はそれぞれ独立しており、ファントムと呼ばれるリーダーの元、ほかの連隊とは違うスキル・強み・興味を持ちます。

連隊への成功や成長につながる成果・貢献・行動に応じて、独自トークンPXNを受け取ることが可能です。

つまり、PXN:Ghost Divisionコミュニティへの貢献度が、直接PXNの獲得量に影響するということです。

PXNトークンとは?

PXN:Ghost Divisionは、

 

PXN:Ghost Divisionは、Phantom Network(ファントムネットワーク)を利用して、独自トークンのPXNを発行しています

この項目では、独自トークンPXNの供給量や使い道について徹底解説します。

PXNトークンの供給量

PXNの供給量は1年間に4億枚と決まっており、以下の表のように分配されます。

配分率

配分元 詳細
25% コミュニティ報酬 ネットワークに積極的に関与し、価値を加えた人々に配られます。
25% 開発ファンド プロジェクトの開発に活用する資金です。
25%

ランク報酬

NFT保持者のランクに応じて、追加のトークンが付与されます。

12.5% インキュベータープログラム スタートアップ企業の支援を行うための資金です。
9.125% NFTホルダーへの付与 PXN:Ghost DivisionのNFTを保持している人に配られます。
3.375% 連隊維持費 連隊関連の活動に貢献したメンバーに配布されます。

PXNトークンの使い道

Phantom Network(ファントムネットワーク)が発行している独自トークンは、以下の表のような使い道があります。

使い道

詳細
NFTのカスタマイズ

一部のNFTでは、武器や服装などをカスタマイズできます。

武器や服装に使うパーツをPXNで購入し、自分好みのNFTにカスタマイズできます。

PXNプラットフォームツールのサブスクリプション

サブスクリプション料金を支払うと、機能や基本ツールを無制限で利用可能です。

使いやすい価格を維持するために、PXNの価格上昇に比例して必要なPXNの枚数が減少します。

R.A.T上場手数料

Phantom Network(ファントムネットワーク)の今後公開予定の雇用マッチングサービスです。

PXNを支払うと、企業は求人情報を掲載できます。

グレイマーケット上場手数料 Phantom Network(ファントムネットワーク)内にあるNFT市場に商品を出品する際に支払う手数料です。
ファントムネットワーク情報システム PXNトークンを支払うと、情報ボードシステムに広告を掲載できます。

PXN:Ghost Divisionのフロア価格・ミント価格

PXN:Ghost Divisionのフロア価格・ミント価格

続いて、PXN:Ghost Divisionのフロア価格とミント価格を解説します。

フロア価格とミント価格についてわからない方は以下の表を参照しましょう。

フロア価格

NFTアイテムの最低出品価格のことです。
ミント価格 NFTの一次販売時の値段のことです。

NFTには以下の表のように3つの販売形式が存在します。

定額販売

1番シンプルな販売方法です。

販売者が価格を設定し、価格にユーザーが納得すれば売買が成立します。

イングリッシュオークション

オークション形式の販売方法です。

入札期間内に最も高額な入札をおこなった人が購入権を得られます。

ダッチオークション

価格が下がっていくオークションです。

入札者が現れた瞬間に売買が成立します。

PXN:Ghost Divisionは5月5日に4,000種類のNFTコレクションが3つめのダッチオークション形式で一般販売されました

PXN:Ghost Divisionの価格は2ETHからスタートし、0.1ETHになるまで15分ごとに0.05ETHずつ価格が下がっていくルールでした。

ダッチオークションの結果、開始価格と同じ2ETHで購入する方が続出し、高額転売する方まで存在する大盛況ぶりです。

残りの6,000個のコレクションは、5月6日にコミュニティ内でプレセールされました。

コミュニティ内のプレセール値段は、0.35ETH以下と決められていたため、一般販売の方達よりかなり安価で購入できました。

PXN:Ghost DivisionのNFTコレクションは、1つのウォレットで1つまで保有可能です。

PXN:Ghost Divisionの購入方法

PXN:Ghost Divisionの購入方法

PXN:Ghost DivisionのNFTコレクションはOpenSeaとLooksRareで販売されています

今回は、OpenSeaでの購入方法を以下の手順で解説します。

  1. コインチェックの口座開設を行い、日本円を入金してETHを購入する
  2. MetaMask(メタマスク)のアカウントを作成する
  3. MetaMask(メタマスク)へETHを送金する
  4. OpenSeaとMetamaskを接続し、PXN:Ghost Divisionを購入する

コインチェックの口座開設を行い、日本円を入金してETHを購入する

PXN:Ghost DivisionのNFTを購入するには、仮想通貨を利用して決済する必要があるため、国内の仮想通貨取引所を開設しましょう

国内の仮想通貨取引所の口座をお持ちでない方は、コインチェックの口座開設がおすすめです。

アプリに対応しているため、パソコンを所持していない方でも使いやすく、初心者の方でも見やすいように無駄なボタンを省いた設計になっています。

コインチェックの口座開設が完了した方は、日本円を入金してETHを購入しましょう。

MetaMask(メタマスク)のアカウントを作成する

ETHを購入した方は、OpenSeaで取引するためのウォレットを作成する必要があります。

OpenSeaに対応しているウォレットは、MetaMask(メタマスク)がおすすめです。

MetaMask(メタマスク)は、OpenSeaでNFTを購入する場面以外にも、さまざまな仮想通貨の購入やブロックチェーンゲームで遊ぶために利用できます。

MetaMask(メタマスク)へETHを送金する

MetaMask(メタマスク)のアカウントが作成できた方は、ETHをメタマスクに送金する作業を行いましょう。

MetaMask(メタマスク)を起動し、上に表示されているETHのアドレスをコピーします。

アドレスをコピーした方は、Coincheckを開き「暗号資産の送金」をクリックし、「宛先の追加」を押しましょう。

必要事項を入力していき、送金先アドレスの場所にMetaMask(メタマスク)のアドレスをペーストして送金します。

注意点として、ETHの価格変動や手数料が影響してNFT購入に必要なETHが足りなくなる可能性があるため、購入金額よりも多めにETHを送金しましょう

OpenSeaとMetamaskを接続し、PXN:Ghost Divisionを購入する

MetaMask(メタマスク)へETHの送金が無事完了した方は、OpenSeaとMetaMask(メタマスク)を接続する作業を行います。

OpenSeaにアクセスし、右上の「My Account Settings」をクリックします。

MetaMask(メタマスク)のアイコンが表示されるので、「Sigh in」を押して署名やメールアドレス認証を終わらせましょう。

登録が完了した方は、PXN:Ghost DivisionのNFTコレクションの中から自分が欲しいアイテムを購入し、MetaMask(メタマスク)で確認できるようになります。

まとめ

今回は、PXN:Ghost Divisionの特徴・独自トークン・購入方法について詳しく解説しました。

PXN:Ghost Divisionは、リリース直後に完売した世界中から注目されているNFTコレクションです。

今後のPhantom Network(ファントムネットワーク)の発展次第では、NFTコレクションや独自トークンPXNの価格が上昇する可能性が高いでしょう。

PXN:Ghost DivisionのNFTコレクションの購入を検討されている方は、上記で紹介したコインチェックの口座開設をおすすめします。

PXN:Ghost DivisionのNFTコレクションを購入する際は、リスクを考慮した上で余剰資金で行うようにしましょう。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳