コインチェックとビットフライヤーを基本情報や特徴から徹底比較

ふえちゃんプロフィール画像
ふえちゃん

国内取引所では「コインチェック」と「ビットフライヤー」が有名だけど、どっちが良いんだろう?

国内取引所ではどちらも有名な「コインチェック」と「ビットフライヤー」ですが、それぞれ特徴が違います。

両方とも機能やセキュリティ共に評価が高く、毎日多くの仮想通貨トレーダーが使っています。

日本大手と言える2つの取引所の比較を行い、どちらの取引所があなたにとって合っている取引所なのかを判断していただくのがこの記事を書いた目的です。

ぜひ最後まで読んでみて、どちらの取引所が合っているのか判断の材料になれば幸いです。

仮想通貨国内取引所コインチェックとは?

coicheck-logo

日本国内での人気が特に高く、スマートフォンから取引できるアプリはダウンロード数第1位をとっています。

2017年のマウントゴックス(XEM流出事件)被害に遭ったものの、2018年から東証プライム上場企業であるマネックスグループ株式会社の傘下に入ったことでセキュリティ面も大幅に強化されています。

さらに創業から現在に至るまでさまざまな企業と提携を行うことで事業展開を進めています。

コインチェックの主な特徴を紹介します

ここでは、コインチェックの基本的な特徴を3つ紹介します。

  • 特徴1:国内のアプリダウンロード第1位
  • 特徴2:仮想通貨国内取引所では取扱通貨数が最多
  • 特徴3:関連のサービスもたくさんある

特徴1:国内のアプリダウンロード第1位

国内大手のコインチェックは仮想通貨取引所としてのアプリダウンロード数がNo.1です。

その理由は、初心者にも使いやすい操作性と直感的に理解がしやすいデザイン性にあると言われています。

特に、チャートなどの専門知識が必要な売買を行う取引画面が投資初心者でもわかりやすいと評判です。

チャートの見やすさはアプリ版でも同様で、取引は別の取引所を使うもののチャートの確認はコインチェックを利用するという方もいるほどの人気です。

特徴2:仮想通貨国内取引所では取扱通貨数が最多

コインチェックの仮想通貨取引数は国内最多の17種類です。

海外取引所に比べると少ないと思われますが、これだけあればさまざまな形での取引ができると思います。

また、国内取引所に上場させるための条件は海外取引所よりも厳しい審査を通過する必要があるため、安心して取引ができる通過ということでもあります。

特徴3:関連のサービスもたくさんある

コインチェックは新しい事業展開にも力を入れており、仮想通貨取引以外にもさまざまな事業を行っています。

特に力を入れている事業が以下になります。

  • 積み立て
  •  Lending
  • でんき
  • NFTプラットフォーム

通貨の売買・取引だけではなく、上記のような使い所を増やすことは仮想通貨そのものの利便性を広めていることになります。

特に最近だとNFTマーケットプレイス事業は業界の盛り上がりに便乗して大きな盛り上がりを見せています。

国内取引所においてこれだけのサービスを展開しているところもないので「仮想通貨を色々なことに使えるようにしたい」という方にとってコインチェックのこれらのサービスはおすすめです。

コインチェックを使うメリット

ふえちゃんプロフィール画像
ピーツィ

結局、コインチェックを使う時にどんなメリットがあるのかな?

このような方に向けて、コインチェックを利用する上でのメリットとなる3つのポイントを厳選して紹介します。

  • メリット1:スマホアプリが使いやすく初心者にもおすすめ
  • メリット2:関連サービスも充実している
  • メリット3:マネックスグループの傘下で安心できる

一つ一つ説明していきますね。

メリット1:スマホアプリが使いやすく初心者にもおすすめ

国内取引所なので、日本円を使っての仮想通貨購入が可能です。

また、最低注文数が500円から購入できて、使いやすいことに定評がある仕様なのでコインチェックは初心者にとって使いやすいということがわかります。

さらに単純な取引に慣れてきた際にも前述の通り国内の取り扱い通貨数が最も多いのでいろんな通貨を購入することができます。

メリット2:関連サービスも充実している

コインチェックのメリットとして取り上げたいのが前述したさまざまな事業展開の部分です。

すなわち「さまざまな関連サービス」ということですが、コインチェックは取引所でありながら、積み立てや電気代の支払い、NFTマーケットプレイスなど汎用性に長けた使用ができます。

「手に入れた仮想通貨で色々したい」という方にとって魅力的なサービスだと言えます。

メリット3:マネックスグループの傘下で安心できる

コインチェックは以前、業界全体で話題になったXEM流出ハッキングの被害に遭いました。

その後の企業努力の成果で信頼回復は現状の通りですが、加えて東証一部上場企業である「マネックスグループ株式会社」の傘下に加わったことでセキュリティ面での大幅な強化を行うことができました。

結果、金融業界の大手企業が運営しているということで多くのユーザーからの信頼を得ています。

コインチェックの良い評判・口コミ

コインチェックを利用しているユーザーはどのような評価をしているのでしょうか?

発信されていた口コミや評判をもとに整理して紹介します。

  • アプリが使いやすく、取り扱い通貨数が多いのも良い
  • チャート画面が見やすく、値段が一目でわかる
  • 海外で人気のGameFi銘柄など、他の取引所には無い通貨の上場にも積極的で面白い
  • ステーキングやNFTマーケットプレイスといった新しい事業展開に好感が持てる

これらのような意見が多く見られました。

とにかく使いやすさ重視の取引所であることと、他ではない事業展開に興味を持つユーザーがたくさんいることがわかりますね。

不明な点は解決するためのコンテンツ記事などによるサポートも万全なのでこれから仮想通貨取引をやってみたいという人はコインチェックがおすすめだと思います。

コインチェックの悪い評判・口コミ

今度は使ってみた結果、課題となるような点も紹介します。

主に以下の点が改善されると良いという意見が多く見られました。
  • テクニカル分析には使いずらい
  • スプレッドが高い
  • 手数料が高い

 

使いやすさは良いが、手数料が高いという意見が圧倒的に多いということがわかりました。

また、チャートにラインを引いて分析するための仕様ができないことやレバレッジ取引もないなど「取引に慣れてきた中〜上級者」のユーザーからの意見が多く見られました。

ピーツィプロフィール画像
ピーツィ

勉強として利用する分には良いということですね。

 

\コインチェックの公式サイトはこちらから/

コインチェック

仮想通貨国内取引所「ビットフライヤー」とは?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)とはユーザー数250万人以上の国内大手の仮想通貨取引所です。

高レベルなセキュリティに定評があり国内では珍しく仮想通貨のリスクを取り扱いがあります。

bitFlyerから公式スマホアプリがリリースされており、アプリ内では、Lightning Webを選択することでスムーズにLightning FXにアクセスすることができます。


さらにビットコイン(BTC)の取扱量が国内で最も多いため、ビットコイン(BTC)を中心に取引を行い人におすすめです。

ビットフライヤーの主な特徴を紹介します

ここでは、ビットフライヤーについての主な特徴を2つ紹介します。

  • 特徴1:高いセキュリティー
  • 特徴2:BTCを使ってFXができる

特徴1:高いセキュリティー

ビットフライヤーの特徴として一つ目に挙げられるのがセキュリティー体制の高さです。

創設以降一度もハッキング被害を受けたことがなく、2018年にSqreen社から世界140の仮想通貨取引所において第一位のセキュリティレベルであると認められています。

ハッキング被害が尽きない仮想通貨業界にて、7年以上ハッキングを防いでいるというは業界最長らしく、ユーザーは安心して取引所の利用ができるといいます。

特徴2:BTCを使ってFXができる

「bitFlyer Lightning」と言われるサービスでFX取引を行うことができます。

最大2倍までのレバレッジ取引を行うことができるため、色々な投資戦略のもとでの利益獲得を狙うことができます。

ただし「bitFlyer Lightning」には現物取引と先物取引の2パターンが存在するため選ぶ際にのミスに注意する必要があります。

そして、大前提として、レバレッジ取引はリターンを最大限にする分、リスクも最大となってしまうことを理解しておきましょう。

ビットフライヤーを使うメリット

ここではビットフライヤーを使う上でのメリットを3つ厳選して紹介します。

  • メリット1:FXではレバレッジ取引もできる
  • メリット2:Tポイントをビットコインに交換できる
  • メリット3:セキュリティーが優秀

メリット1:FXではレバレッジ取引もできる

特徴でも紹介した通り、ビットフライヤーの「bitFlyer Lightning」サービスではレバレッジ取引をすることができます。最大2倍までレバレッジをかけることができるため利益の最大化が見込めます。

レバレッジ取引では自分の手持ち資産よりも多くの金額で取引ができるので、資産は少ないけれど短い期間で大きな利益が狙いたい方にはおすすめです。

ただし、レバレッジ取引はリターンが大きい分リスクも大きいという点に注意が必要です。

トレード初心者の方は初めからレバレッジ取引をするのではなく、ある程度慣れてきてから行う方が良いかもしれません。

メリット2:Tポイントをビットコインに交換できる

 

 

 

ビットフライヤーを使えば、日本でよく見かけるTポイントをビットコインに換えることができます。

100Tポイントからの交換ができ、対象加盟店にてビットコイン決済を行うことでTポイントを貯めることもできます。

 

 

 

ピーツィプロフィール画像
ピーツィ

ビットコイン決済では500円以上の金額でTポイントが発生します。

現在の対象加盟店は「ビックカメラ」を始め「ヤマダ電機」、「HIS」、「湘南美容クリニック」といった多岐の業界での対象になっています。

メリット3:セキュリティーが優秀

こちらも先述した通り、セキュリティにおいて業界トップクラスと言える点がビットフライヤーの大きなメリットの一つです。

次世代セキュリティーにおいて、業界最長のハッキング0期間を実現しているので、ユーザーは安心サービスを利用できます。

充実してセキュリティサポートは以下の通りです。

  • ブロックチェーン技術による通信セキュリティーの確保
  • 不正アクセスの常時監視による社内環境の防御
  • ネットワークの負荷分散のシステム上でのセキュリティー
  • ログインの際のセキュリティ対策 など

ビットフライヤーの良い評判・口コミ

ビットフライヤーを使っている人の声を調査し、まとめました。

利用者で多いのが主に以下のような意見です。

  1. 操作画面が使いやすい
  2. 出入金の際に待たなくて良い
  3. Tポイントとビットコインを交換できるのが良い

まず挙げられたのが操作画面が使いやすいという点です。

見やすいといった声がある反面、アルトコインの順番を入れ替えたりといったカスタム面での課題も見られました。

ただしその他はメリットでもお伝えした通り、Tポイントとビットコインを交換できるという独自のシステムや入出金の際に待たなくて良いという手続きの速さには好感を持ったユーザーが多いという印象でした。

ビットフライヤーの悪い評判・口コミ

続いて、ビットフライヤーを利用する上でのデメリットを紹介します。

  1. 欲しい銘柄が買いたい時に買えない
  2. レバレッジ倍率が低い
  3. サーバーが重い

 

ビットフライヤーの利用者の意見で印象的だったのが「購入希望の銘柄が欲しい時に買えない」という口コミでした。

取引所での購入を行ったところ、操作エラーなのか2日間不成立とだけ表示されてタイミングを逃したとのことで原因もわからずに利用をやめたという厳しい意見も。

他の方の意見を確認したところ、サーバー負荷が原因と書いてあったので相場の乱高下時といった取引が集中している際はタイミングを逃す可能性もありそうです。

さらにレバレッジ倍率が低いという意見も目立ちました。

倍率2倍というのはかなり低めの設定ではありますが、これはビットフライヤーだけではなく金融庁が決めた国内取引所の最大レバレッジ数が2倍で固定されているからだそうです。

結局コインチェックとビットフライヤーはどっちがおすすめ?

 

ふえちゃんプロフィール画像
ふえちゃん

結局のところ、コインチェックとビットフライヤーはどっちの方がおすすめなんですか?

これまで取り上げてきた2つの取引所に対して、どちらが向いているのかを説明していきます。

結論から述べると、それぞれの取引所によってサービスの違によるメリット・デメリットは利用者の使い方によって変わってきます。

自分の取引スタイルにマッチした方法で口座を使っていくと良いですね。

コインチェックの利用がおすすめな人

まず、コインチェックの利用がおすすめな人は以下のような使い方を考えている人です。

・ビットコインをメインで取引所で取引したい人
・国内取引所でGameFi銘柄などの草コイン取引をしたい人
・アプリを使って取引の分析をしたい人

 

コインチェックの利用はスプレッドが小さい分、手数料をかけずに取引を行うことができます。

ビットコインを取引のメインに考えているユーザーにとってコストを抑えるには良い方法だと言えるでしょう。

さらに、コインチェックでは他の国内取引所には上場していない取引ユーザー数が少ない「草コイン」も上場しています。

草コインはリスクが高い分ハイリターンも見込める通貨という認識ですが、審査が厳しい国内取引所に上場しているということはそれだけプロジェクトが信頼されているということでもあります。

また、ビットコインでは自分の取引履歴から取引の分析を行えたりと使えるサービスも豊富です。

これから仮想通貨取引を利用していきたいという方にとっておすすめできる取引所であると思います。

ビットフライヤーの利用がおすすめな人

続いて、ビットフライヤーを使うことがおすすめな人を説明します。

・取引に慣れてきたのでレバレッジをかけたFX取引に興味がある
・取引所アプリを活用して情報取集したい人

ビットフライヤーではレバレッジをかけたFX取引が行えます。

上昇だけでなく、下落予想もできるので取引チャンスが増加するのも魅力。

リスクは伴いますが少額で利益を最大化したい人もFX取引がおすすめだと言えるでしょう。

さらに、ビットフライヤーのアプリでは都度情報収集に適したニュースが配信されます。

取引に使えると評判なので取引情報を得るためだけの利用方法としても活用できるでしょう。

今回の記事のまとめ

いかがでしたか?

今回はビットコインとビットフライヤーという日本を代表する国内取引所について比較という形で取り上げました。

どちらも安全性が高い取引所として定評があるのでこれから仮想通貨取引を初めるという初心者の方も安心して利用できる取引所だと思います。

セキュリティもどちらも高く、口座開設や口座維持にお金は全くかからないので2つとも口座開設を行うことをおすすめします。

ピーツィプロフィール画像
ピーツィ

もし、もう一方の取引所を使いたいという時はすぐに使えますからね。

 

2つの仮想通貨共に国内外での知名度を上げており、これからもサービスの拡大が見込まれます。

是非、自分に合ったスタイルで仮想通貨取引を行いましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳