BingXとは?口座開設方法や入金・出金方法、ボーナスや使い方について徹底解説

ふえちゃんプロフィール画像
 
ピーツィーさん!トレーダー向けの取引所はありますか?  


ピーツィプロフィール画像
ピーツィ
コピートレード機能がついたBingXがおすすめですよ!

 

この記事の内容
  1. BingXの基本概要
  2. BingXの特徴
  3. BingXの口座開設方法

BingXを使ってみたいという方に向けて丁寧に説明しております。
ぜひ、最後まで読み進めて、参考にしてみてください!

BingXとは?基本情報を説明します 

取引所名 BingX(旧:Bingpon)
設立年 2018年
運営会社 BingX(Bingbon International Finance Limited)
所在国 香港
ライセンス ・AUSTRAC(オーストラリア政府)
・MSB(アメリカ・カナダ政府)
・MTR(EU政府)
追証 なし
日本語 対応
公式サイト https://bingx.com/ja-jp/

BingXとは仮想通貨取引だけでなく、FX・株価指数・先物商品にも対応しているトレーダー向けの海外仮想通貨取引所です。

2021年11月18日に「Bingbon」という名称からブランド名・ロゴ名を新たにリニューアルしました。

台湾・ベトナム周辺で知名度が高く、数ある取引所の中でも「デリバティブ(金融派生商品)」に強い取引所として知られています

日本語の対応もしているため日本人でも安心して利用することができます。

>>BingX公式サイト<<

BingXの知っておきたい特徴5選

ここでは、「これだけは知っておきたい」という3つの特徴をピックアップして紹介します。

ピーツィプロフィール画像
ピーツィ

理解しておいて損はない情報なので、是非抑えておきましょう!

  • 特徴1:複数のコピートレード(Copy Trade)
  • 特徴2:端末での操作がしやすい
  • 特徴3:デモトレード機能がある
  • 特徴4: 分離マージン機能が使える
  • 特徴5:グリッド取引も可能

特徴1:複数のコピートレード(Copy Trade)

BingXは「コピートレード(Copy Trade)」と呼ばれる他のトレーダー取引手法を真似できる手法を利用できます。

コピートレード(Copy Trade)のメリットはリスクの許容設定など安全性を高めつつ投資スキルアップを試みることが出来る点です。

  • Copy Trade Pro
  • Copy Trade

BingXでは上の2種類のコピートレード(Copy Trade)があり、設定するだけで自動で開始されます。

現在では150名以上のトレーダーが運用データを掲載しており、それを元に20,000人以上のユーザーが利用しています。

特徴2:端末での操作がしやすい

BingXの公式スマホアプリの使い勝手が非常良いと評判です。

また、指紋認証によるログインもできるので操作性やセキュリティはもちろん、パスワードを忘れる心配もありません。

海外取引所「BingX」は、スマホアプリが使いやすいことでも知られています。

特徴3:デモトレード機能がある

BingXは、投資の練習として無料でデモトレードを行えます。

バーチャル通貨である「VST」を使って取引が可能でこれから仮想通貨取引を使って利益を出していきたいという方にはとてもおすすめの機能です。

ピーツィプロフィール画像
ピーツィ

ちなみに1VSTは1USDに相当という設定です。

特徴4: 分離マージン機能が使える

「分離マージン」とは、取引所の残高と証拠金を分け、損失リスクを下げられる機能のことです。

BingXにはこの機能が備わっています。

トレードに熱くなり感情に任せた取引で大損をしてしまうような危険を回避できます。

特徴5:グリッド取引も可能

「グリッド取引」とは安値や高値の時に自動で取引作業を行なってくれる取引戦略のことです。

同時にアービトラージ(裁定取引)ロボットを使うことで取引の精度向上にも期待できます。

自分に合ったトレーダーが見つからないことや、コピートレーダーの母数が増えることで稼ぎづらくなるということもありますが何より初心者の方にとっては大きな学びになるでしょう。

BingXを利用するメリット

BingXの主なメリットは以下の通りです。

  • 10年以上のキャリアがある仮想通貨取引所である
  • 日本語にも対応している
  • 金融派生商品(デリバティブ)の取引量が多い
  • 仮想通貨業界で初めてコピートレードシステムを取り入れている
  • 取引手数料が安い(決済時0.075%
  • 正式ライセンスがあるので安心(オーストラリア・アメリカ・EUなど)
  • 仮想通貨だけでなく、株価指数や外国為替(FX)でも取引できる

BingXを利用するデメリット

BingXの主なデメリットは以下の通りです。

  • 日本円では直接入金ができない
  • 日本円出金が不可
  • 仮想通貨の銘柄数は多くない
  • ハイレバレッジなので資金管理を気を付ける必要がある

BingXの入金方法【使い方】

BingXで入金を行いましょう。以下の手順で入金できます。

  1. BingXの公式サイトを開く
  2. 「資産」から「入金」をクリックする
  3. 入金通貨を選択する
  4. QRコードとアドレスのどちらかをスキャンするかコピペする

 

まずは、BingXの公式サイトを開き、「資産」をタップして、「入金」を押します。

次に、ビットコインやイーサリアムなどの通貨を選択しましょう。

通貨を選択し終わったら、入金画面にQRコードとウォレットアドレスが表示されます。

表示されたあとは、QRコードかウォレットアドレスを入金される側で読み取ります。

読み取りが成功すると、数分から数時間で入金結果が反映されるでしょう。

BingXの出金方法【使い方】

BingXで出金を行いましょう。以下の手順で出金できます。

  1. BingXの公式サイトを開く
  2. 「資産」から「出金」をクリックする
  3. 出金する取引所のウォレットアドレスかQRコードをスキャンする
  4. 出金する金額を決める

 

まずは、BingXの公式サイトを開き、「資産」をタップして、「出金」を押します。

次に、出金する取引所のウォレットアドレスかQRコードをスキャンします。

最後に、出金する金額を決めましょう。

出金する際は、手数料を引かれた金額が出金されるので、注意が必要です。

BingXでコピー注文を利用する方法

BingXでコピー注文を利用しましょう。以下の手順でコピー注文できます。

  1. BingXの公式サイトを開く
  2. 画面上部の「コピー注文」をクリックする
  3. トレーダーリストから条件に合うトレーダーを選ぶ
  4. 「コピー注文」をクリックする

 

まずは、BingXの公式サイトを開き、画面上部の「コピー注文」をクリックします。

次に、あなたの条件に合う、トレーダーをリストの中から選択しましょう。

フィルターや並び替えを使うことで探しやすくなるのでおすすめです。

条件に合うトレーダーを見つけたら、名前をクリックし、「コピー注文」をクリックしましょう。

これで、コピー注文できます。

BingXで提供されている3つの取引

BingXでは以下の3つが提供されています。

  • 現物取引
  • 契約取引(デリバティブ)
  • コピー注文

現物取引

現物取引は、実際に仮想通貨を購入したり、売却したりする取引です。

現物取引を行うためには、仮想通貨を先に買う必要があります。

また、手元の資金以上の仮想通貨を購入できないことも特徴の1つでしょう。

資金以上の仮想通貨を手に入れられない代わりに、資金を超える損失もないので、借金のリスクがないです。

 契約取引(デリバティブ)

BingXが提供している契約取引には、標準先物と無期限先物があります。

標準先物には、USDTマージン契約とインバース契約があり、無期限先物は、USDTマージン契約のみ提供されています。

USDTマージンなどは、初心者に適しており、無期限先物のUSDTマージン契約は、経験者に適した方法です。

それぞれ、適した方法で仮想通貨取引しましょう。

コピー注文

BingXでは、コピー注文できることが特徴の1つです。

コピー注文することで、成績が良いトレーダーと同じ取引ができます。

トレードの成績がよくない方やトレード初心者におすすめの機能です。

あなたの条件に合ったトレーダーを探してみましょう。

BingXのボーナスについて

BingXには新規で口座を開設した時やトレーディングコンテストという不定期開催のボーナスキャンペーンが度々開催されています。

  • 新規口座開設ボーナス
  • トレーディングコンテスト

の特徴は以下の通りです。

新規口座開設ボーナス

BingXでは、新規口座開設をするだけで100ドルもらえます

「ボーナス登録」という部分から登録する必要があるので注意しましょう。

ただし、手に入れたボーナスには30日間の有効期限があるので、それまでには使い切ってしまいましょう。

トレーディングコンテスト

USDT契約取引 トレーディングコンテスト」がというキャンペーンが不定期で開催されます。

BingXの「日本限定キャンペーン」は併用が可能なので、開催されたらどんどん参加するようにしましょう!

UIDエントリーフォームに入力すれば参加できます。

しかし参加する時に100 USDT以上の口座残高が必要です。

10USDTの参加費がかかりますが、期間内で500,000ドルの取引量を達成することで500 USDTのボーナスがもらえます。

参加者は順位付けされますが、外れても取引量ボーナス500 USDTはもらうことができます。

そして、キャンペーン終了後に支払った10USDTもボーナスとして返ってきます。

取引量を達成できなかった場合も参加費だけが返ってきます。

実質リスク0で報酬をもらえるチャンスなので是非参加してみましょう。

BingXの口座開設について

BingXで取引を行うために登録作業を行いましょう。以下の手順で行えます。

  1. BingXにアクセス
  2. 「登録」をクリック
  3. メールアドレスor電話番号を入力
  4. パスワードを設定
  5. 認証コードが届いたら入力

ここまでは特に難しくないと思います。

口座開設が済んだら本人確認(KYC)もしておきましょう。

本人確認を行うと、出金制限が上がるメリットがあります

また、プロフィールページへの記載や50USDT以上の入金も行いましょう。

BingXへは日本円の入金に対応していません。

暗号資産ウォレットに仮想通貨を準備しておきましょう。

今回の記事のまとめ

いかがでしたか?

今回はBingXについて紹介しました。

■まとめると以下の通り

  • トレーダー向けの取引所
  • 日本語対応なので安心
  • 取引手数料が安い
  • さまざまな特典がある

今後もGameFi研究所ではBingXについて追いかけて最新の情報を紹介していきます!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳