世界初のeスポーツプラットフォーム「Libes」|eスポーツ特化型のNFTマーケットプレイス誕生に向けて一部機能を解放するプレオープンを実施

株式会社 Liberal mind(本社:東京都千代田区、代表取締役:甲斐義和)は、2022年6月10日(金) 、世界初 eスポーツプラットフォーム「Libes」の一部機能を解放するプレオープンを行いました。

Libes は昨今成長が著しいeスポーツ分野における様々な課題解決に挑み、選手とユーザーの双方が共に主体となって新たな娯楽の形を創造するプラットフォームを目指しています。

世界初のeスポーツ特化型のNFTマーケットプレイス

今回一部機能が公開されたのは世界初のeスポーツ特化型のNFTマーケットプレイスです。

運営、選手、クリエイター、ユーザーそれぞれの用途に合わせた4種類のNFT「Libes 公式 NFT」「クリエイターズ NFT」 「ファンアバターNFT」「プレイヤーズ NFT」が実装されます。

今回のプレオープンでは「Libes 公式 NFT」の実装、6月末から残りの3つの機能実装を順次予定しています。

Libes 公式 NFT

Libes公式が発行するNFTです。Libesが主催する大会のワンシーンのNFT、大会入場チケットの NFT、Libesの特典を 受けることの証明としてのNFTなど、いつくかの用途に合わせたNFTを実装します。

今回販売されたのは大会入場チケット×特典証明のNFTです。特典に関しては時間と共に内容が公開されていくゲーム感覚でお楽しみいただける仕様です。

クリエイターズ NFT

クリエイター(ユーザー)が発行できる NFT です。eスポーツ選手を応援するクリエイターが作成したキャラクターアイコン、ファンアートなどを自由に出品することができるNFTです。

販売手数料は事前に決めた配分でeスポーツ選手、クリエイターの間で分配されます。

ファンアバター NFT

チーム・eスポーツ選手が発行できるNFTです。チームやeスポーツ選手がファン向けにオリジナルのNFTを自由出品できるようになります。
ファンクラブの所属券、アイコンなど様々な使い方ができるNFTが販売される予定です。

プレイヤーズ NFT

プロチーム選手/アマチュア選手が発行できるNFTです。選手はチーム所属の証としてNFTを利用、販売することができます。

アマチュア選手もLibes を通じてスポンサーを見つけることが可能になり、契約をNFTのスマートコントラクトによって行うことで契約の状態や所属履歴が簡単にわかるようになり、スムーズな取引を実現します。

今後、ユーザーもプレイヤーとして発行ができるようにアップデートを予定しています。

eスポーツの様々な課題を解決する革命的なプロジェクト 

Libesは現在成長著しいeスポーツ分野に新たな展開をもたらすプラットフォームです。これまでeスポーツが抱えていた課題解決に挑み、選手とユーザーの双方が共に新たな娯楽の形を創造していきます。

 

eスポーツは新興分野であるがゆえに選手を取り巻く環境や新規のファン獲得などの点でまだ課題が多く、特にプロ選手の多くは大会で優秀な成績を残し賞金を得るか、あるいはスポンサーを見つけ出資を募ることが収入を得る主な方法とな っています。

 

しかしながら、一部の選手を除いては大会数が多いか、スポンサーがつかない限り淘汰されていくという現状があり、そもそも選手の母数が増えなければ業界の発展もまた鈍化していくために、エコシステムの構築こそが業界全体の発展における課題になっています。

 

Libesはこうした課題に目を向け、様々な取り組みを通じて解決を目指すために立ち上がった革命的なプロジェクトです。

▼Libes の公式サイトはこちら
https://libes.io/

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳