【完全版】Braveブラウザの評判・口コミは?稼ぐための設定方法や安全性やデメリットまで解説

  • Braveブラウザを利用すれば何ができるの?
  • Braveブラウザの評判や口コミは?
  • Braveブラウザを始める手順は?

上記のように悩んでいる方向けに、この記事では「Braveブラウザの特徴や評判・口コミ、始め方」などを徹底解説します。

さらに「Braveブラウザを利用して効率的に稼ぐ方法」も合わせてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

【総評】Braveブラウザを利用するだけで仮想通貨BATが稼げる!

【総評】Braveブラウザを利用するだけで仮想通貨BATが稼げる!

Braveブラウザを利用することで、仮想通貨BATを稼ぐことができます

普段から利用している「Google Chrome」や「Safari」、「Yahoo!」などから、Braveブラウザに代えるだけで仮想通貨BATが獲得できるので魅力的ですよね。

Braveブラウザを利用すると仮想通貨BATが稼げる理由は、この記事の前半で詳しく解説していきます。

なお、Braveブラウザを利用してお金を稼ぎたい人は、bitFlyerで口座を開設し、Braveブラウザと連携させましょう。

そうすると、Braveで稼いだBATをbitFlyerに入金でき、日本円に換金することができます。

この機会にbitFlyerの口座を開設し、Braveでコツコツお金を稼いでいきましょう。

>>bitFlyerの公式サイト<<

Braveブラウザとは

Braveブラウザとは

Brave(ブレイブ)とはインターネット上でWebサイトをパソコンやスマートフォンで閲覧するためのソフトウェアの一つです。

これをブラウザといい、代表的なものでいえば、Google ChromeやSafariなどが当てはまります。

Braveブラウザの利用者は、2021年時点では利用者が約2000万人程度でしたが、2022年11月現在は5000万人超えです。

現在でもまだまだ開発途中なので、今後さらに開発が進めばさらに利用者が増えるでしょう。

Braveブラウザで仮想通貨BATが稼げる理由

Braveブラウザにはデフォルトで「広告ブロック機能」が搭載されています。

しかし、あえてBraveで広告を見ることで、閲覧者に仮想通貨のBATが報酬として与えられます

つまり、従来の広告では、広告を出している側のみ金銭的に得をしていました。

一方、Braveブラウザでは、広告を見る側も得をする画期的なシステムを採用しています。

なお、BATはギフトコードへの交換や投げ銭、他の仮想通貨との交換など、自分自身の目的に合わせて利用できます。

Braveブラウザの危険性は?安全である理由

ほとんどの方がGoogle ChromeやSafariなどの人気ブラウザを利用しているので、あまり聞いたことのないBraveを利用するのは怖いと感じてしまいますよね。

しかし実際のところ、Braveは安全性が高いWebブラウザなのです。

Braveブラウザが安全である理由は以下のとおりです。

  1. 大学の研究の比較調査で安全性が確認された
  2. ユーザー数が5,000万人越え
  3. 開発者は有名なエンジニア

安全である理由①:大学の研究の比較調査で安全性が確認された

アイルランドの有名大学、ダブリン大学トリニティ・カレッジで行われた研究で、Braveが最も安全性の高いブラウザと評価されました

比較対象はGoogle ChromeやFirefox、Safari、Microsoft Eage、Braveなどの人気ブラウザです。

プライバシーの観点から見ると、最も安全性が高いのはBrave、次にGoogle Chrome、Firefox、Safari、次にMicrosoft Edgeです。

SafariやGoogle Chromeなどのブラウザでは、Webページから訪問者の趣味や趣向のデータを取り、好みのページを表示するシステムが導入されています。

このシステムは、訪問者にとって都合のいい部分もありますが、一方でプライバシーの問題も生じています。

しかし、Braveはユーザー追跡システムを採用していないので、プライバシーが侵害されることなく、安心してサイトを利用できるでしょう。

安全である理由②:ユーザー数が5,000万人越え

Braveのユーザー数は2020年代に突入し、急速に増加しています

Braveブラウザは2015年に開発され、2016年2月にiOS版とAndroid版がリリースされました。

2020年時点では、1000万人〜2000万人のユーザーがBraveを利用しており、2年後の現在においては5000万人を超えています。

もちろん、ユーザー数が多いからといって安全性が高いとは言い切れませんが、システムが大きく欠落していれば利用者がここまで増加することは考えづらいでしょう。

ユーザー数が多いのも、安全性が高いことを示す一つの数値と言えますね。

安全である理由③:開発者は有名なエンジニア

開発者が「Brendan Eich」さんと有名なエンジニアであることも、Braveの安全性が高いといえる理由として上げられます。

Brendanさんは、プログラミング言語の一つである「JavaScript」の生みの親でもあります。また、Firefoxの共同開発者でもあるので、ブラウザ開発において経験豊富です。

また、Brendanさんは、アメリカの名門大学であるイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校を修士号で卒業しています。

世界的に知名度が高い大学を卒業しており、知名度も高く、さらにブラウザ開発のプロでもあるので、Braveは安全性が高いブラウザの一つと言えるでしょう。

Braveブラウザのメリット

Braveの安全性が分かったところで、次に利用するメリットを確認していきましょう。

Braveを利用するメリットは次の5つです。

  1. 広告ブロック機能が標準搭載
  2. Brave Rewardsで仮想通貨BATが稼げる
  3. Google Chromeの3倍の読み込み速度
  4. 通信料の節約ができる
  5. ブラウザの移行が簡単

メリット①:広告ブロック機能が標準搭載

Braveでは「広告ブロック機能が標準搭載」されています。

そのため、Brave上であればネット記事だけでなくYouTubeなどの動画においても広告が表示されることはありません

特に、YouTube広告は非常に厄介ですよね。5秒広告動画や15秒広告動画がデフォルトで組み込まれており、最近では広告動画を2本見ないとメイン動画に移れないこともしばしば。

Google Chromeにおいても、拡張機能を使えば広告をブロックできますが、拡張機能のダウンロードに時間がかかります。

一方で、Braveはダウンロードした時点で広告をブロックしてくれるので、使い勝手が非常によく、快適にサイトへアクセスできるでしょう。

メリット②:Brave Rewardsで仮想通貨BATが稼げる

Braveにはあえて広告を閲覧することで仮想通貨を稼げる「Brave Rewards」というシステムを導入しています。

Brave Rewardsでは仮想通貨BATを稼ぐことができ、BATは投げ銭やギフトコードへの交換などに利用できます

従来の広告では、見た側が得をすることはありませんでしたが、Braveの広告は、広告主もユーザー側も得をするWin-Winのシステムであると言えるでしょう。

また、Brave広告は画面を遮るような広告もなく、利用していて不便と感じることは少ないです。

Brave Rewardsで貰える報酬は微々たるものですが、ブラウザを利用するだけでお金が稼げるのは嬉しいですね。

メリット③:Google Chromeの3倍のページ読み込み速度

Braveでは、広告や追跡機能をブロックすることで、読み込むべき対象が減り、Webページの表示速度が格段にアップしています。

これは、広告を表示させるための処理が省略されただけでなく、広告のデータ量を削減したこともWebページの読み込み速度が上昇した理由の一つです。

Brave公式によると、ページの読み込み速度はGoogle Chromeの3倍程度速くなるそうです。

ページの読み込みに時間がかからないのは、利用者側からするとかなりありがたいですね。

さらに、読み込むデータ量が少なくなると、バッテリーの節約にもつながります。

そのため、すぐに充電が無くなってしまう方にとっては、ページの読み込み速度以上の利用メリットでしょう。

メリット④:通信量の節約ができる

読み込むべきデータ量が増えれば増えるほど、処理に手間がかかり、そのコストとして通信料も高くなります。

Braveは他のブラウザより処理速度が速いので、その分通信料を節約できます

特に動画広告は容量を消費するので、YouTubeを日常的に利用している方であれば、より通信料を節約できるでしょう

お金を稼げ、ページの読み込み速度が速く、通信料まで節約できれば、利用するメリットがかなり大きいですね。

メリット⑤:ブラウザの移行が簡単

「これまで利用していたGoogle ChromeやSafariから移行させるのは面倒…」と考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし実際には、ほんのひと手間でブラウザの移行できるのです。

BraveはGoogle Chromeに登録していた「お気に入り」をそのまま移行させることができるので、これまで利用していたサイトを再登録する必要がありません

また、PC版のBreveは、Chromeにおけるほとんどの拡張機能に対応しているので、自分好みにカスタマイズするのも簡単です。

「それでも完全に移行させるのは面倒」という方は、一定期間Braveを利用してみて、その後に完全移行させるかどうか考えてみるのも一つですね。

Braveブラウザのデメリット

ここまで、Braveのメリットをご紹介してきましたが、ここではBraveのデメリットについてご紹介します。

Braveブラウザのデメリットは「翻訳機能が使いづらい」ことです。

具体的にどのような部分において、翻訳機能が使いづらいのか確認してみましょう。

翻訳機能が使いづらい

Google Chromeを利用していれば、Webサイトを表示した際にプッシュ通知で翻訳するか聞いてきます。

そのため、海外サイトでも比較的自由に利用できます。

一方、Braveには自動翻訳機能が実装されていないので、海外サイトを利用する場合は不便に感じるでしょう。

しかし、Braveはまだまだ開発途上なので、これから自動翻訳機能が実装される可能性も十分にあります。

Braveに翻訳機能が追加されるまでは、Google Chromeの拡張機能である翻訳を使いましょう。

Braveブラウザの良い評判や口コミ

Braveブラウザの良い評判や口コミ

Braveを利用した人は、実際に使用してみてどのように感じているのでしょうか?

ここでは、利用者の評判・口コミをいくつかご紹介します。

広告が出なくなり、ネットサーフィンが楽になった!

Braveに関する口コミで最も多かったのは、「広告ブロック機能」に対する賞賛の声です。

braveブラウザって凄いですね。広告が出なくなりネットサーフィンが楽。バッテリー消費量も減りエコになる。ただ、このブラウザが支流になった場合、WEBマーケティングの形が変わる気がする。自分たちでしっかりコンテンツを作っていく力が必要だな…と感じる。

引用元:twitter

何度も言うけど、次世代ブラウザ『 Brave 』を知らない人が多過ぎる。シェアNo1だからって思考停止でChromeを使用してはダメ。広告オフにした場合、読込速度は従来の約3倍、通信量も約30%節約できるし広告が表示されない解放感は圧倒的快感。笑顔が増える。でも更に知られていないのが広告オンの場合『

引用元:twitter

やはり、広告がないとストレスなく利用できますね。

処理速度の速さや通信料、バッテリーの消費量についても良い口コミが多い結果となりました。

youtubeの広告も全部消してくれる!

断言するけど、YouTubeの広告を見たくない人は、今すぐ無料の、Web3.0時代のブラウザ「 Brave 」を使うべき。”思考停止”でSafariやChromeを使ってる人は完全に取り残されてます。広告カットのために、YouTubeプレミアムに年18600円を払い続けるのはもはや貴族だけ。さらにうれしいBraveの特長はリプへ

引用元:twitter

Braveを利用すれば、YouTubeの広告もブロックしてくれるので、YouTubeプレミアムを利用する必要がないという意見も上がっています。

年間18,600円を節約できるのは、かなり大きいですね。

Braveブラウザの悪い評判や口コミ

Braveブラウザの悪い評判や口コミについては、以下を参考にしてみましょう。

友達からyoutubeプレミアムじゃなくて、brave使いなよって言われたから使ったけど使いづらい

毎回低画質で始まるの終わってる

引用元:twitter

これまで、Google ChromeやSafariなどを利用している方がBraveに乗り換えると、最初は使いづらいと感じるようです。

ブラウザが使いづらいのは大きなデメリットに感じるかもしれませんが、これは単に使い慣れていない可能性が高いので、使い続けていれば次第に慣れてくるでしょう。

YouTubeで広告が入る問題については、twitter上で対処法が書かれていたので、その通りにすれば解決できます。

数か月程度利用し続け、慣れていけば大きな問題はなさそうですね。

Braveの始め方・使い方|稼ぐための設定方法・手順

Braveの始め方・使い方|稼ぐための設定方法・手順

ここまでは、Braveの性能や評判・口コミをメインにご紹介してきましたが、ここでは実際にBraveの始め方や使い方を手順ごとにご紹介していきます。

Braveの始め方は、以下の手順を参考にしてみましょう。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する

  2. Braveブラウザをダウンロード

  3. BraveRewardsをオンにする

  4. 自動支援をオフにする

  5. 普段通りにネットを使う

  6. BraveとbitFlyerを連携させる方法【換金するための準備】

  7. スマホでもビットフライヤーと連携・同期する

①bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する

手に入れたBATを換金するために、BraveとbitFlyeを連携させる必要があります

先に口座を開設していれば、換金したいときにスムーズに換金できるので、Braveを導入する前に、まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の口座を開設しましょう。

bitFlyerの口座開設手順は次の通りです。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. メールアドレスを入力し、無料登録
  3. 本人確認登録画面で情報を入力

ステップ3で個人情報の入力と、本人確認書類の提出を終えてから初めてbitFlyerで入出金が可能となります。

最短で申し込み当日中に本人確認が完了するので、本人確認が終えるまでは待機しておきましょう。

なお、本人確認には運転免許証及び個人番号カード(マイナンバーカード)を利用できます。

②Braveブラウザをダウンロード

まず、Brave公式サイトにアクセスし、「Brave Beta」をダウンロードをクリックします。

約1分ほどでダウンロードが完了します。

そして、「さあ始めましょう」をクリックします。

そして、自身のブラウザタイプを選択し、「インポート」をクリックすれば設定が完了します。

Braveでは、ダウンロード時点で広告とcookieがブロックされているので、後から加える必要はありません。

これでダウンロード完了となります。

③BraveRewardsをオンにする

Braveのホーム画面に戻ると、「Brave Rewardsの使用開始」ボタンが画面右側に表示されているので、クリックします。

すると、Brave Rewardsの設定をオンにできます。

また、右下の「カードを編集」を選択すると、広告の位置を設定できます。「ここなら邪魔にならないから表示させておこう」と思う位置に表示させましょう。

他には、背景画面の選択やお気に入りサイトの登録、気になるニュースのリサーチ機能、背景時刻の表示について変更できるので、自分の好きなようにカスタマイズできるでしょう。

④自動支援をオフにする

Braveの自動支援では、クリエイターをサポートするために毎月自動的にウォレットからBATが送られます。自動支援を行いたくない場合は、「消去する」をクリックしましょう。

ただし、MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットを登録していない限り、自動支援されることはありませんので、安心して利用しましょう。

⑤普段通りにネットを使う

ここまで設定すれば、あとは普段通りにネットを使うだけでお金を稼ぐことができます。

現時点で5回程度、Brave上で検索していますが、0.028BAT(約1円)稼げています。背景画像もとても高画質でキレイなので、新鮮な気持ちになりますね。

また、広告は「背景画面」、「ポップアップ」、「ニュース一覧」の3か所にランダムで表示されます。

Google Chromeを利用するように、日常的にBraveを利用し、コツコツとお金を貯めていきましょう。

⑥BraveとbitFlyerを連携させる方法【換金するための準備】

手に入れたBATを換金するには、BraveとbitFlyerを連携する必要があります。

まだbitFlyerの口座を開設していない方は、bitFlyer公式ページから登録を済ませましょう。

BraveとbitFlyerの連携手順は以下の通りです。

  1. Brave Rewardsにアクセス
  2. ウォレットサービスをbitFlyerに選択
  3. bitFlyerと連携

まずは、Braveホーム画面右側の「Rewards設定」をクリックします。

すると、画面が変わるので、右上の「ウォレット」を選択。

そして、「新しいウォレットを作成する」をクリックし、順番に手続きを進めていきましょう。

手続きを進めていくと、bitFlyerの認証画面が表示されるので、「許可」をクリックすると連携完了です。

⑦スマホでもビットフライヤーと連携・同期する

日常的に利用するのはスマートフォンだと思うので、最後にスマートフォンでもbitFlyeと連携しておきましょう

2022年11月時点で、iOS版では報酬を受け取ることができません。

Android版のみ「BAT」と「ウォレット」に対応しています。

連携方法に関してはPC版とほとんど同じなので、ここでは細かい説明を省略します。

スマホでbitFlyerと連携できれば、続いてPCとスマホも同期しておきましょう

Braveブラウザと3つの主要ブラウザとの比較

Braveブラウザと他のブラウザを比較すると、どのような違いがあるのでしょうか?

ここではBraveブラウザと有名ブラウザ3つを比較していきます。

  1. Google Chrome
  2. Safari
  3. Firefox

Google Chromeとの比較

Google Chromeのシェア率は驚異の77%と、シェア率第1位に位置している世界的に有名なブラウザです。

BraveとGoogle Chromeの違いは以下の5つ。

  1. 広告の有無
  2. ページの読み込み速度
  3. バッテリーの消費速度
  4. 通信料
  5. 翻訳機能

ページの読み込み速度、バッテリーの消費速度、通信料においてはBraveが上ですが、Braveには翻訳機能がなく、この部分において不便です。

また、BraveはGoogle Chromeと同じオープンソースを利用しているので、基本的な操作は同じです。

そのため、Braveをメインで利用しても、操作に慣れるのは時間の問題でしょう。

上記の違いを総合的に見ると、Braveの方が利用メリットが多いように感じますね。

Safariとの比較

Safariのブラウザシェア率は約9%と、Google Chromenに次ぐシェア率を誇っています。

SafariはApple製品とWindowsのみ対応しています。

一方、BraveはMacやiPhone、Windows、Androidなど、幅広い機種に対応しています。

また、検索エンジンについては、SafafiがGoogle、Yahoo、Bingなどに対応しており、BraveはGoogle、Yahoo、Bingに加え、DuckDuckGoも利用可能です。

Braveで検索エンジンを切り替えるのはとても簡単なので、様々な検索エンジンを使いたい時はBraveがおすすめです。

Firefoxとの比較

Firefoxはブラウザシェア率約8%と、シェア率3位に位置しています。

Braveブラウザには、CPUが何らかの処理を行う時に使う作業用メモリであるRAMを、大量に消費するというデメリットがあります。

Braveには広告ブロック機能などのさまざまな機能が搭載されているので、RAMの大量消費に繋がっています。

さまざまな機能が標準搭載されていることは、確かに利用するメリットが大きいのですが、一方でこのようなデメリットもあるのです。

とはいえ、高速処理や広告ブロック機能、通信費の制限など、Braveを利用するメリットの方が多いでしょう。

Braveブラウザの利用についてのよくある質問

最後に、Braveブラウザの利用についてよくある質問に解答していきます。

どうして仮想通貨がもらえるの?

従来の広告では、広告出向者であるサイト運営者のみ得をするシステムでした。

一方、Braveブラウザでは、広告出稿者に回るお金が私たち閲覧者にも行き届くようなシステムを採用しているためです。

BraveブラウザはスマホでもBATを貯められるの?

BraveブラウザはスマホでもBATを貯めることができます

しかし、ウォレットや仮想通貨BATに対応しているのは、Android版のみです。

iOS版ではBATを貯めることができないので、注意しておきましょう。

Braveブラウザに連携できるデバイス数は?

これまで、Braveブラウザに連携できるデバイス数は最大4つまでと制限されていました。

しかし、現在はこの上限が撤廃されているので、無限に連携できるようになりました。

貯まったBATが付与されるタイミングは?

特に決まったタイミングはありませんが、Brave Rewardsの設定をオンにしてBraveブラウザを利用していれば自然と付与されます

Braveブラウザの評判と口コミまとめ

Braveブラウザの評判と口コミまとめ

この記事では、Braveブラウザの評判や口コミ、Braveのメリット、Braveの利用方法などをご紹介してきました。

Braveブラウザは広告ブロック機能が搭載されており、処理速度が速く、バッテリーや通信費まで節約できます。

あえて広告を付けることで、その報酬として仮想通貨BATを獲得できるBrave Rewardsシステムも導入しています。

また、Braveブラウザは、他のブラウザに比べて利便性が高く、安全面においても確保されています。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳