【M2E】Calo Run(カロラン)とは?特徴や始め方・遊び方などわかりやすく説明!

ふえちゃんプロフィール画像
 
ピーツィーさん!BNBチェーンでおすすめな最新のM2E系のゲームはありますか?  


ピーツィプロフィール画像
ピーツィ
Calo Run(カロラン)がおすすめですよ!

 

この記事ではBNBチェーン上に構築されたM2E系のブロックチェーンゲーム『Calo Run(カロラン)』について書いてあります。

 

この記事では以下のようなことが分かります。
  1. そもそもCalo Run(カロラン)ってなに?
  2. これだけは知っておきたい主な特徴
  3. Calo Run(カロラン)の内容・始め方

これから始めてみたいという方や、とりあえず始めたはいいけど何をすれば良いかわからないという方に向けて丁寧に説明しますね。

最後まで読んでみて、理解が深まったら是非一度試してみましょう。

 

Calo Run(カロラン)とは?基本情報を説明します!

ゲームタイトル Calo Run(カロラン)
公開日 2022年5月27日 日本時間23時~
ジャンル Move to Earn
ゲーム内トークン
  • FIT(ゲームトークン)
  • CALO(ガバナンストークン)
プラットフォーム BNBチェーン
公式サイト https://calo.run/
ホワイトペーパー https://docs.calo.run/app/

Calo Run(カロラン)は、BNBチェーン上で開発されたM2E系ブロックチェーンゲームです。

アプリを起動し歩くことでゲーム内のトークンを稼ぐことができる「Move to Earn」の仕組みを採用しており、ゲームの内容自体はM2Eの先駆けとも言える「STEPN(ステップン)」とよく似ています。

しかし、STEPN(ステップン)は初期費用が15万円程度かかるのに対し、現在Calo Run(カロラン)のNFTスニーカーの平均価格は50,000円程度と安くなっています。

さらに、今後の展開ではメタバース・AR空間への機能拡充を計画しているといい、M2E系ゲームの汎用性の向上に期待ができます。

Calo Run(カロラン)の知っておきたい特徴3選

ここでは、「これだけは知っておきたい」という3つの特徴をピックアップして紹介します。

ピーツィプロフィール画像
ピーツィ

理解しておいて損はない情報なので、是非抑えておきましょう!

  • 特徴1:BNBチェーン上に構築された「M2E」ゲーム
  • 特徴2:STEPNに似た仕様
  • 特徴3:ゲーム内トークンは2種類

特徴1:BNBチェーン上に構築された「M2E」ゲーム

Calo Run(カロラン)はBNBチェーン上に構築されたゲームです。

BNBチェーンとは?
世界最大の取引高を誇る仮想通貨海外取引所「BINANCE(バイナンス)」によるブロックチェーンです。2022年2月にバイナンス・チェーンとバイナンス・スマート・チェーンが統合され、BNBチェーンがとして新たに誕生しました、仮想通貨取引の際に発生するガス代(取引手数料)が安いという特徴があります。

 

 

BNBの特性を活かし、Calo Run(カロラン)はアプリ内のNFTマーケットでの価格を抑えることに成功しています。

特徴2:STEPNに似た仕様

Calo Run(カロラン)はSTEPN(ステップン)の仕組みに非常によく似ています。

  • プレイするためにはNFTスニーカーを購入する必要がある
  • NFTスニーカーには4つの属性がある
  • NFTスニーカーを装備して歩くことでトークン獲得

基本的にはM2Eの仕組みはP2E(Play to Earn)に比べると「動く」に限定されるため、似たような内容になるのは仕方がないことかもしれません。

しかし、今後のCalo Run(カロラン)のロードマップではメタバース・AR空間への機能拡充を視野に入れていると発表しています。

M2E系ゲームも新しい技術との組み合わせで特徴に違いを出すようになれば色々と楽しみが増えますね!

特徴3:ゲーム内トークンは2種類

Calo Run(カロラン)には2種類のゲーム内トークンが登場します。

CALOトークン:ガバナンストークン

FITトークン:ユーティリティトークン

分散型取引所でであるPancakeSwapで売買可能で、ゲーム内でも手に入れることができます。

Calo Run(カロラン)の内容を説明

  • 2つのゲームモード
  • 4種類のスニーカー

2つのゲームモード

Calo Run(カロラン)には、以下の2つのゲームモードが存在します。

  • シングルモード
  • チームチャレンジモード

それぞれの特徴をまとめましたのでご覧下さい。

ゲームモード 特徴

シングルモード

NFTスニーカーを装備して移動するとFITトークンを獲得。持っているNFTスニーカーの量でスタミナが変わる。5分歩くとスタミナが1なくなり、0になるとトークンが獲得できなくなる。移動中、ガチャボックスを拾えることがある。週チャレンジ、月チャレンジが存在する。

チームチャレンジモード

プレイヤー同士でチームを組んで対戦する。

一定期間のチームでの合計距離を競い、勝者は限定のNFTスニーカーを獲得できる。

 

4種類のスニーカー

Calo Run(カロラン)のNFTスニーカーについて説明します。

NFTスニーカーの能力を数字で表したものが「Attribute(能力値)」としてステータス化されており、以下の4つの属性で構成されています。

属性 特徴
Performance この数値が高いと獲得できるFITトークンが多くなる。
Luck この数値が高いとガチャドロップの確率が上がる。
Speed この数値が高いと獲得できるCALOトークンが多くなる。
Recovery この数値が高いと靴の耐久性が上がる(修理回数を減らせる)

また、そのほかにも「Walker・Jogger・Runner・Trainer」の4タイプで自分に適したモード選択ができます。

さらにNFTスニーカーではレアリティも用意されているので、コレクションとして楽しむこともできます。

 

Calo Run(カロラン)の始め方を3STEPで説明

Calo Run(カロラン)始めるには以下の3つのSTEPで進めます。

  • STEP1:アプリダウンロード&起動
  • STEP2:メールアドレスを登録
  • STEP3:ウォレットの作成とアプリ連携

STEP1:アプリダウンロード&起動

Calo Run(カロラン)アプリをスマートフォンにダウンロードします。

iOSとAndroidに対応しており、無料でダウンロードできます。

ダウンロードが出来たらアプリを起動しましょう。

STEP2:メールアドレスを登録

アプリ起動後、トップページの右のログイン画面が表示されます。

任意のメールアドレスを入力する欄が現れるので記入しましょう。

次に「Send Code」をタップします。すると、入力したメールアドレスに認証コード届くので確認しましょう。

コードを入力した後「LOG IN」をタップすればCalo Run(カロラン)のアカウントが作成されログインできます。

STEP3:ウォレットの作成とアプリ連携

ログイン後、Calo Run(カロラン)のアプリ専用のウォレットをつくりましょう。

アプリ内の「マーケット」を選択し、続けて「CREATE A NEW WALLET」をタップします。

  • ウォレットパスワードの決定
  • 提供されたバックアップフレーズ12個の確認手続きを

以上の2つの項目を行います。バックアップフレーズはとても重要です。他の人にバレない方法で必ず残しておきましょう。

以上で、Calo Run(カロラン)で遊ぶ準備が整いました。

あとはNFTマーケットプレイスにて専用のNFTスニーカーを購入すればゲームで遊べます。

関連コミュニティ一覧

公式の最新情報に乗り遅れないようにコミュニティはいつもチェックしておきましょう。

コミュニティ URL
Twitter https://twitter.com/AppCalo
Telegram group https://t.me/caloapp
Instagram https://www.instagram.com/caloappvn/
Youtube https://www.youtube.com/channel/UCoSkHLD97-rSElS_6fqF1NQ
Facebook https://www.facebook.com/calometaverse

今回の記事のまとめ

いかがでしたか?

今回はCalo Run(カロラン)について基本情報や特徴・始め方まで紹介しました。

■まとめると以下の通り

  • BNBチェーン上に構築されたM2E系ゲーム
  • 内容はSTEPNに似ている
  • 今後はメタバースなどにも関わってる予定

今後もGameFi研究所ではCalo Run(カロラン)について追いかけて最新の情報を紹介していきます!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳