Tribalpunk(トライバルパンク)とは?始め方や遊び方・稼ぎ方など徹底解説

RPG系のNFTゲーム「Tribalpunk(トライバルパンク)」ってどんなゲーム?収益性は期待できるの?

このような疑問を解決します。

TribalpunkはSNSを中心に最近話題になり始めている注目のNFTゲームです。

実際にTribalpunkで利益を上げている人も出てきており、7月7日には正式版がリリースされました。

今回は、そんなTribalpunk(トライバルパンク)の概要や始め方を解説していくので、先行者利益を狙いたい方はぜひ参考にしてください。

Tribalpunk(トライバルパンク)とは?基本概要や特徴を解説

ゲーム名称

Tribalpunk(トライバルパンク)
対応チェーン BSC(バイナンススマートチェーン)
正式リリース日 2022年7月7日
仮想通貨 ANTA・SO
対応機種 PC・ios・Android
公式サイト https://www.tribalpunk.io/

Tribalpunkはメインヒーロー1体と仲間のキャラクター(コンパニオン)4体の計5体編成で敵を倒していくRPG系のNFTゲームです。

戦闘はオートバトルになっているため、ゲームが苦手な人でも放置するだけで自動的にステージを進められます。

6月10日からはベータ版のテストプレイが開催され、正式リリースに先立ってTribalpunkをプレイできます。

7月7日にはしっかり正式版がリリースされ、今後さらに盛り上がっていくことが予想されています。

10,000円以下の初期投資で始められる【2022年7月現在】

Tribalpunkを始めるためには、4体のキャラクターNFT(コンパニオン)を購入する必要があります。

2022年7月5日時点のコンパニオンの最低価格は1体あたり約130円です。

つまり、最安価格で4体そろえると、約520円ほどの初期投資で始められます。

他のNFTゲームでは1万円以上の初期費用がかかることも珍しくないので、Tribalpunkはかなり参入障壁の低いゲームだといえます。

ゲーム内通貨は$ANTAと$SOを使用

Tribalpunkのゲーム内通貨は、ANTAとSOの2種類です。

それぞれの概要は以下のとおり。

 

ANTA

SO

トークンモデル

ガバナンストークン

報酬トークン

使用例

キャラクターNFTの購入

キャラクターの強化

発行枚数

1,000,000,000

無制限

ANTAはTribalpunkのガバナンストークンであり、コンパニオンなどのNFTの購入に使用します。

SOはゲーム内の報酬としてもらえるトークンで、キャラクターの強化などに使用可能です。

キャラはレア度の高さで強さや価格が決まる

キャラクターNFTであるコンパニオンは、レア度に応じて強さや価格が決まっています。

レアリティはコモン・エリート・レジェンダリーの3段階となっており、それぞれの強さは以下のとおりです。

レアリティ スターの初期値 最大レベル
コモン 1 30
エリート 2または4 180
レジャンダリー 4 240

スター(星の数)やレベルが高いほどコンパニオンは強くなるため、ゲームを有利に進めやすくなります。

なお、一番レア度の高いレジェンダリーの最安値は、7月5日時点で約4,000円です。

資金に余裕があって他のプレイヤーと差をつけたい場合は、レジェンダリーのコンパニオンを購入するのもアリでしょう。

Tribalpunk(トライバルパンク)の遊び方

Tribalpunkには、次の2つのゲームモードがあります。

項目
  • キャンペーンモード
  • アイドルモード

それぞれ解説していきます。

キャンペーンモード

キャンペーンモードは、キャラクターを編成してバトルを繰り返すことで報酬がもらえるゲームモードです。

バトルは基本的に自動で進みますが、パーティー編成には戦略性が必要になるので、しっかりやりごたえも感じられるゲームとなっています。

また、バトルを有利に進めるには、コンパニオンの強さも重要です。

最初に強いコンパニオンをそろえている人は敵を倒しやすくなるので、キャンペーンモードのプレイをおすすめします。

アイドルモード

アイドルモードは、強いコンパニオンを持っていない人におすすめのゲームモードです。

アイドルモードではコンパニオンを強化できるので、投資金をあまり用意できない人でも、強いコンパニオンを目指して育成できます。

また、アイドルモードを長くプレイするほど報酬も増えていくので、時間をかけてでも利益をしっかり得たい人におすすめです。

資金が足りなくてキャンペーンモードに参入できない場合は、アイドルモードでコンパニオンを育成しましょう。

Tribalpunk(トライバルパンク)始め方【10ステップ】

Tribalpunkを始めるまでの手順は、以下のとおりです。

  1. GMOコインの口座を開設してBTCを購入する
  2. Binance(バイナンス)の口座開設をする
  3. GMOコインからBinanceにBTCを送金する
  4. BinanceでBTCからBNBを交換する
  5. MetaMaskにBNBを送金する
  6. MetaMaskをPancakeSwapに接続してANTAトークンに交換する
  7. ANTAトークンでNFTを購入する

手順が多いように感じるかもしれませんが、1つ1つの作業はとても簡単です。

順番に進めていきましょう。

1. GMOコインの口座を開設してBTCを購入する

Tribalpunkを始めるのに必要なANTAは、2022年7月時点で国内取引所では取扱いがありません。

そのため、まずは国内取引所でBTCを購入し、海外取引所に送金する必要があります。

国内取引所の中でも特におすすめなのはGMOコインです。

GMOコインでは入金手数料が無料となっているので、口座を開設してBTCを購入しましょう。

2. Binance(バイナンス)の口座開設をする

続いて、海外取引所のBinanceの口座を開設します。

Binanceは世界トップの取引所であり、多くの人が利用しています。

Binanceでは、ANTAを購入するために必要なBNBを購入できるので、口座を持っておいて損はありません。

まだ口座を持っていない方は、今のうちに開設しておきましょう。

3. GMOコインからBinanceにBTCを送金する

次に、GMOコインで購入したBTCをBinanceに送金します。

ウォレットアドレスや数量を間違えないように入力し、送金をおこなってください。

なお、送金ミスをするのが怖い方は、少額のテスト送金から始めてみるのがおすすめです。

4. BinanceでBTCからBNBを交換する

BinanceにBTCを送金できたら、次はそのBTCをBNBに交換します。

Binanceのトップページを開いて「Binance Convert」をクリックしてください。

交換画面が出てきたら、振替元をBTC、振替先をBNBに指定し、数量を入力して交換を完了させましょう。

5. MetaMaskにBNBを送金する

次に、BNBをMetaMask(メタマスク)に送金します。

MetaMaskにBSCネットワークが入っていない方は、「ネットワークの追加」から以下の情報を入力して設定しましょう。

ネットワーク名

Binance Smart Chain

新しいRPC URL

チェーンID

56

通貨記号

BNB

ブロックエクスプローラーのURL(任意)

 

BSCネットワークが追加されたら、MetaMaskのアドレスをコピーします。

Binanceを開き、ウォレットから「フィアットと現物」をクリックします。

BNBの項目から「出金」をクリックしてください。

BNBの出金ページが出てくるので、MetaMaskのアドレスを貼り付け、金額を入力して「出金」をクリックしましょう。

MetaMaskにBNBが着金すれば、送金は完了です。

6. MetaMaskをPancakeSwapに接続してANTAトークンに交換する

続いて、MetaMaskをPancakeSwapに接続して、BNBをANTAトークンに交換します。

PancakeSwapの公式サイトにアクセスし、「Connect Wallet」をクリックしてください。

MetaMaskを選択して、接続をおこないましょう。

MetaMaskの接続が完了したら、次はANTAトークンのインポートをおこないます。

「Trade」から「Swap」を選択し、振替先のトークンをクリックしてください。

検索欄でANTAを入力し、「Import」をクリックしましょう。

同意事項が出てくるので、チェックを入れて「Import」をクリックしてください。

インポートが完了したら、BNBをANTAに交換します。

振替元をBNB、振替先をANTAに設定し、数量を入力して「Swap」をクリックしましょう。

なお、BNBはガス代として使用するので、すべて使い切らないようにしてください。

スワップの手続きを進めていくとMetaMaskが起動するので、ガス代をチェックして問題なければ「確認」をクリックしましょう。

①メタマスクにANTAのデータを同期させる

ガス代を承認して「確認」をクリックすると、「Add ANTA to Metamask」と表示されるのでクリックします。

「トークンの追加」が出てくるのでクリックすると、ANTAトークンがMetaMaskに自動で同期されます。

7. ANTAトークンでNFTを購入する

MetaMaskにANTAトークンが反映されたら、いよいよNFTの購入に移ります。

Tribalpunk公式サイトにアクセスし、「MARKETPLACE」をクリックしてください。

「CONNECT WALLET」をクリックし、MetaMaskを接続させましょう。

ここまで終われば、あとは好きなNFTキャラを購入してゲームを始めるだけです。

左端のFilter機能を使えば、価格やレア度などの条件を絞って検索できます。

Tribalpunk(トライバルパンク)の稼ぎ方

Tribalpunkでは、以下のゲームプレイで稼ぐことができます。

  • クエスト
  • ミスティックタワー
  • シャドウハント
  • アリーナ

それぞれ解説していきます。

クエスト

Tribalpunkには、以下の3つのクエストが用意されています。

項目
  • デイリークエスト:1日以内にクリアすると報酬がもらえる
  • ウィークリークエスト:1週間以内にクリアすると報酬がもらえる
  • キャンペーンクエスト:一定期間内にクリアすると特別な報酬がもらえる

 

報酬はゲーム内通貨の「SO」となっており、出金も可能です。

ミスティックタワー

ミスティックタワーは、100階建てのタワーを攻略して登っていくゲームモードです。

タワーの数は3種類あり、それぞれ特定の派閥のキャラクターを配列して挑む必要があります。

階層が上がるほど敵も強くなっていきますが、その分報酬も豪華になるのが魅力的です。

入場制限はなく、タワーは毎月ごとにリセットされる仕様となっています。

シャドウハント

シャドウハントは、ネメシスと呼ばれる敵キャラと戦い、シャドウコインを獲得するゲームモードです。

ネメシスに与えたダメージ量が多いほど、より多くのシャドウコインを獲得できます。

また、毎日違うネメシスが出現するため、戦況によって使用するキャラを変更するなどの工夫が必要です。

報酬として手に入れたシャドウコインは、装備が入っている箱と交換できます。

アリーナ

アリーナは、他のプレイヤーと対戦する「PvPモード」です。

バトルに勝つほどレーティングも上昇していき、より多くの報酬を獲得できます。

1シーズンは2週間となっており、毎日のデイリー報酬と、2週間ごとのシーズン報酬が手に入ります。

なお、最初の2回までは無料で挑戦できますが、3回目からはアリーナチケットの購入が必要です。

Tribalpunk(トライバルパンク)の評判や口コミ

ここでは、Tribalpunkの評判や口コミを紹介していきます。

Twitter上の良い口コミと悪い口コミをそれぞれ分けて紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

良い口コミ

 

 

TribalpunkはTwitterでも話題になっており、一定の人気を集めています。

NFTゲームは参入するユーザーがいてこそ成り立つため、SNSでの盛り上がりはとても重要なポイントです。

多くのユーザーがゲームに参加すれば、トークン価格が上昇し、プレイヤーの稼ぎも増える傾向にあります。

また、Tribalpunkは戦略性が高く、ゲーム自体がおもしろいという口コミも目立ちました。

キャラクターや装備によってさまざまな戦略をとれるので、やりこみ要素が十分あります。

飽きずにプレイできるTribalpunkは、長続きする可能性が高いNFTゲームだと言えるでしょう。

悪い口コミ

 

Tribalpunkの悪い口コミはほとんど見当たりませんでしたが、唯一あったのが「正式リリース後の調整」です。

Tribalpunkは7月7日に正式リリースを迎え、それに伴って敵キャラが強化されました。

ベータ版の先行プレイをしていた人にとっては、先行者利益が少なくなる調整だったと言えます。

しかし、これから参入するユーザーにとっては、先行者の売り圧を抑えられる良い調整となりました。

今から参入しても稼げるチャンスは十分あるので、Tribalpunkが気になっている方はぜひ始めてみましょう。

 

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳