【ヒカル】PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)とは?始め方や稼ぎ方・ゲーム内容など徹底解説

日本発で規模の大きいBCG(ブロックチェーンゲーム)を探しているなら、

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)がおすすめです。

PROJECT XENOは大人気YouTuberのヒカル氏がアンバサダーに就任したことで今大注目されている日本発のBCGです。

当記事ではPROJECT XENOの始め方や稼ぎ方、ゲーム内容を分かりやすく解説しています。

PROJECT XENOについてお調べ中の方や日本発のBCGをサーチしていた方々にとって有益な情報となれば幸いです。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)とは

PROJECT XENOはCROOZ Blockchain Lab株式会社が開発する戦略対戦ゲームです。

GameFiとe-Sportsの要素も兼ね備えており、プレイヤーは暗号資産を稼ぎながらゲームを楽しむことができます

2023年のゲームローンチを予定していますが、NFTオークションなどは既に開催されており、大きな盛り上がりを見せています。

CROOZ Blockchain Lab株式会社は日本発のBCG開発会社

CROOZ Blockchain Labは日本発のBCG開発会社です。

最近では、フィジタルファッションメタバース「SWAGGA」を運営するBlocverse Daoと戦略的パートナーシップを結んだことが話題となりました。

GameFiとe-Sportsの要素を兼ね備えている

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)とはGameFiとe-Sportsの要素を兼ね備えているNFTゲームです。

GameFiは「Game」と「Finance」を組み合わせた造語です。

BCG(ブロックチェーンゲーム)のゲームとしての側面と金融としての側面を表しています。

e-Sportsは「Electronic Sports」の略で、ビデオゲームをスポーツとして捉えた際の名称です。

近年は高い人気スポーツジャンルとなっており、国際的な大会や賞レースなどが開催されています。

マルチチェーンネットワーク

トークンやNFTは通常、1つのブロックチェーンネットワークで流通します。

マルチチェーンはいくつものブロックチェーンネットワークを網羅した概念となります。

マルチチェーンネットワークが実装されるWeb3.0プロダクトは増えています。

PROJECT XENOはBSC(BNBスマートチェーン)、ポリゴンネットワーク、イーサリアムネットワークを利用できるマルチチェーンネットワークプロダクトです。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のゲーム内容

PROJECT XENOはアリーナ戦などで対戦相手に勝利して稼いでいくBCGです。

重要になるのはNFTキャラクターのステータスと戦略的配置、スキルカードの使用です。

NFTキャラクターは装備を付けることで、バフ(属性値強化)効果や見た目変化などを加えることができます。

また戦闘を優位に進めるにはスキルカードの使用が重要になってきます。

NFTキャラクター

NFTキャラクターには6つのクラス(種類)と40以上のパッシブスキル(通常スキル)が用意されています。

中には収益率の高いジェネシスキャラクターや限定キャラクターなどが存在します。

NFTキャラクターを保有することで、PROJECT XENOでP2Eが開始できます。

装備

装備には武器、アクセサリー、衣装(スキン)が用意されています。

装備はアリーナの商品などでも入手できます。

スキルカード

スキルカードを使用することでバトル中のキャラクターステータスが上がります。

スキルカードはレベルアップすることもできます。レベルアップに必要な枚数を集めましょう。

スキルカードの種類は攻撃スキル、術スキル、召喚スキルです。それぞれ効果に特性があり、カードを使用することでバトルを優位に進めることができます。

ユニークなのは召喚スキルカードです。自分が保有するNFTキャラクター以外に様々なユニットを陣地に配置することができます。

装備などと同じく、スキルカードはアリーナバトルやマーケットプレイスで入手することができます。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方

ここではPROJECT XENOをプレイ開始するまでのプロセスを解説します。

まだプロダクト正式ローンチ前ということで、ゲーム開始プロセスの詳細は明らかにされていません。しかし、オークション開催などでのNFT入手方法は分かってきました。

PROJECT XENOはマルチチェーン対応予定ですが、現段階でBSCを利用したマーケティングを進めています。NFTオークションで使用された暗号資産も$BUSDです。

また、ガバナンストークンである$GXEを保有することで、特典が得られる可能性があることも分かりました。当初より、$GXEの保有を検討しましょう。

  1. 国内取引所/MEXC口座開設
  2. 国内取引所で送金用通貨購入
  3. MEXCへ送金
  4. MEXCで$GXE、$BUSD、$BNB購入
  5. メタマスクインストール
  6. メタマスク入金
  7. 公式サイトへウォレット接続
  8. NFTオークション/NFT販売参加※予定

国内取引所/MEXC口座開設

まずは、プロジェクトエントリーに必要な暗号資産を購入する必要があります。プロジェクトで使用される銘柄は国内取引所では購入できません。

暗号資産を初めて購入されるという方は、国内の取引所と海外取引所(MEXC)の口座を開設しましょう。

国内取引所は各種手数料が安いところを選択しましょう。おすすめはGMOコイン、DMMビットコイン、コインチェックです。

MEXCはプロジェクトで使用される$GXEのトレードができる海外取引所です。

\コインチェックの公式サイトはこちらから/

コインチェック

国内取引所で送金用通貨購入

海外取引所(MEXC)への送金用通貨を購入します。おススメは$XRPです。国際送金に特化した暗号資産です。非常に送金が速く、市場のボラティリティリスクを最小限にヘッジすることができます。

MEXCへ送金

PROJECT XENOで使用されるトークンは当初$GXE、$BUSD、$BNBです。国内の取引所では購入できませんので、海外取引所(MEXC)へ暗号資産($XRP)を送金し、$XRPと交換します。

MEXCで$GXE、$BUSD、$BNB購入

$XRPを$GXE、$BUSD、$BNBに替えます。

$BNBはBSCのガス代として使用されるので余裕をもって購入しておきましょう。BSCはガス代が安いので、0.05枚程度あれば十分です。※任意

PROJECT XENOのオークションへは$50BUSDで参加できました。次回はどうなるか分からないので、運営の発表を待ちましょう。より優位にプロジェクトに関わりたい場合、$GXEを保有してインセンティブを得ましょう。オークション時は$5,000GXEの保有で特典がありました。

メタマスクインストール

PROJECT XENOでプレイを開始するには、ウォレット接続が必要となります。

公式サイト:https://metamask.io/ からメタマスクをダウンロードして下さい。

ウォレット作成の際のパスワード、リカバリーフレーズの保管は十分注意しましょう。漏洩するとウォレット内資産が盗まれる可能性があります。

メタマスクがインストールできたら、日本語設定、BSCの追加設定をして下さい。日本語設定は任意ですが、操作しやすくなるのでおススメです。

やり方は簡単です。Settings⇒General⇒言語を日本語にします。

BSCの追加設定は「設定」から「ネットワーク追加」を選択します。以下の項目/数値を入力して完了です。

  • ネットワーク名:BNB Smart Chain
  • 新しいRPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/
  • チェーンID:56
  • シンボル:BNB
  • ブロックエクスプローラーURL:https://bscscan.com

PROJECT XENOはマルチチェーン対応が予定されているということで、ポリゴンネットワークも追加しておきましょう。
※イーサリアムネットワークはデフォルトでメタマスクで使えるようになっています。

  • ネットワーク名:Polygon
  • 新しいRPC URL:https://polygon-rpc.com
  • チェーンID:137
  • シンボル:MATIC
  • ブロックエクスプローラーURL:https://polygonscan.com/

メタマスク入金

MEXCからメタマスクへ入金します。ネットワークがBSCであることを確認して下さい。

出金先アドレスはメタマスクからコピー&ペーストしましょう。

また、多額の資金を送金する際は当初、少額でのテスト送金をおススメします。

公式サイトへウォレット接続

オークションではウォレット接続がありましたが、Dapps(分散型アプリ)ローンチ後はアカウント設定/接続となるかも知れません。テストプレイで確かめましょう。

NFTオークション/NFT販売参加※予定

PROJECT XENOは2023年の正式ローンチです。まだまだNFTを入手する機会があると思います。

2022年10月のNFTオークションを逃した方も、MEXC口座開設やメタマスクインストール/設定などは済ませておきましょう。 

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の稼ぎ方

PROJECT XENOでは主にアリーナバトルとチャンピオンシップトーナメントで稼いでいくことになります。

稼ぐトークンは$UT(ユーティリティートークン)と$GXEです。$UTの名称は決定していません。

通常の報酬は$UTです。$GXEはアリーナ戦で条件を満たしたプレイヤーが稼ぐことができるようになります。

報酬を最大化するためには、対戦モードの攻略がカギとなります。

準備フェーズ、バトルフェーズ、育成フェーズをしっかり理解して、バトルを攻略していきましょう。

準備フェーズ(戦略)

対戦準備はキャラクターの特性を考慮して陣形を作ります。

プレイヤーは3体のNFTキャラクターを最適な位置にポジショニングさせます。

スキルカードも準備フェーズで設定します。キャラクターごと4枚のスキルカードをセットできます。スキルカードはゲームローンチ当初50種類を予定しています。後に、100種類以上になるとされています。

バトルフェーズ(戦術)

バトルはエナジーシステムを採用しており、エナジーが回復しないとアクションが起こせません。エナジーはターンごとの自動回復、スキル使用による回復が可能です。

育成フェーズ

バトルで勝利するとキャラクターとスキルを強化するアイテムが手に入ります。

NFTキャラクターを育成、強化することで収益は増えていきます。

また、スキルを育成することでスキル効果の向上が見込まれます。スキルはバトルに大切な要素なので、積極的に強化していきましょう。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)に関するFQA

無料プレイはできる?

P2EにはNFTキャラクターが必須となります。

無料プレイは今のところ準備されておりません。

スマホ対応は?

PCとスマホでプレイ可能です。

マーケットプレイスは?

実装予定です。NFTキャラクターの他、カードや装備などが売買できます。アリーナ戦などで入手したトレジャーからもアイテムは入手できます。不要なものはマーケットプレイスで売却するのも良いでしょう。

アプリ内ウォレットは?

アプリ内にウォレットが実装されます。プレイヤーはメタマスクを立ち上げることなく、NFTやトークン管理ができます。

日本語でプレイできる?

公式サイトは日本語表示に対応しています。ゲームプレイ画面がどうなるかは、αテストを見てからの判断となります。

まとめ

以上、日本初の大注目マルチチェーンBCG「PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)」について解説させて頂きました。

PROJECT XENOは、人気YouTuberであるヒカル氏のアンバサダー就任、ボクシング界のレジェンドであるメイ・ウェザー氏とのコラボで注目度が増しています。

まだ正式ローンチは先なので、NFTを入手できるチャンスはまだまだあると思います。

運営のSNS情報を逐次チェックしていきましょう。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳