MIR4(ミルフォー)とは?始め方や稼ぎ方・遊び方を徹底解説

  MIR4(ミルフォー)というゲームをご存じでしょうか? GameFi(ゲームファイ)が広く認知されるようになり、稼げるブロックチェーン情報を巡りいろんなゲームの情報が出てきました。そんな中で近頃話題に上がっているのかこのMIR4(ミルフォー)というゲームです。

  • MIR4(ミルフォー)ってどんなゲームなの?
  • 稼げるって聞いたけどホントなの?
  • 何が話題になっているの?

この記事を読めば主に上記のことがわかります。 ぜひ最後まで読んで、MIR4(ミルフォー)を一緒にプレイしていきましょう。

そもそもMIR4(ミルフォー)ってなに?基本情報を説明します。

ゲームタイトル MIR4(ミルフォー)
制作会社 Wemade Co., Ltd.
開発国 韓国
ジャンル MMORPG
公開日 2021年8月26日
対応機種 iOS 13.0以上 Android 6.0以上 Windows 8以上 ※現在Macは非対応
ゲーム内通貨・トークン DRACO(ドラコ)
初期費用 無料

MIR4(ミルフォー)は、韓国のWEMADE社が開発したMMORPGです。 韓国ではリネージュ、ラグナロク、黒い砂漠など、有名なMMOを数多く世に送り出しています。

MIR4(ミルフォー)の特徴について

内容的には、評判ではリネージュ2 レボリューションによく似ていると言ています。(スマホでも定番的なMMORPGの印象)ただし現状のボイス翻訳が韓国語のみになっており、ストーリーに入りにくいという難点があります。 (字幕はあるので内容の理解は問題ありませんし、チャットでは日本語・英語共に対応しております) そして、MIR4(ミルフォー)はゲーム内での課金もできますが、基本的には無料で遊ぶことが出来ます。  

MIR4(ミルフォー)はGameFiの仕様もある

  MIR4(ミルフォー)にはGameFi(ゲーム×金融)の仕組みが入っています。  

GameFiとはゲームに出てくるアイテムの一部がNFT要素をNFTマーケットプレイスなどで売買し通貨にかえるなどして利益を出していくという新しいゲームの形です。

さらにGameFiの仕組みを取り入れたゲームでは珍しく無課金から始めることができます。 GameFi(ゲーム×金融)の仕組みを採用した最も有名なブロックチェーンゲームと言えばAxie Infinity(アクシーインフィニティ)ですが、初期費用だけでも大体20万前後の金額がかかります。実はGameFiができるゲームでは割と普通です。 そう考えると無課金でもOKという点はかなりありがたいですよね。

MIR4(ミルフォー)はいろいろなデバイスで遊べる

  • iOS 13.0以上
  • Android 6.0以上
  • Windows 8以上 

上記の動作環境であれば、スマホ、タブレット、PCどれでも遊ぶことが出来ます。対応機種が多いのもメリットの一つですね。ただし、現在Macは非対応なのでMacで遊ぶ場合はBootstrapを使ってWindowsを動かすか、Androidエミュレータを使うという方法があります。

MIR4(ミルフォー)ではどういう仕組みで稼いでいくのか

このゲームで稼ぐ仕組みはいったってシンプル。
「黒鉄を集める」というただそれだけです。

あまりにもシンプルな仕組みなので、よく「MIR4(ミルフォー)は黒鉄を集めるゲーム」だと言われたりします。

そして黒鉄は、仮想通貨に換金するだけではなく、キャラクターに使う武器や防具の強化のためにも使うことが出来ます。

黒鉄を集めるということは、キャラクターを強くすることでもありお金を稼ぐことにも直結します。

つまり黒鉄を採掘するということは、仮想通貨のマイニングのようなもの。コインではですが、黒鉄を掘ることでゲーム内通貨のDRACOコインに変えるゲームです。

黒鉄を変換するには条件がある

 Lv40に達しないとコイン変換取引が解放されない

 

このゲームでは、Lv40まで黒鉄からDRACOに変換することが出来ません。

なかなか手間がかかりますが、頑張るしかありません。
Lv.40に達した場合のために、次は換金までの流れと必要なものを説明します。

黒鉄→日本円換金までの流れと必要な準備

黒鉄の換金方法

 

  1. 黒鉄
  2. DRACOコインに変換
  3. WEMIX CREDIT
  4. WEMIX 
  5. BTCなど
  6. 日本円

ポイントは、黒鉄をDRACOに換金するところまでかなと思うので説明します

DRACOの換金の際は以下のものを準備します。

  • 国仮想通貨取引所
  • 海外仮想通貨取引所
  • WEMIXウォレット
  • 「Google・apple・Facebook」いずれかのアカウント

正直多いですが、換金のため必要なので、頑張って用意しましょう。それぞれ解説していきます。

国内の仮想通貨取引所

■目的

最終的に日本円への換金に使います。一番優しいところだと、「コインチェック」だと思います。

無料で口座開設ができるので、この機会に作ってしまいましょう。

海外の仮想通貨取引所

■目的

  • ウォレットからWEMIXコインをBTC(ビットコイン)に変換する
  • 国内仮想通貨取引所に送金するのに使う

WEMIXウォレット

■目的

MIR4(ミルフォー)で遊んで取得した「DRACO」の保管で使用

以下のフロー時に使用

「DRACO⇨WEMIX CREDIT⇨WEMIXコイン」

WEMIXウォレットを登録ことで、MIR4(ミルフォー)内の「XDRACO」というシステムが使えるようになります。

「Google・apple・Facebook」のいずれかのアカウント

MIR4(ミルフォー)では、下記の3つのアカウントと連携できます。

  • Googleアカウント
  • appleアカウント
  • Facebookアカウント

この連携作業をすることで、取引所で黒鉄をDRACOに変換できるようになります。

MIR4(ミルフォー)を始めるには

MIR4(ミルフォー)は、始めるのが目的であればサイトへ登録作業などは一切必要ありません。アプリをダウンロードするだけで大丈夫です。ただし、ゲームで稼いだ通貨を換金する際には、ウォレットを用意したり指定サイトへの登録が必要になることがある。

MIR4(ミルフォー)の遊び方概要

MIR4(ミルフォー)の遊び方についてですが、スマホMMORPGの定番とも言える「お使い&放置ゲー」です。

ただし、グラフィックはブロックチェーンゲームトップクラスで綺麗なのと色々な遊び方でのやり込み要素も多いのでのめり込む方も出てくるのではないでしょうか?GameFiでこれだけ高い完成度のゲームはそうありません。

MIR4(ミルフォー)での遊び方を5STEPで説明します。

  • ①職業を選ぶ
  • ②ストーリーモードで遊ぶ
  • ③サブクエストをクリアしていく
  • ④キャラクターを育てる
  • ⑤門派や飛天攻城戦といったイベントクエストをクリアしていく

①職業を選ぶ

MIR4(ミルフォー)では最初の設定決めとして男性と女性の2つの性別も選び、以下の4種類の中から職業を決めます。

■職業の種類

  • 戦士
  • 法師
  • 道師
  • 武士

②ストーリーモードで遊ぶ

MIR4(ミルフォー)ではメインストーリーを進めることが多いです。メリットとしてはストーリーを行うことでゲームの内容や遊び方を理解することが出来ます。よくアプリゲームにもありますよね。

③サブクエストをクリアしていく

MIR4(ミルフォー)には、メインストーリーの補填としてこなすとさらに内容を理解できるサブクエストがあります。

メインストーリーでは別のサブクエストの条件クリアしたら手に入るアイテムもあります。一つのやり込み要素といったところ。

④キャラクターを育てる

  • 戦闘
  • 採取
  • 採掘
  • 運気調息
  • 武器や防具の強化

MIR4(ミルフォー)では、上記のような多くの方法でキャラクターを育てることができます。

⑤門派や飛天攻城戦といったイベントクエストをクリアしていく

またMIR4(ミルフォー)は、たくさんのイベントや細かなシステムが存在します。

  • 門派
  • 飛天攻城戦
  • 秘境占領戦
  • 取引保護システム

例を挙げると上記4つなどです。

このようにMIR4(ミルフォー)では、稼ぐだけではなく、ちゃんとゲームとしても楽しめるようなコンテンツになっています。

MIR4(ミルフォー)での遊ぶ際の注意点

このゲームで遊ぶ際にいくつかの注意点がありますので説明します。

  • 結論、MIR4(ミルフォー)は稼ぎにくい
  • キャラクター強化に必要な黒鉄を収入源とするのは痛い
  • 換金のために海外の仮想通貨取引所の口座を作る必要がある

主に上記の3つです。それぞれ説明していきます。

結論、MIR4(ミルフォー)は稼ぎにくい

ここまで楽しめそうだと書いておいて申し訳ない意見なのですが、結論から言うと、現段階でのMIR4(ミルフォー)は、GameFiとしては稼ぎにくい部類に入るゲームだと思います。

  • MIR4(ミルフォー)で稼ぐためには何より「黒鉄」が必要
  • この黒鉄は、一日の獲得数に限りがある(ここが大きい)

そうです。1日に取得可能な黒鉄は、「100枚」までと決まっているのです。

これがどう言うことなのか、カンタンな計算をしてみましょう。

1枚=0.48ドル

100枚(上限)×0.48=48ドル

1ドル=100円だと考えて、

48ドル×100円=4800円

この計算だと、1日に稼げるのは最大でも「4800円」となります。

さらに言うと、仮想通貨の価値は毎日激しく上下に変動するため、一概に上記のような金額になるわけではありません。

 

黒鉄はキャラクター強化にも使うので辛い

ここまでの説明で、MIR4(ミルフォー)で稼ぐためには「黒鉄」を集めなければいけないことは分かっていただけたを思います。

その上で、黒鉄はキャラクターの武器や防具を強くするためにも必要なので、手に入れた黒鉄全部が換金できる訳ではないと言うのが辛いところ。単純に課金の制度のようなものです。

換金のためにはWEMIX Walletアプリが必要

海外の仮想通貨取引所の口座を作る必要がある

MIR4(ミルフォー)では、換金のためにWEMIX Walletアプリが必要です。

さらにゲームの通貨である「DRACO」は、現状日本の仮想通貨取引所取り扱いが残念ながらされていません。

なので、外の仮想通貨取引所の口座が必要です。

バイナンスやコインベースあたりがおすすめです。

以上がMIR4(ミルフォー)で遊ぶ際の注意点です。

 

MIR4(ミルフォー)の序盤でやっておいた方が良いこと

序盤のうちに知っておくと効率良くプレイできるので軽く説明します。

  • リセマラありません
  • 男のキャラであれば戦士か武士を選ぶ
  • 女のキャラなら法師か道士を選ぶ
  • 先にメインクエストをガンガン進める
  • サブクエストを補助的に進める

オートプレイで進める事ができるので、サクサクキャラクター作りまで終わって自動で進めるだけでも1日でLv.20にはいきます。キャラを作り終わったら、オートモードでひたすらクエストをクリアしましょう。(放置のキャラ狩りもやれば完璧です。)

ウォレット解放までの Lv40までの道のりはかなり長いです

兎にも角にも、このゲームの最初のゴールはLv40です。それくらい大変。ですがそこまで上げられれば、DRACOコインを集めながら遊ぶことが出来ます。1日回すと感覚ですが、課金ありで2〜3日、無課金であれば1〜2週間くらい掛かるかもしれないと思います。

まとめ

MIR4(ミルフォー)は、有名なMMORPGを数多く出している韓国発のゲームです。そしてブロックチェーンゲームの中でも稼げる仕組みを採用し、なおかつ高いクオリティーでゲームを楽しめることが出来ます。

専用のウォレットを用意したり、海外取引所で口座開設を行なったりとやることは多いですが、黒鉄を集め、DRACOコインに交換していくことで日本円に換金可能です。

しかし、稼げる稼げないで言えば稼げない部類のゲームです。ストーリーやサブクエストなど、仲間同士でも楽しめる要素が多いので、普通にゲームを楽しみつつ少額でもお金が入ればラッキーだと思うと良いかもしれません。

ですが他の初期費用がかかりがちなGameFiとは違って0円から挑戦ができると言うのは、感覚をつかみたい初心者の方にとっては大きなメリットだと思うのでぜひ一度チャレンジしてみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳