Decentraland(MANA)(ディセントラランド)ってなに?始め方や稼ぎ方を分かりやすく説明します!

Decentraland(ディセントラランド)

Decentraland(MANA)(ディセントラランド)を知っていますか?

2021年から起こったメタバースブームの中でも特に注目され、多くの企業がこのプロジェクトに投資したりと度々話題になっているので知っている人も多いかもしれませんね。

今回はこれから更に大きくなるであろうメタバース市場で要注目なDecentraland(MANA)(ディセントラランド)についてGameFiやP2Eと呼ばれるシステムや、プロジェクトの今後の展望まで説明していきます。

初心者の方でも記事を見たらチャレンジできるくらい分かりやすく書いていきますので是非最後までご覧ください。

Decentraland(MANA)(ディセントラランド)とは基本情報

ゲームタイトル Decentraland(ディセントラランド)
制作・運営 Decentraland Foundation
一般公開日 2020年2月20日
料金 登録・探索は無料
プラットフォーム イーサリアム
公式サイト https://decentraland.org/
ホワイトペーパー https://decentraland.org/whitepaper.pdf

Decentraland(ディセントラランド)とは「イーサリアム(Ethereum)」ブロックチェーンをベースとしたメタバース(仮想空間)プラットフォームです。

開発・運営を行うのはカリフォルニアを拠点とする非営利団体「Decentraland Foundation(ディセントラランド・ファウンデーション)」

この団体は、既に20を超える世界中の投資家からサポートを受けています。

2015年にEstenban Ordano氏とAri Meilich氏によって創設され、2020年に一般向けに公開されました。

Decentraland内はメタバースと言われる仮想空間です。

ユーザーはその中で土地(Land)を買ってアイテムやゲームといったコンテンツを作成し、マーケットで売買することが可能です。

また、これらのデジタル資産は全て「イーサリアム」で管理されており、仮想土地「LAND」の所有権を明確にしています。

LANDの所有者はLANDを利用してアイテムやコンテンツを作り、収益化することもできるという仕組みです。

ピーツィプロフィール画像
 

(土地)LANDの所有者はそれを利用してアイテムやコンテンツを作り、収益化もできるという仕組みですね。

Decentraland(MANA)(ディセントラランド)内のトークンについて

このゲームで使用されるトークンとについて説明します。

通貨名 マナ(MANA)
シンボル MANA
価格(2022年3月現在) 1MANA=約315.04円
時価総額(2022年3月現在) 約577億円
時価総額ランキング(2022年3月現在) 30位
国内取扱取引所(2022年3月現在) 国内取引所には未上場

表の通り、マナ(MANA)は国内取扱取引所では取り扱っておりません。

なのでDecentraland(MANA)(ディセントラランド)をやるためには、海外取引取扱が必要です。

おすすめの海外取引所は、以下の通りです。

  • Binance
  • Coinbase
  • OKEx 他

Decentraland(MANA)(ディセントラランド)の特徴

  • 仮想空間に通貨の概念を取り入れたメタバース(仮想空間)プラットフォーム

  • クリエイター向けの「ビルダーツール」でさまざまな創作

  • Play to Earnができる仕組み

仮想空間に通貨の概念を取り入れた仮想空間プラットフォーム

Decentraland(MANA)(ディセントラランド)はメタバースと仮想通貨を組み合わせてPCブラウザからアクセスする仮想空間です。

ユーザーは自分の仮想通貨ウォレットをディセントラランドに接続することによって、

メタバース内でアバター、土地、不動産、アートなど様々なアイテムを自由に売買することができます。

また、ディセントラランドでは既に老舗ゲーム開発企業「Atari(アタリ)」によって構築されたカジノである「Atari Casino」なども公開されています。

すなわち、ウォレットに保管している仮想通貨を使用してブラックジャックやルーレットなどのカジノゲームをプレイすることもできるようになっています。

クリエイター向けの「ビルダーツール」でさまざまな創作

ディセントラランドは、ゲームコンテンツやアイテムなどを構築したいクリエイター向けのビルダーツールである「Builder」や「The Decentraland SDK」を提供しています。

「Builder」はドラッグ&ドロップで利用可能なコーディングが必要なしのシンプルなビルダーツールです。

「The Decentraland SDK」はコードを記述することによってプロフェッショナルな作品を構築することができる自由度の高いビルダーツールとなっています。

Play to Earnの仕組みを採用している

ここでは需要のあるNFTのアイテムを手に入れたり、作成したりすれば、

ディセントラランドで遊びながら収益化する「Play to Earn」が可能です。メタバース上の土地「LAND」やアイテムなどのNFTは、ディセントラランド内のNFTマーケットでMANAを使うことで売買が可能です。

また、OpenSeaなどの外部のNFTマーケットに持ち出せばイーサリアムなど他の仮想通貨での売買も可能です。

Decentraland(MANA)(ディセントラランド)の始め方5ステップ

  • STEP1:PCとメタマスクの準備
  • STEP2:公式サイトにアクセス
  • STEP3:メタマスクと公式サイトを接続する
  • STEP4:アバター設定を行う
  • STEP5:名前とメールアドレスを登録

STEP1:PCとメタマスクの準備

必要なものはPCとメタマスクだけです。

メタバスクはグラフィックの処理が大きく容量を取ります。

なので可能な限りスペックのいいPCを使うことをオススメします。

ピーツィプロフィール画像
 

※通常のPCでも動作は可能ですよ

またメタマスクは仮想通貨のウォレット(財布)。

仮想通貨を保管する時や、ゲームアカウントを識別するためにも利用します。

仮想通貨がなくてもこちらの用意は必要となってきます。

STEP2:公式サイトにアクセス

 

次にディセントラランドのアカウント作成です。

下記のリンクから公式ホームページにアクセスしてGET STARTEDをクリックしてください。

ディセントラランド

STEP3:メタマスクと公式サイトを接続する

 

公式ページに行ったら、Playが出てくるのでクリックします。

その後、メタマスクを操作して、自分のウォレットを接続します。

するとサイトとウォレットの接続が完了します。

STEP4:アバター設定を行う

ディセントラランド内では、色々な服装や髪形を選択することができます。

せっかくなので、自分好みの独自のキャラクターを作成してみましょう。右下にある「DONE」で次に進みます。

STEP5:名前とメールアドレスを登録

 

次はユーザー情報の登録です。

  • ユーザーネーム
  • メールアドレス

この2点が入力できたら、NEXTをクリックしましょう。

規約が出てくるので同意をしてアカウント作成が完了します。

ピーツィプロフィール画像
 

難しい操作などはないので、ぜひ作成しておきましょう。

Decentraland(MANA)(ディセントラランド)遊び方3パターン

ディセントラランドの遊び方は主に下記の3パターンです

  1. Classic
  2. Event
  3. Crowded

ひとつひとつ解説していきます。

遊び方①:Classic

遊wンチでよく見かけるような施設が多くみられます。

ちなみに上記の画像は「DRAGON RUSH」というアトラクションのようなものです。

ドラゴンに乗って遊ぶアトラクションでした。

他にもさまざまな遊園地やアトラクションのようなものがあるようです。

いろいろ探索してみると新たな発見がありそうですね。

遊び方②:Event

企業開催のもの、個人開催のものなど多種多様にイベントが行われています。

企業の紹介の部屋やゲームとのコラボ的なものもありました。

遊び方③:Crowded

人の多いところに行ける機能です。

数字を見れば、そこにどれくらいいるのかわかるようになっています。

 

中に入ると、ICE Porkerというポーカーゲームをやっている部屋でした。

海外の人も多かったので、英語を話せる方は気軽に声をかけてみても楽しいかと思います。

Decentraland(MANA)(ディセントラランド)の稼ぎ方

  1. 不動産収入のような不労収入
  2. サービス・イベント集客&運営
  3. Decentaraland関連株の配当
  4. MANAを購入

稼ぎ方①:不動産収入のような不労収入

ディセントラランド内の土地(ランド)を貸し出したり、売買することで稼ぐことができます。

例えばニュースになるようなものだと、メタバースの土地が1.1億円で取引されたということもありました。

そのため、投資家や大手企業からの注目も集まり時価総額も順調に上昇しています。

人が集まる土地を作ることができれば、広告ビジネスとしても成り立ちますよね。

稼ぎ方②:サービス・イベント集客&運営

サービスやイベントを運営して稼ぐ方法です。

メタバース上で稼ぐためにはどのように自分の土地に人を集めることができるかが重要です。

理由は、人が集まることで経済効果が生まれるからです。

ピーツィプロフィール画像
 

これは現実(リアル)でも仮想(メタ)でも考えは同じということですね。

多くの人から注目されるサービスやイベントを企画・運営することができれば、現実世界の店舗運営のように稼いだり、広告の掲載を募集しても稼げます。

ディセントラランド内に企業が運営している土地もあり、今後ビジネス的な要素をもって発展していく可能性もあると思います。

稼ぎ方③:Decentraland関連株の配当

現在ディセントラランドの土地を購入するとなると最低でも150万円ほどの初期費用がかかります。

かなりの費用がかかって手が出せないという人向けに株式投資の紹介をしていきます。

メタバース関連の株を購入することも、ディセントラランドで稼ぐ方法の一つだと考えています。

なぜなら、ディセントラランドはメタバース業界に大きな影響を与えているからです。

ここが伸びるなら、相乗的に伸びそうな株を購入しておくと利益が出るかもしれません。

稼ぎ方④:MANAを購入

ディセントラランド内トークンのMANAを今のうちに買ってホールドしておくことです。

ディセントラランド内で使われるイメージですが、MANAメタバース関連通貨の時価総額でも常に上位にいる優良通過だと言えます。つまり今後伸びていく可能性が高いと言えます。

そのため、投資家や企業の参入も見られユーザーが集まりやすいサービスだと考えています。

Decentralandで取引する際にも使うので、買っておいてよっぽどの損はないと思います。

よくある質問

 

  1. スマホでは遊べますか?
  2. PCのスペックはどのくらい必要ですか?

1つずつお答えしていきます。

質問➀:スマホで遊ぶことはできますか?

2022年1月時点ではPCのみの対応となっており、遊べません。

これからアプリの開発が進んでいくのかも全くの未定です。

すぐにでもディセントラランドで遊びたい方は「PC」でプレイしましょう。

質問②:PCのスペックはどのくらい必要ですか?

ディセントラランドは低スペックのPCでも遊ぶことができます。

ただし、イベントや人の人数によっては、PCが重くなってしまうので、遊ぶことができない可能性出てきます。

今後、NFTゲームをプレイしていくのであれば、ハイスペックPCが必要になるので早めに購入を検討しても良いと思います。

Decentraland(MANA)(ディセントラランド)のこれから予想・考察

これからディセントラランドがメタバースやNFT人気によって盛り上がっていくか。

次の3点に注目して説明します。

  • たくさんの企業やプロジェクトと精力的に提携を進めている
  • ポリゴンチェーンへの対応を進めている
  • VRゲームそのものが流行るという断定ができない

たくさんの企業やプロジェクトと精力的に提携を進めている

ディセントラランドは、NFTゲームとの提携だけでなく、これまでさまざまな企業やプロジェクトとの提携を果たしています。

提携している主な企業・プロジェクト
 

サザビーズ

ロンドン発祥の世界最古の国際競売会社です。2021年6月にディセントラランド内のボルテール・アート地区にギャラリーをオープンした。

Atari

アメリカの老舗ゲーム開発企業です。カジノなどAtariブランドのゲームコンテンツをディセントラランド内に提供する予定。

アソビシステム株式会社

きゃりーぱみゅぱみゅや中田ヤスタカ等が在籍している芸能プロダクションです。ディセントラランド上に「メタトーキョー(MetaTokyo)」というメタシティーを作り、NFTを使ったデジタル文化の輸出などをおこなう予定。

このような有名企業やプロジェクトとの提携が今後も継続することで、新しいユーザー獲得のきっかけににもつながります。それはつまりMANAトークンの価格にも良い影響を与えると予想します。

ポリゴンチェーンへの対応を進めている

イーサリアムを利用したプラットフォームであるため、スケーラビリティ問題(ユーザー過多による処理遅延や手数料高騰)の問題を抱えています。

ピーツィプロフィール画像
 

つまりよく言われるイーサリアムのガス代問題ということですね。

しかし2021年4月からはディセントラランドでも一部ですが低コストで利用できるPolygonネットワーク上での取引できるようになりました。

今後全体的にPolygonネットワークの使用が可能になれば、MANAやNFTの取引が低コストでできるようにます。

そうすることで取引の活発化や新規ユーザーが増えたりすることが期待できます。

VRゲームそのものが流行るという断定ができない

これはDecentraland以前の問題ですがそもそも

これはディセントラランドに限ったことではありませんが、現状VRゲーム自体がまだまだコンシューマーゲームやスマホゲームに比べ圧倒的にプレイヤー人口が少ないです。

これからVRゲーム自体世の中に浸透していくこともディセントラランドの普及やMANAの価格に直結する重要な要素と言えます。

しかしVRヘッドセットなどのハードも販売台数が増えてはいますが、Nintendo Switchやプレイステーション5といったゲーム専用機の売れ行きにはまだ遠く及びません。

このままニッチな分野のままで頭打ちになっていくことも十分にあり得ます。

公式コミュニティ一覧

公式の最新情報に乗り遅れないようにコミュニティはいつもチェックしておきましょう。

コミュニティ URL
公式Twitter https://twitter.com/decentraland
公式Telegram https://t.me/DecentralandTG
公式Blog https://decentraland.org/blog/
公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCLXcTgzr05cFZaN972nuEXw

まとめ

いかがでしたか?

今回はDecentraland(MANA)(ディセントラランド)についての説明でした。

既にたくさんの企業からの投資を受けており、メタバース内のやりとりも未来感があって非常に楽しそうでしたね。

中でのGameFiに関してはまだまだ情報が少ないのもあるので都度更新していきますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳