TOKAU(トカユ)/MetaCity(メタシティ)とは?世界初のセレブリティNFTプラットフォームについて説明します!

ふえちゃんプロフィール画像
 
ピーツィーさん!メタバース関連で気になっているプロジェクトはありますか?  


ピーツィプロフィール画像
ピーツィ
仮想空間「MetaCity」(メタシティ)内での生活体験を可能にして、有名人やインフルエンサーなどとの交流を可能にしたTOKAUプラットフォームがおすすめですよ!

 

この記事では、NFTの技術を活用して有名人やインフルエンサーがファンと交流できる最初のNFTプラットフォームプロジェクトとしてスタートした「TOKAU」についてご紹介していきます。

 

この記事で分かることは主に以下の通りです。
  1. TOKAUなに?
  2. 主な特徴
  3. 将来性

初心者の方にもわかりやすいように説明しますね。

ぜひ最後まで読んでみてTOKAUプラットフォームを使ってみましょう。

TOKAU(トカユ)ってなに?基本情報を説明します

公式サイト/コミュニティ

URL
TOKAU Website https://tokau.io/
TOKAU Telegram

https://t.me/TOKAUEn

TOKAU Twitter https://twitter.com/TOKAU_JP
Instagram https://www.instagram.com/tokau_jp/
Contact: TOKAU business@tokau.io

TOKAU(トカユ)とは、ブロックチェーン上のNFT技術を活用することで一般ユーザー(ファン)が著名人やインフルエンサーとやり取りが可能になる世界初のセレブリティNFTプラットフォームです。

ピーツィプロフィール画像
 

海外では既に2億人以上のファンベースを獲得しており、私も今後に期待しているプロジェクトです。

TOKAU(トカユ)ってなにができるの?主な特徴3選

TOKAYU(トカユ)についてとりあえずここだけは知っておきたいという主な特徴を3つピックアップして紹介します。

  1. 分参加価値ネットワークでさまざまな形のマネタイズ化を実現
  2. 独自のメタバース(仮想空間)プラットフォーム「MetaCity(メタシティ)」
  3. MetaCity(メタシティ)最初のエリアのして公開された「MetaTokyo(メタトーキョー)」

1.分参加価値ネットワークでさまざまな形のマネタイズ化を実現

TOKAU プロジェクトでは、独自プラットフォーム上に構築されたメタバース空間「MetaCity(メタシティ)」にてさまざまな方法でマネタイズ化が行えるように実装化が進んでいます。

  • ContentFi:コンテンツ×金融(Finance)
  • GameFi:ゲーム×金融(Finance)
  • SocialFi:ソーシャルネットワークサービス×金融(Finance)

TOKAUはこれら全てに対応する総合的なメタバースプロジェクトの実現を目指しています。

2.独自のメタバース(仮想空間)プラットフォーム「MetaCity(メタシティ)」

MetaCity(メタシティ)は、前述の通りですが独自プラットフォーム上に構築された仮想空間(メタバース)のことです。

仮想空間はNFTやGameFiの要素が組み込まれており、プラットフォーム内での売買が可能です。

さらにMetaCity(メタシティ)は現実の世界地図に模した設計になっており、地図を15万で区切ったデジタル土地「Land(ランド)」に分けられています。

3.MetaCity(メタシティ)最初のエリアとして公開された「MetaTokyo(メタトーキョー)」

前述の15万のLand(ランド)で区切られたメタシティのうち、2,000のLand(ランド)でまとめられた箇所をエリアと言います。

そしてMetaCity(メタシティ)の初めてとなるエリアとして解放されたのことで話題に上がっている「MetaTokyo(メタトーキョー)」です。

なぜ、東京をベースにこのエリアが作られたのか。主な理由は以下の2つと言われています。

  • 東京にはTOKAUのオフィスがある
  • さまざま個性のある人がいる

当然、他にも判断基準はあるでしょうが現実世界の延長にある3次元仮想世界にふさわしいと判断されました。

MetaCity(メタシティ)でできることを説明します

著名人との関わりを持つ

TOKAU(トカユ)はスポーツや音楽、ファッションなど多種多様な業界の著名人との提携を進めています。

  • NBA伝説のスーパースター アレン・アイバーソン
  • Hip-Hopの名門レーベル「デフ・ジャム」の創設者として有名な「ラッセル・シモンズ」
  • ラッパーとして有名なスヌープドッグ

この他にも多くの業界の有名人との提携で実質的な基盤の確立を行なっています。

そして、その全てがMetaCity(メタシティ)内でつながっており、ユーザーはテキストやオーディオコンテンツなどを介して全ての有名人との対話が可能です。

MetaCity(メタシティ)ではデジタル土地(Land:ランド)があり、全てのLand(ランド)所有者はイベントを主催したり、ライブに参加したりできます。

また、イベントは誰でも参加できるものもあれば、特定の居住者向けのクローズドなイベントも主催が可能です。

ステーキングについて

MetaCity(メタシティ)では独自通貨である「TOKAUトークン(Tokyo AU)」をステークすることで「Ore NFT」をもらうことが可能です。

Oreは「鉱石」という意味で、MetaCity(メタシティ)内の価値の主な交換がOre NFTで行われます。

運営の方針では、Ore NFTの活用方法は今後も増えていくとことです。

さらに、将来的にはDAO(自律分散組織)化も検討しており、有名人と触れ合う機会も作っていくとのことです。

ピーツィプロフィール画像
ピーツィ

TOKAUトークンはLbankから購入が可能です。

MetaTOKYO(メタトーキョー)でできることを説明します

MetaTokyo(メタトーキョー)は2,000の Land(ランド)で構成されています。

この中では東京タワーやスカイツリーなど日本を象徴する建造物があります。

ユーザーはLand(ランド)内にアバターを配置し、生活や交流が可能です。

Land(ランド)を保有することのメリット

Land(ランド)を所有していると、その中で流通されるOreNFTによってLand(ランド)レベルやAPR (annual percentage rate又は年間利率)が上がります。

そして所有しているLand(ランド)にはユーザーを招待することで、より質の高いエリアにすることができます。

TOKAUは既にゲーム会社との提携もあり、エリア内でできるゲームなども公開していく予定です。

MetaTokyo(メタトーキョー)のLand 分配・価格について

Land分配:合計2000Lands 地域
一等地:合計600Lands 銀座・渋谷・新宿・原宿・六本木・各場所
一般血:合計1400Lands その他

Land 価格 :825USDT~

今回の記事のまとめ

いかがでしたか?今回はメタバースプロジェクトでも注目の「TOKAU(トカユ)/MetaTokyo(メタトーキョー)」について説明しました。まとめると以下の通りです。

  • TOKAU(トカユ)/MetaTokyo(メタトーキョー)
  • TOKAUトークン(Tokyo AU)のステーキングでOreNFTの獲得
  • TOKAUトークン(Tokyo AU)の購入はLbankから可能

TOKAUメタバースプロジェクトは多くの著名人や企業との提携を次々と進めていることやLand(ランド)の汎用性の高さから非常に注目しています。

是非今からTOKAUトークンを購入し、ステーキングでOreNFTを手に入れましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳