Crypto Spells(クリプトスペルズ)とは?始め方・稼ぐ方法まで解説!

Cryptospells(クリプトスペルズ)というブロックチェーンゲームはご存知でしょうか?

日本で初めて作られたNFTカードゲームで、Play to Earnの仕組みを導入し話題になりました。

 

今回はCryptospells(クリプトスペルズ)の基本情報や稼ぎ方について説明していきます。

目次

Crypto Spells(クリプトスペルズ)の基本情報を説明します

日本で初めてのブロックチェーンカードゲーム

Crypto Spells(クリプトスペルズ)とはTCG(トレーディングカードゲーム)です。日本で始めてブロックチェーンを利用して開発されていて、Play to Earnの仕組みを採用していることでも話題になりました。

ゲーム内のレアカードがNFTになっていて売買が可能

Crypto Spells(クリプトスペルズ)では、レア度の高い一部のものはNFTとしてマーケットプレイスで売買が可能です。カードの人気度やランクによって値段は異なりますが、レジェンドランクは15~30万円、ゴールドランクは2~5万円程度が相場で売買されています。この相場もこれからの盛り上がりによって変動しますが、上がっていくことが予想されています。

ちなみに非NFTのシルバーランクもだいだい1000円台で売買されています。

プレイヤーも運営に関わることができる

このゲームの運営が「プレイヤーが主役となる非中央集権的なゲーム」というDAO化を目的で動いており、プレイヤー自身も運営に携わることで全員でゲームの向上ができるようになっています。とはいえ全部を決めると成り立たないことも事実なので現状関われるのは一部のみになっています。

Crypto Spells(クリプトスペルズ)で遊んで稼ぐ方法

仮想通貨(MCHC)を手に入れて日本円に換金する

MCHCとは
MCH株式会社が運営しているNFTゲーム『My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)』で発行されるトークンのことです。BRAVE FRONTIER HEROES(ブレイブフロンティアヒーローズ)と、今回のCryptoSpells(クリプトスペルズ)の3タイトルで合計50万MCHCが協賛されており、運営方針に対しての投票効果があるガバナンストークンでもあります。

高ランクのレアカードを売ってゲーム内の仮想通貨を手に入れる

ゲームで遊ぶとSLPというゲーム内の独自トークンを手に入れることが出来ます。
手に入れたトークンを使うことでカードを購入し、NFTマーケットプレイスで販売して仮想通貨を手に入れます。

ギルストックを手に入れる

このゲームではギルドに所属することができます。

ギルドは全部で5種類。それぞれルビー・エメラルド・ダイヤモンド・サファイア・オニキスという宝石の名前になっており、プレイヤーはこの内のどれかに所属することができます。

そしてギルドには「ギルドストック」株式のような仕組みが存在します。
保有しているだけでギルドメンバーの課金額の15%のイーサリアムが保有割合に応じて分けられるようになっています。

とても魅力的な仕組みですが、ギルドストックは運営から最初に販売されて以降は再販されていません。

なのでギルドストックを手に入れるためには、NFTマーケットプレイスで常に探しておく必要があります。メリットが大きい分、入手難易度もそれだけ高いです。

Crypto Spells(クリプトスペルズ)の遊び方を7つのSTEPで説明

1.基本ルールとデッキ編集とについて

このゲームでは、デッキに対し30枚のカードとクリプトスペル3枚の合計33枚によって構成されています。

ゲーム開始時は全プレイヤーに無料でスターターデッキを与えられるので、最初はお金をかけなくてもゲームを始められます

カードは全て大きく分けて文明と中立カードの2種類あります。文明カードはさらに「赤・青・緑・白・黒」の5種類に分かれています。同じ文明のカードはデッキに2枚まで、レジェンドカードは1種類につき1枚のみしか入れることが出来ません。プレイヤーは対戦する時に先ほどの5つの文明からリーダーを1人選びます

  • 対戦相手リーダーのLPを0にする
  • 対戦相手がデッキ枚数0枚の状態でドローをする

上記のいずれかが達成されることで試合の勝敗が決まります。

2.バトルシステムについて

  • フリーバトル(対人)
  • CPUバトル(クエスト)
  • ランクバトル(CPU・対人)
  • ギルドバトル(CPU・対人)
  • フリーバトル

他のプレイヤーとのランダムマッチです。世界中の誰かと対戦が可能。対戦を繰り返すことでバトルポイントとレベルアップ経験値を獲得することが出来ます。レベルアップした際は報酬に新しいカードを手に入れることができる採掘チケットを1枚もらえます。

  • クエスト

CPUとの対戦モードです。クエストクリア報酬としてスピリットのかけらをランダムでドロップします。これを集めることでシーズン毎に報酬がもらえます。

  • 通常クエスト
  • イベントクエスト

最初は上記クエストで練習しつつ、ゲームのルールやシステムを覚えていくと良いと思います。

 

  • 毎日ランク戦

21時~22時に毎日開催されているレート制の対人バトルのことです。勝敗でよりプレイヤーのランクが変動します。お金をかけてレアカードを揃えているプレイヤーも多く、初心者にとって難易度高めです。

3.カードのレアリティについて

このゲームではすべてのカードにレアリティあり、それぞれ5つの段階があります。

レアリティ 発行枚数 デッキに入れられる数 売却について
リミテッドレジェンド 9枚 1枚
レジェンド 19枚 1枚
ゴールド 999枚 制限なし
シルバー 9,999枚 制限なし
ブロンズ 制限なし 制限なし 不可

無料で獲得できるレアカードはシルバーかブロンズだけで、他のNFTゲーム同様、遊びながら稼ぐためには初期投資が必要になってきます。

Crypto Spells(クリプトスペルズ)の始め方を説明

このゲームはPC(ウェブブラウザ)とスマホアプリ(iphone版・Android版)の両方で遊ぶことができます。
PCとスマホアプリとで始めるための手順はほとんど一緒なので、今回はPCでの始め方を説明します。

①新規ユーザー登録を行う

まずは新規ユーザー登録を行います。

認証が必要ですが、twitterアカウント・メールアドレス・ウォレットの内のいずれか1つで認証が可能です。

※無課金で遊びたい方は、twitterアカウントかメールアドレスでの認証を選んでユーザー登録をすれば、すぐに遊べるようになります。ただ、手に入れたカードを売ってお金に変えたい場合はいずれにせよウォレットが必要になります。簡単なので今のうちにウォレットを作ることもおすすめします。以降はウォレットを作成し、課金する前提で説明を続けます。

②自身のウォレットと連結させる

稼ぐために初めからお金をかける方は、ウォレットと連携させてみましょう。MetaMaskなどのイーサリアム系のウォレットが対応しているのでおすすめです!MetaMaskは、Google Chromeの拡張機能(プラグイン)でもあるので、機能を追加しておくことで次のブラウザで利用できるようになっています。

③国内取引所でイーサリアム(ETH)を購入し、メタマスクに送金する

ゲームで遊ぶためには、仮想通貨イーサリアム(ETH)が必要です。
国内取引所に登録し、日本円を入金することでETHを購入することが出来ます。仮想通貨が初めてで登録がまだの方は、下記の手順に沿って国内取引所も登録しましょう。

手順①:国内取引所で口座開設する

今回は初心者にやさしい取引所として人気の「コインチェック」の口座開設方法を例に解説します。 まずはコインチェックの公式サイトを開いて「会員登録」をクリックしてください。 メールアドレスとパスワードを入れて「会員登録」をクリックします。

本人確認は、運転免許証や健康保険証など本人確認書類の画像をアップロードすれば、およそ1日以内で完了します。 おすすめはコインチェックのアプリをダウンロードして「かんたん本人確認」で本人確認をする方法です。 アプリで撮影して提出するだけなので、簡単に審査が完了します。 審査完了後、登録のメールアドレス宛にメールが来るので、それを持ってコインチェックのサービスが利用可能になります。

手順②:ETHを入手する

次に口座を開設した取引所で、イーサリアムを購入してください。 今回はコインチェックの画面でイーサリアムを購入します。 コインチェック公式サイトの左側に「販売所(購入)」という箇所があるので、クリックしてください。 上から「交換する通貨」でEHTを選び、購入する数量を入力して、問題なければ「購入ボタン」をクリックして決済します。 これでイーサリアムの購入が完了です。

手順③:メタマスクにETHを送金する

コインチェックでイーサリアムを購入しメタマスクの用意が出来たら、メタマスクのアドレス宛に送金をしましょう。 メタマスクのアドレスを確認するには、メタマスク上で自分のアカウント名にカーソルを合わせてからクリックしてください。クリップボードにアドレスをコピーすることができます。

次にコインチェックの画面左下の「暗号資産の送金」をクリックします。

送金する通貨でEthereumを選択し、宛先にメタマスクでコピーしたアドレスを貼り付けてください。

そして送金する額を入力し「次へ」をクリックします。 ※注意点:コインチェックではイーサリアムの送金手数料0.005 ETHがかかります。

④イーサリアム(ETH)でSLPを購入しましょう

最後はCrypto Spells(クリプトスペルズ)をETHが入っているメタマスクウォレットを連結させて、ゲーム内通貨のSPLを購入しましょう。

1ETH(2022年2月時点で約40万円)=100,000SPLで固定されています。

5000SPL(0.05ETH/約1万6000円)から購入できるので、初めは低額のカードを買ってみて、慣れたら色々なカードの取引を行うと良いと思います。

Crypto Spells(クリプトスペルズ)についてのQ&A

①日本語で遊べるのか?

冒頭で述べた通り、Crypto Spells(クリプトスペルズ)は国産のゲームで、もちろん日本語対応です。
自然な日本語でストレスなく遊べます。ちなみに英語にも変換可能です。

②未成年でも遊べるのか?

無課金で遊ぶのであれば問題ありません。
しかし稼ごうと思ったら課金する必要があります。
仮想通貨の口座は未成年だと基本的には利用ができません。

③ゲームで手に入れたカードは他のゲームでも使えますか?

Crypto Spells(クリプトスペルズ)に限りませんが、NFTゲームのアイテムは複数のゲームで互換性を持たせることができ、大きなメリットでもあります。

Crypto SpellsではNFTコンバーターを使って、「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)」というNFTゲームと6種類のアイテムの相互使用ができるようになっています。

今は互換性があるゲームタイトルやアイテムも少なく、メリットを感じられる機会が少ないですが、これから増えていくことでしょう。

Crypto Spells(クリプトスペルズ)で遊ぶ際の注意点

①レアカードの入手方法が他のデジタルカードゲームとは違う

NFTマーケットで高値で取引されるよな高レアなカードは、ガチャ運ではなく1枚買いになります

運次第でデッキが強くなるということではないです。

②無課金でも遊べるが、大きく稼ぐのは難しい

先述の通りですが、Crypto Spellsで稼ごうと思ったらまずゲーム内通貨のSPLを集めてNFTマーケットに出品できるレアカードを購入する必要があります。そして、毎日地道にプレイしても、リミテッドレジェンドやレジェンドランクのカードを買えるまで無課金でSPLを集めるのは時間的効率が悪いです。

③他のデジタルカードゲームと比べるとプレイヤーが少ない

アクティブユーザー数の正式な人数は分かりませんが、公式のYouTubeやSNSのフォロワー数がまだまだ少なく、つまり既存のデジタルカードゲームよりも人気がないことが分かります。

NFTゲームというまだまだ歴史の浅い分野の中、他にもどんどんNFTのカードゲームが多く誕生してきています。
認知度を上げてプレイヤーを獲得・維持し続けられるのかは常に気にしておいた方が良いです。

まとめ

Crypto Spells(クリプトスペルズ)はレアカードをNFTマーケットで売買したりすることによって通貨に変えることができるゲームです。

無料で遊ぶ場合だと大きく稼ぐことが難しく、ある程度の資金とゲームで勝つためにやり込みが必要になるでしょう。

しかし、日本語対応且つユーザー登録をするだけで無料で始められるので、まずはやってみて仮想通貨ゲームがどういったものなのか体験して見るのも良いかと思います。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳