BurgerCities(バーガーシティーズ)とは?始め方や稼ぎ方・遊び方を徹底解説

BurgerCities(バーガーシティーズ)ってどんなゲーム?始め方や稼ぎ方は?

このような疑問を解決します。

本記事を読むと得られる内容は以下のとおり。

  1. BurgerCities(バーガーシティーズ)の概要・特徴
  2. BurgerCities(バーガーシティーズ)の始め方
  3. BurgerCities(バーガーシティーズ)の稼ぎ方

BurgerCitiesについての情報が全然出回っていないので、詳細が気になる方も多いでしょう。

今回はBurgerCitiesについて詳しく解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

BurgerCities(バーガーシティーズ)の概要

BurgerCities(バーガーシティーズ)の概要

ゲームの名称

BurgerCities(バーガーシティーズ)
トークン $BURGER
ブロックチェーン BSC(バイナンススマートチェーン)
対応機種 PC・iPhone・Android(ブラウザのみ)
対応言語 英語
公式サイト https://burgercities.org/
公式Twitter https://twitter.com/burger_cities

BurgerCities(バーガーシティーズ)は、ハンバーガーをモチーフにしたキャラクターでゲームをプレイして稼ぐ「Play to Earn」のプロジェクトです。

2022年8月7日現在では、キャラクターを解放していくだけの要素しかありませんが、今後はさまざまなゲームモードが追加されていきます。

またブロックチェーンにはBSC(バイナンススマートチェーン)が採用されており、大手取引所のBinance(バイナンス)と提携を結んでいます。

日本ではまだ話題になっていないプロジェクトなので、興味のある方は他の人よりも先に情報をつかんで先行者利益を狙いましょう。

BurgerCities(バーガーシティーズ)の特徴

BurgerCitiesの特徴は、以下の3つです。

  1. BSC初のMetaFiプロジェクト
  2. 分散投資取引所(DEX)が備わっている
  3. 独自トークンを発行している

それぞれ解説していきます。

1. BSC初のMetaFiプロジェクト

BurgerCitiesはBSC(バイナンススマートチェーン)初のMetaFiプロジェクトとして注目されています。

MetaFiとは、Metadate(メタデータ)とDeFi(分散型金融)が融合した概念のことです。

ゲームと金融が組み合わさった「GameFi」があるように、MetaFiはメタバースと金融が融合したものと覚えておきましょう。

BurgerCitiesでは、ヒーローNFTでメタバースを探索できる要素が含まれており、ゲームプレイ以外にもさまざまな楽しみ方があります。

将来的にはメタバースで日常活動をおこなえるレベルに到達するそうなので、かなり壮大なプロジェクトであることがわかります。

2. 分散投資取引所(DEX)が備わっている

BurgerCitiesには、独自の分散型取引所(DEX)の「BurgerSwap」が備わっています

分散型取引所(DEX)とは、スマートコントラクトによってトークンの交換が自動化されている取引所です。

BurgerCitiesでは、独自DEXのBurgerSwapが備わっていることで、ゲーム内のトークンをそのまま他の通貨に交換できます。

またBurgerSwapはPancakeSwapなどの大手DEXと提携しており、トークンの流動性が高いです。

独自のDEXが備わっているプロジェクトは珍しいので、開発力の高さが見て取れるでしょう。

3. 独自トークンを発行している

BurgerCitiesは、独自トークンの「$BURGER」を発行しているのも特徴の1つです。

$BURGERの総発行枚数は63,000,000枚となっており、独自DEXのBurgerSwapはもちろん、Binance(バイナンス)などの大手取引所にも上場を果たしています。

以下は、$BURGERの過去3ヶ月の値動きをあらわしたチャートです。


(出典:CoinMarketCap)

チャートを見ると、2022年7月に入ってから価格を大きく伸ばした形跡があります。

その後は価格を半値近く戻しましたが、暴落することなく安定して推移しているのが特徴です。

チャートの形状的にも良い傾向にあるので、気になる方は取引してみるのもアリでしょう。

BurgerCities(バーガーシティーズ)の始め方

BurgerCities(バーガーシティーズ)の始め方

BurgerCitiesの始め方は、以下の手順です。

  1. 国内取引所で仮想通貨を購入する
  2. Binanceに仮想通貨を送金する
  3. Binanceで$BURGERを購入する
  4. $BURGERをメタマスクに送金する
  5. メタマスクを接続してゲームを始める

順番に進めていきましょう。

国内取引所で仮想通貨を購入する

まずは、国内取引所の口座を開設して仮想通貨を購入します。

国内取引所の中でも、おすすめはCoincheck(コインチェック)です。

現在、Coincheckでは9月30日までに口座開設をして入金を済ませると、もれなく1,500円分のビットコインをもらえるキャンペーンが開催されています。

コインチェック

キャンペーンは予告なく終了する場合があるので、まだCoincheckの口座を持っていない方は早めに開設しておきましょう。

なお、購入する仮想通貨はどれでも構いませんが、迷っている場合はリップル(XRP)がおすすめです。

リップル(XRP)は送金手数料が安いため、コストをおさえながら送金をおこなえます。

Binanceに仮想通貨を送金する

続いて、購入した仮想通貨をBinance(バイナンス)に送金します。

Binanceの登録がまだの方は、今のうちに口座開設を済ませておきましょう。

Binanceの口座開設が終わったら、トップページにある人物マークをクリックしてください。

「ウォレット」から「フィアットと現物」をクリックします。

送金する仮想通貨の項目から「入金」をクリックして、ウォレットアドレスをコピーしましょう。

あとは、国内取引所の送金ページにウォレットアドレスを貼り付け、数量も入力して送金をおこなうだけです。

Binanceで$BURGERを購入する

続いて、BinanceでBURGERトークンを購入します。

トップページの「トレード」から「Binance Convert」をクリックしてください。

振替元を送金した仮想通貨に、振替先を「BURGER」にそれぞれ設定し、数量を入力して交換をおこないましょう。

$BURGERをメタマスクに送金する

次に、BURGERトークンをメタマスクに送金します。

BURGERトークンをメタマスクに送金するためには、BSC(バイナンススマートチェーン)の設定が必要です。

メタマスクにBSCが追加されていない方は、「ネットワークを追加」から以下の情報を入力して設定してください。

ネットワーク名

Binance Smart Chain
新しいRPC URL https://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID 56
通貨記号 BNB
ブロックエクスプローラーのURL(任意) https://bscscan.com

BSCの設定が完了したら、ウォレットアドレスをコピーします。

続いて、Binanceトップページの「ウォレット」から「フィアットと現物」をクリックしてください。

BURGERの項目から「出金」をクリックします。

メタマスクのウォレットアドレスを貼り付け、ネットワークも選択して出金を実行しましょう。

メタマスクを接続してゲームを始める

メタマスクにBURGERトークンが反映されたら、BurgerCitiesの公式サイトに接続します。

BurgerCitiesの公式サイトにアクセスして「Start Game」をクリックしてください。

ウォレット一覧が出てくるので、Metamask(メタマスク)を選択しましょう。

メタマスクが起動するので、接続します。

アイコンを選択し、名前を入力して「COMPLETE PROFILE」をクリックしてください。

そうするとチュートリアルが始まるので、指示に従って進めればゲームを開始できます。

BurgerCities(バーガーシティーズ)の稼ぎ方

BurgerCitiesの稼ぎ方は、以下の4つです。

  1. ゲームプレイで報酬獲得
  2. トークンの取引
  3. ステーキング報酬
  4. 流動性の提供

それぞれ解説していきます。

ゲームプレイで報酬獲得

まずは、シンプルにゲームプレイで稼ぐ方法です。

執筆時点では、ミッションなどをこなしてヒーローを解放するだけですが、今後は稼げるゲーム要素が追加されていきます。

公式情報によると、ヒーローを使ってバトルする「PvPモード」も実装される予定なので、楽しみに待ちましょう。

トークンの取引

トークンを取引して稼ぐのも1つの方法です。

BurgerCitiesは独自トークンの$BURGERを発行しており、さまざまな取引所で取引できます。

以下は、$BURGERを取引できる取引所の例です。

  • Binance
  • KuCoin
  • Bithumb
  • BitGlobal
  • MEXC

日本の取引所では残念ながら取引できませんが、上記の海外取引所であれば$BURGERの取引が可能です。

とくにBinanceは多くの通貨ペアが用意されているので、利便性を考えると一番おすすめの取引所と言えます。

ステーキング報酬

BurgerCitiesでは、ステーキングをおこなって報酬を稼げます。

ゲーム内でステーキングをするためには、マップ上にある「Central Bank」に入ります。

右上のキャラクターをクリックすると話しかけられるので「Shock」をクリックしてください。

トークンの選択画面が出てくるので、ステーキングしたいトークンを選んで実行しましょう。

なお、大手取引所のBinanceでは、BURGERトークンのステーキングをおこなえます。

より高い利回りを獲得したい人は、BURGERトークンをステーキングしてみましょう。

流動性の提供

BurgerCitiesでは、トークンの流動性を提供することでも報酬を得られます。

流動性を提供するためには、マップ上の「ENERGY PLANT」に入ります。

キャラクターをクリックすると話しかけられるので「Liquidity」を選択してください。

「Add Liquidity」をクリックします。

トークンペアを選択し、数量を入力して流動性を提供しましょう。

BurgerCities(バーガーシティーズ)に関するよくある質問

BurgerCitiesに関するよくある質問は、以下の3つです。

  1. 無料でプレイできる?
  2. スマホアプリはある?
  3. 序盤の攻略法は?

それぞれ回答していきます。

無料でプレイできる?

2022年8月現在、BurgerCitiesは無料でプレイ可能です。

ゲームを始めた時点でキャラクターが1体付与され、マップ上を探索できます。

ただし、本格的に稼いでいくためには課金が必要になると考えられるので、完全無料で稼ぐのは難しいでしょう。

なお、ゲーム内通貨のBURGERトークンを入手したい場合は、大手取引所のBinanceで購入するのがおすすめです。

スマホアプリはある?

BurgerCitiesはブラウザ専用のゲームとなっており、スマホアプリはリリースされていません。

ロードマップにもスマホアプリの記載はないので、今後もリリースされる予定はとくに無いと考えられます。

ただし、アプリが無くても「Google chrome」などのブラウザを使えば、スマホでもゲームプレイは可能です。

BurgerCitiesはiPhoneとAndroidの両端末に対応しているので、気軽にプレイしてみましょう。

序盤の攻略法は?

ゲーム序盤は、とにかくミッションをクリアするのがおすすめです。

特にデイリーミッションは簡単にクリアできるので、積極的に挑戦してみましょう。

デイリーミッションの一覧は以下のとおりです。

  • ログインする
  • キャラクターと会話する
  • NCPに5つのアイテムを与える
  • チャットルームでメッセージを送信する
  • BURGERトークンをスワップする
  • ステーキングをおこなう
  • 流動性を提供する

ステーキングや流動性の提供は無理におこなう必要はありませんが、他のデイリーミッションはできるだけクリアしておきましょう。

ミッションをクリアするとコインやアイテムをもらえるので、ゲームを有利に進められます。

BurgerCities(バーガーシティーズ)のまとめ

今回の記事では、BurgerCities(バーガーシティーズ)の特徴や始め方、稼ぎ方などを解説しました。

BurgerCitiesは、ハンバーガーがモチーフのキャラクターを使ってメタバースを探索する「MetaFi」のプロジェクトです。

ゲーム内には「BurgerSwap」という独自の分散型取引所(DEX)が備わっているため、トークンの交換を簡単におこなえます。

また、BurgerCitiesは独自トークンの「$BURGER」を発行しており、すでに複数の海外取引所に上場済みです。

$BURGERを購入したい方は、大手取引所のBinance(バイナンス)の口座を開設して購入してみましょう。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳