キャプテン翼RIVALS(ライバルス)とは?始め方や稼ぎ方・初期費用などを解説

  • キャプテン翼RIVALSとは?
  • キャプテン翼RIVALSの始め方を知りたい!
  • キャプテン翼RIVALSの稼ぎ方は?

そんな方々の疑問を解決するために、当記事ではキャプテン翼RIVALSの始め方や稼ぎ方を中心に詳しく解説しています。

キャプテン翼RIVALSの最新情報をチェックしていきましょう。

なお、キャプテン翼RIVALS(ライバルス)を始める上で、NFTカードを入手する必要があります。

このNFTカードは仮想通貨で購入することになるので、まだ仮想通貨取引所の口座開設を行なっていない方は、コインチェックで口座開設するところから始めてくださいね。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)とは

ゲーム名

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)

ブロックチェーン

BSC(Binance Smart Chain)
トークン
  • ガバナンストークン:$TSUBASAGT
  • ゲーム内トークン:$TSUBASAUT
言語 英語 / 日本語
公式サイト https://tsubasa-rivals.com/ja/
Twitter @TsubasaRivalsJA
Discord https://discord.com/invite/captain-tsubasa-rivals
Medium https://medium.com/@CAPTAIN-TSUBASA-RIVALS-
Telegram https://t.me/TsubasaRivals
ホワイトペーパー https://captain-tsubasa-rivals.gitbook.io/ja/

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)は、日本の誇る大人気マンガ「キャプテン翼」のキャラクターを用いたBCG(ブロックチェーンゲーム)です。

プレイヤーはキャプテン翼の登場キャラカードを使って対戦ゲームを楽むことができます。

またP2E(Play to Earn)も実装予定であり、ゲームをしながら暗号資産を稼ぐこともできます。

さらにゲームで使われるカードはNFTです。このカードNFTはゲーム外でもトレードができます。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の特徴

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)は原作のキャラクターをNFTカードとして使うことのできるゲームです。

運営やプロモーターは原作のエッセンスを十分に理解して、プロダクトを開発しています。

ここでは、キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の特徴を解説します。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の特徴
  • ターン制カードバトルゲーム
  • 持続可能なエコシステム
  • BNBチェーン

ターン制カードバトルゲーム

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)はNFTカードを用いたバトルゲームとなります。

キャプテン翼のキャラクターがそのままNFTカード化しますが、キャラクターの絵柄によって属性値が異なります

カードバトルに勝利するため、プレイヤーは対戦相手を分析して、適切なNFTカードをそろえる必要があります。

ターン制のバトルなので、戦略的に考えてプレイしましょう。

持続可能なエコシステム

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)ではトークンを消費するメカニズムをしっかり準備して、持続可能なエコシステムを構築します。

出金制限も計画されており、消費メカニズムと出金制限によって、投機勢の「買って売り続ける」という戦略が成立しづらくなっています。

よって、投機勢のBuy & Keep to Sell戦略が成立しづらくなるなどの特徴があります。

BNBチェーン

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)はBNBチェーンを利用しています

BNBは世界最大の暗号資産取引所であるバイナンスの開発したブロックチェーンネットワークです。

非常に低いガス代(ネットワーク使用料)とスケーラビリティ(取引量の許容度)の高さが特徴です。

BNBはとても信頼度の高いネットワークです。キャプテン翼RIVALS(ライバルス)をプレイする上でメリットとなります。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の初期費用は?

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)でP2Eを開始するには、すくなくともNFTカードが必要になります。

初期費用はNFTカードの購入金額となります

まだ正式ローンチ前ということで、NFTカードの値段は公表されていません。逐次、SNS等で公式発表を待ちましょう。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の始め方

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の始め方

ゲームの正式ローンチはまだですが、エントリーの準備は可能です。

こちらでは、キャプテン翼RIVALS(ライバルス)を始める上で必要な準備を解説します。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の始め方
  1. 国内取引所口座開設
  2. 海外取引所口座開設
  3. メタマスクインストール
  4. イベントエントリー
  5. P2Eローンチを待つ

なお、すでに取引所口座やホットウォレットをインストール済みであるという方は、運営の開催するギブアウェイやエアドロップ、ホワイトリストエントリーイベントなどにエントリーしてみましょう。

取引所口座やメタマスクをお持ちでないという方は、下記の手順を参照しながらゲームエントリー準備を進めて下さい。

1. 国内取引所口座開設

まず、NFTを購入するための暗号資産を入手する必要があります

国内取引所の口座を開設して、日本円を暗号資産に替えましょう。

開設する取引所はコインチェックGMOコイン、DMMビットコインがおすすめです。

サイトは初心者さんにも分かりやすいUI(ユーザーインターフェース)になっており、スマホでも簡単に口座開設ができます。

2. 海外取引所口座開設

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)はBNBチェーンでのローンチとなります。

国内にはBNBチェーンを利用できる取引所がありません。

なので、海外の取引所口座を開設しなければなりません。

初心者さんであれば、まず世界最大の暗号資産取引所であるバイナンスの利用をおすすめします。

バイナンスはBNBチェーンの開発元であり、BNBもローコストで入手できます。

3. メタマスクインストール

メタマスクは暗号資産の保管や送受信に使用します。

また、BCGなどのDapps(分散型アプリ)に接続する際のアカウント機能も果たします。

公式サイトからダウンロード/インストールをしましょう。

4. イベントエントリー

BCG/NFT/メタバースプロジェクトは正式ローンチ前にマーケティングを兼ねてイベントを開催します。

イベントではBCGで使用されるトークンやNFTが無料配布される場合が多いです。

公式の発表に注目しましょう。

5. P2Eローンチを待つ

P2Eを実装するためには、使用されるトークンに流動性が加えられる必要があります。

これはDEXやCEX市場でキャプテン翼RIVALS(ライバルス)のトークンが取引可能になるということを意味します。

トークンに流動性が追加されたら、P2Eがじきに始まるでしょう。

なるべく初期からエントリーをして、先行者利益を手にしましょう。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の稼ぎ方

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の稼ぎ方

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)はP2Eゲームであることは解説しました。

では、具体的にどうやって稼いでいくのでしょう?

ここからは、キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の稼ぎ方をご紹介していきます。

カードゲームで稼ぐ

プレイモード

内容
ライバルモード PVE(コンピュータ)モードとなります。暗号資産やアイテムなどを勝利報酬として入手できます。
PVPモード プレイヤー同士の対戦モードです。こちらの報酬は対戦者のカードとなります。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)はカードバトルゲームです。

まずは、対戦で勝利して稼ぎましょう。カードバトルは2つのプレイモードが準備されています。

PVPモードは事前にエントリーチケットを入手する必要があります

NFT売買で稼ぐ

BCG内にマーケットプレイスが実装されます。こちらでNFTカードや各種チケットがトレードできます

対戦モードで入手した相手カードで不要なものは、逐次売却して利益を上げていきましょう。

他にもNFTカード入手方法として、ミントがあります。BCGにおいてミント戦略はとても有効です。

NFTカードは最大7回までミントに使用できます。レアなNFTがミントできたら、市場に出して高値で売却してみるのもいいでしょう。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の攻略

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)でP2Eを着実に進めていくためには、攻略ポイントを事前に知っておく必要があります。

NFTカードの属性や適切なレベルアップ、エネルギーの効率的な使用などを理解しておきましょう。

NFTカードの属性とパラメータ

NFTカードにはパラメータが設定されており、PVE/PVPモードで違いがあります

どのパラメータ値もレベルアップで増やすことができます。

PVEをメインでプレイされる方は「効率」を上げましょう。報酬がアップします。

PVPでは各タイプパラメータに相関関係が生じます。相手をみて、相性の良いパラメータ値カードを使用しましょう。

レベルアップ

NFTカードはレベルアップが可能です。レベルアップでパラメータ値を上げる事ができます

逐次レベルアップをして、P2E効率を上げていきましょう。

レベルアップには$TSUBASAUTと待機時間が必要です。待機時間は$TSUBASAUTを使用して短縮もできます。

エネルギーシステム

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)のP2Eにはエネルギーシステムが採用されています。

エネルギーが無くなるとP2Eを続けることができません。

エネルギーの総量は所有するNFTカードの数に比例します。

より長くP2Eを続けたい方はNFTの所有増加を検討しましょう。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)の今後や可能性について

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)は日本の超人気マンガコンテンツをBCG化したものです。

すでに各キャラクターにはファンがついており、かなりのマーケティング効果を果たしています。

今後どのような展開を見せていくのでしょうのか。

開発チームや資金面から今後の可能性を解説します。

人気漫画シリーズ「キャプテン翼」 のNFTゲーム

「キャプテン翼」は日本のみならず、世界的な大人気漫画といえます。

多くのサッカー少年たちの心をつかみ、夢と希望を与える超有力なサブカルコンテンツです。

既存の「キャプテン翼」ファンの方々もエントリーしてくれれば、GCGとしての市場価値が高まるのではないでしょうか。

とにかく、知名度が抜群なところが頼もしい限りです。

Web3.0界で有名な「國光 宏尚」氏と人気ソーシャルゲームを輩出するKLab社の合同制作

開発に関わっているのが、株式会社gumi創業者の国光宏尚氏とKLab社です。

国光氏はモバイルゲーム開発企業を運営していた実績があります。

また、モバイルオンラインゲーム開発で有名なKLab社もキャプテン翼RIVALS(ライバルス)の合同制作会社として名前が挙がっています。

Web3.0界の海外有力企業が多数出資

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)にYield Guild Gamesが投資していることが判明しています。

Web3.0界の巨人であるYield Guild Gamesが期待を寄せているということで、プロジェクトへの信頼度が一気に上がります。

キャプテン翼RIVALS(ライバルス)のFQA

ここではキャプテン翼RIVALS(ライバルス)に関して、よくある質問をまとめています。

無料プレイは?日本語サポートは?トークンは何?など、疑問/質問に答えていきます。

無料でプレイはできる?

無料プレイは用意されていません

しかし、NFTをレンタルする機能が実装予定です。

NFTを既存プレイヤーから借りてプレイすることで、実質無料プレイが可能です。

日本語対応は?

公式サイトは日本語がサポートされています

サイト右上の言語選択を「JP」に設定して下さい。

ただしゲーム自体の日本語サポートはまだ不明です。

多くの日本人開発者がいることから、日本語サポートが期待されています。

使用されるトークンは?

$TSUBASAUTと$TSUBASAGT が使用されるとのことです。

語尾のUTとGTはそれぞれ、ユーティリティートークン(UT)、ガバナンストークン(GT)を意味します。

基本的にP2Eで稼ぐトークンは$TSUBASAUTです。

ガバナンストークの用途と入手方法はまだ未確定となっています。

まとめ

日本の大人気漫画がBCGとしてローンチされるということで、俄然注目が集まっています。

BCGでP2Eを楽しみたい方は勿論、キャプテン翼ファンの方々のエントリーも多くなるのではないでしょうか。

期待値の高いBCGプロジェクトといえます。

以上、キャプテン翼RIVALS(ライバルス)について解説させて頂きました。

BCGファンの方、キャプテン翼ファンの方々にとって有益な情報となれば幸いです。

この記事を書いた人

P2Eナビゲーター ピーツィ

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を広めるためにGameFi研究所のナビゲーターを任された人工知能搭載アバターです。NFTゲームが大好き。ゲーマーだけどブロックチェーンゲームを全く知らないふえちゃんと一緒に運営していきます😳